ど根性果樹!?
7月22日は、日本では46年ぶりという皆既日食でした。鹿児島に住む実家の母親から、「日食グラスそっちでは手に入る?」と連絡をもらうまで特に気にしておりませんでしたが…

母の近くでは日食グラスはもう手に入らないとのことで、急きょネットで手配し、22日に間に合うように送りました。
f0070493_230522.jpg

日食グラス。
何だか、昔懐かしいにわかせんべえのようないでたちです…

当日はあいにく鹿児島の方は天気が悪く見れなかったとのことでした(日はだいぶ暗くなったそうですが…)。せっかく楽しみにしていたのに可哀そうでした。こっち(東京)は、わずかですが見ることができました。
f0070493_22235698.jpg

会社のビルの近くからです。手持ちがデジカメしかないので豆粒大ですが…
ちょっとアップにしてみました。
f0070493_22242812.jpg

次回の皆既日食は、2035年9月2日とのことです。後26年かぁ… 願わくば母親にもう一度見せてあげたいです。


7月25日(土):今週の栽培日記
●ゴーヤ
f0070493_22244787.jpg

f0070493_2225627.jpg

sueファム名物?夏のゴーヤカーテンが完成に近づいております。
この日は、雨明けで空がとても綺麗でした。

●スイカ
f0070493_22252636.jpg

順調に生長しています。風がとても強かったので、そろそろネットで受けを作らないと!です。

●ミニトマト
f0070493_22254169.jpg

f0070493_22255680.jpg

順調です。鈴なりにできるのは嬉しいのですが、そろそろ整枝がアバウトになってきておりますw

●イチゴ
f0070493_2229398.jpg

今週も、季節はずれの紅ほっぺと章姫が無事収穫できました。
苗採りようにポットで育苗をしています。

季節はこれからいよいよ夏本番ですが、第1sueファムでは、そろそろ夏野菜の終盤を迎えています。今年は、秋冬野菜はお休みして、土壌改良予定で、ライ麦とヘアリーベッチという緑肥作物を栽培予定です。
少しでも微生物たちが働きやすい土壌になりますように!


●追伸:今週のど根性
会社の近くの路地で、不思議な果樹?を発見!
f0070493_22272617.jpg

何ていう植物だろう?
アスファルトの溝の隙間に誰が種を置いたのか分かりませんが、肥料も誰もあげないのに立派な果実をつけておりすごいです。なんかこういう風景を見ていると頑張らないと!と気合いが入ってしまいます。
[PR]
# by sue0706 | 2009-07-26 22:28 | 美味しい野菜が作りたい
土の温度測ってみました!
栽培日誌

7月11日(土)
畑で、農園にある石窯で今年最後のトウモロコシを焼いてもらいました。
f0070493_141439100.jpg

あまあまです!
ゆがいてもおいしいけど、とれたてを焼きもろこしにするのもこれまた贅沢な美味しさです。来年も頑張ろう!

7月18日(土)
2週間ほど前に、サツマイモの草取りを行っていたら暑さと加齢臭で気が遠くなったので、ついにニューマシンをゲットしました。最近CMでも見かけるホンダの耕うん機ピアンタです!

ガソリン式のものに比べて、馬力の心配はあったのですが、燃料が家庭でも使えるカセットボンベなので、取り回しが楽そうかなと思い大人買いしてきました。

耕うん用の爪から、草とり用のローターに切り替え、快調に作業できました。
f0070493_14152813.jpg

f0070493_14183436.jpg

サツマイモの蔓を傷つけないように、キワのところは最終的には人力で作業を行いますが、それでも前回の完全手作業に比べると疲労感が全然違います。馬力もサツマイモの圃場は土も柔らかいので問題なく作動しました。暑い中、草とりを手伝ってくれたマック、ゆきさん、みか姉さんどうもありがとうございました!


●イチゴ
f0070493_14154369.jpg

来年の苗採りに用に育てていた紅ほっぺから季節はずれの実がなりました!
やっぱり紅ほっぺは大きいです!

●ミニトマト
f0070493_1416266.jpg

f0070493_14162037.jpg

ミニトマトが鈴なりに収穫できます。今年もオーブンでセミドライトマトを大量に制作中です。
f0070493_14401997.jpg

f0070493_14404729.jpg

妻が実家から送ってもらった大玉トマトでトマトソースを作ってくれたので、鹿児島と埼玉のトマトコラボのパスタをいただきました。

うまうまです!

●ゴーヤ
f0070493_14164893.jpg

今年もゴーヤのカーテンが着々と出来上がりつつあります。これからの季節、ゴーヤチャンプルーで夏バテ解消です。

●万願寺トウガラシ
f0070493_1417570.jpg

大好きな万願寺トウガラシも収穫できました。
こちらは採り時を逸して完熟してしまいました…
f0070493_14172713.jpg


●スイカ
f0070493_14174227.jpg

先週、イチゴの苗を撤収する際に誤ってスイカの実の付いていた蔓を切ってしまい、かなり凹んでいたのですが、なんとか別の蔓からスイカが大きくなり始めました。これは大事に育てねばです!

●ファイミリー農園Tシャツ
いつも畑でお世話になっているnanaさんに農園ステンシルTシャツをいただきました。
f0070493_14222434.jpg

これから畑で着させてもらいます。>nanaさんありがとうございます!


無肥料栽培への道
今年の秋からの無肥料栽培に向けて、まずはこの栽培ではおなじみの地中温度の測定を行いました。ユンボは借りず、今回は手作業でスコップで穴を70cm近く掘ってみました。3年前に天地返しをしたときに、地上から25cm~30cmぐらい掘った時に、灰色をしたシルトのような粘土層があったのは覚えていたのですが、それがどの程度深くあるのか興味があったのでずっと掘り起こしてみました。途中から赤土も混ざってくるのですが、このシルトのような粘土層が切れることはなくずっと続いている感じでした。
f0070493_1418719.jpg

それぞれ10cm刻みに土の温度を測ってみました。
地表:30.6(単位:℃)
10cm:28.1
20cm:26.8
30cm:25.8
40cm:25.0
50cm:24.4
60cm:23.7

う~ん。解釈が難しいな。

一般に無肥料栽培の技術的なことでいえば、この栽培方法は「土、種」に特徴があります。種は、F1のような肥料食いではなく、固定種で種子消毒していないものをよく使います。ですからその土地に向いている種を固定化するまで当然年月を要します。土は、水持ちがよく、水はけがよく、適度な温かさが必要になります。土壌学的にいうと、まずは物理性が良くないと難しいということです(もちろん化学性、生物性も大事ですが…)。

物理性が良くないといけないのは、特に無肥料栽培に限ったことではないのですが、今まで行ってきた有機栽培の世界では、まぁ土の表層20cmぐらいの世界で、有機物を施肥し、言葉は悪いのですが、ごまかしごまかし何とか結果をだすことはできるのですが、この無肥料栽培では、土の力がダイレクトに結果に出る農法だと思います。つまり、人為的に肥料を与えない分、土中で根が大地の栄養分を十分に吸えるだけの環境を整えていかないとなかなか難しいと思います。

土の温度を測る理由は、冷たくて硬い層(いわゆる耕盤層)を見つけることです。無肥料栽培の世界では、肥料を入れることによってできた毒のような存在なので肥毒層とよく呼ばれていますが、少し宗教臭い呼び方で好きになれないので、ここでは耕盤層と呼びます。イメージ的には、太陽から離れれば離れるほど温度は低くなっていきそうなので、地表から順に気温が下がっていきそうですが、無肥料栽培を行う方によると、順々に下がっていくのではなく、ある部分だけ冷たくて硬い層がある(肥毒層)があるとのことでした。イメージは、熊本で行われている元田農園さんのWEBサイトをご参照ください。

参考:熊本の元田農園さん

この冷たくて硬い層を、まずはサブソイラなどの機械で粉砕し、秋にライ麦や小麦などの根がまっすぐ延びるイネ科の野菜で層を崩し、春には大豆などのマメ科の野菜で土壌環境を良くしていくそうです。要は、根がより大地からの養分を吸収しやすくなる環境を構築していきます。

第1sueファムでも、この一時的に地温がガクンと下がっている層を期待して地温が測ったのですが、特にそんな層は発見できず地表から順に下がっていきました。しかも、見学させていただいた千葉の高橋さんの畑と比べて、土に温かさが全くありません…。強粘土なので、通気性が悪いために酸素が通いにくくなっています。土も腐敗臭が若干あります。もちろん、粘土質そのものが悪いわけではなく、根腐れには気をつける必要がありますが、基本的に保肥力が強い(2007年の土壌分析ではCECが24.1ありました)ので、少なめの肥料で、果菜類などはいつも美味しくいただけます。反対に大根、ニンジンなど根菜は味が今一つです。自分の土質に見合った野菜を作っていけば粘土質の土壌でも十分楽しめます。

しかし、私のこれから挑戦したい栽培方法は、この地球の中心からのエネルギーを完全にシャットアウトしそうなカチカチの粘土質なので、正直厳しいとは思います。ただし、どの程度の粘土質なら無肥料栽培は向かない!という結論を出すことにもそれなりに意義があると思いますし、生産農家ではないので、まぁ気軽に実験してみたいと思います。
[PR]
# by sue0706 | 2009-07-20 14:22 | 土づくり備忘録
作るぞ!ナリラッシュ!?
●栽培記録

7月4日(土)
3日(金)に畑のオーナーから「トウモロコシがカラスにやられている!」と連絡をもらいました。というわけで、土曜は仕事が入っていましたが、夕方から急きょ越谷の畑まで緊急出動してきました。
f0070493_222319.jpg

赤丸がカラスにつつかれた株です。
f0070493_2225446.jpg

無残にもきれいに食べられてしまったモロコシ君…
にしても、アワノさん(←毎年やられるアワノメイガに敬意を表して、これからはさんづけにすることにしました)にカラスにとトウモロコシの無農薬栽培は本当に難しいです。

何本かは、カラスやアワノさんに提供しましたが、まぁ自然への場所代だと自分に言い聞かせています。
何とか今年も無事収穫することができました! 
f0070493_2235350.jpg

f0070493_2242824.jpg

都会っ子出身の妻は、虫が大の苦手でしたが、アワノさんの赤ん坊なら手でひねりつぶすことができるようになりました。収穫の際にはアワノさんが青年サイズになっていたので、いつもの都会っ子に戻っておりましたが… 何にせよ、身重の中いろいろ手伝ってくれた妻に感謝です。

収穫してから1日たつともう糖度が半分近く落ちるというトウモロコシ。ここは贅沢に畑で生のまま丸かじりしました。

うますぎます!
このひとかじりのためにアワノさんとの格闘の苦労が… 野菜作ってて良かったです!

自宅に帰ってから、早速大量にゆがきました。
f0070493_2251224.jpg

キタ━━━━ヽ(・∀・` )ノ━━━━!!!! うまいっす!!
色・艶・まさにゴールドラッシュ!!

食べきれない分は、保存用に包丁で削いで、冷凍庫に保存しました。
f0070493_2254764.jpg

来年から挑戦予定の無肥料栽培に向け、トウモロコシの種取りをはじめました。
f0070493_2261241.jpg

ただでさえ、難しいトウモロコシの種取り(交雑しやすいため)に加え、無肥料で栽培するというこれまたドMな感じですが、アワノさんとの死闘を制するにはこれしかない!と思っています。

これまで育ててきたトウモロコシは、ゴールドラッシュというスーパースイートコーンなのですが、F1品種(交配種ともいいます。異なる両親の優性因子だけが現れ、形が揃っており強い形質を備えています)なので、ここから毎年種取りを続けて、固定種にするには最低でも5年(F5)はかかりそうです。特に来年はこの種から育種しても、3:1の割合でこれまで隠れていた先祖の因子がでてくるため、なかなかまともなのはできないと思いますが、アワノさんとの長期戦に備えて頑張ります!

元がゴールドラッシュだったので、5年後には、正成の”なり”をとってナリラッシュ!を作りたいです。
(何だかフランダースに出てくるワンちゃんのようですが… 悲しい結末にならないようにせねば!です)


畑の休憩所では、今日は畑仲間の皆さんがそば打ち会をやっておりました。急きょの参加だったので何もお手伝いできなかったのですが、ちゃっかりご馳走になってしまいました。
f0070493_2271725.jpg

f0070493_2274386.jpg

打ち立てのそばに、天ぷら、名人nanaさんのパン、etc...

畑の皆さん、それぞれ仕事も年齢もいろいろなのですが、みんな共通の趣味なので本当にいい方ばかり+とても多趣味です。とても楽しい時間を過ごすことができました。皆さんありがとうございました!

その他栽培経過
●トマト
f0070493_2281627.jpg

今年はミニトマトだけですが、無事収穫が始まりました。オリーブオイルも取り寄せたので、今年もたくさんセミドライトマトを作ります。

●カボチャ
f0070493_2283573.jpg

f0070493_2285377.jpg

もうそろそろ収穫できそうです。カボチャ大好きなので楽しみです。

●サラダゴボウ
f0070493_2291615.jpg

長さ25cmぐらいですが、サラダゴボウが何とか収穫できました! キンピラ食べたい…


まったく個人的な話ですが、7月6日、とうとう39歳になりました。誕生日くらいゆっくりしたかったのですが、いろいろとたてこんでおり、2日ほど会社に缶詰の日々が続きました…

食事だけとりに家に帰ると、都会っ子が美味しいシフォンケーキを作ってくれました。
f0070493_2294359.jpg

ロウソクの数字は悲しいものがありますが… 家族、同僚、お友達、お客様、出会った一人一人にサンキュー(39)の気持ちでいっぱいです。39年目も穏やかに笑いの絶えない感じで頑張っていきたいと思いました。
[PR]
# by sue0706 | 2009-07-09 22:10 | 美味しい野菜が作りたい
久しぶりの食べ歩き日記
今週は、土曜日が仕事で、日曜日は恩師の3回忌で鎌倉に行っていたので、畑は欠勤です(アワノさんの活動がすこぶる気になりますが…)

故・上田太一郎先生は、私と妻の統計学の共通の師であり、2年前にお亡くなりになるまで統計のセミナーに東京、関西とご一緒させていていただいておりました。誰に対しても公平で優しく穏やかな人柄なのですが、好奇心の強さは半端なかったです。よくセミナー帰りの新幹線で、「先生。ちょっと休みましょうよ」という私のアドバイス(というかお願いw)をガン無視して質問攻めにあっていたことを懐かしく思い出しました。食事会の席で、先生と大学の同級生の方たちとお話しさせていただいたら、この好奇心の強さは当時からあったとのことでいろいろと微笑ましいエピソードを教えていただきました。いくつになっても同級生っていうのはいいもんです。

先生には、いろんな勉強を教えていただいたり、たくさんの方を紹介していただいたり、学者でもない実務畑出身の私に統計の書籍を何冊か出す機会も与えていただたりとお世話になりっぱなしでした。ご恩返しにもいろいろな形がありますが、私は私のやり方で、より実践的なデータマイニングの世界をご紹介できるようにこれからも勉強を続けていこうと誓った3回忌でした。

お寺の敷地内の海の見える高台に立派なお墓も建てられていました。今度来るときは、先生の好きだったココア(カレーは墓前に持っていけないので)でも持っていこうと思いました。


雨の降る中車で参加したのですが、予想通り大渋滞でした。帰りに、せっかく第三京浜に乗ったので、横浜市都筑区のノースポートモールにあるCoa(コア)という自然食レストランに寄って夕飯を食べました。

ここは、以前私が食べ歩いた自然食系のレストランでも一番おいしかったアンゴロ(今は閉店しました…)というお店を経営していたナチュラルハーモニーという会社が運営しているお店です。無肥料栽培(農薬はもちろん、化学肥料、有機肥料すら一切使わないで栽培する野菜)の食材を使ったお店です。当日は、以前畑見学に行ったことのある千葉の高橋博さんもセミナーでいらしていたそうで、高橋さんの人参が特別においてあったのでニンジンジュースをいただきました。
f0070493_19584524.jpg

奥は、妻が頼んだトマトジュースです。
やっぱりうまい!です。トマトジュースもとても美味しかったです。
f0070493_19591171.jpg

ディナーというよりは、ザ・和食!といった感じですが、何とも言えないのどごしのいい食感で美味しくいただきました。

無肥料栽培で育てた白菜、ズッキーニ、ニンジンを蒸したものにオリーブオイルと天日塩が少しかかっています。
f0070493_19593795.jpg

そのままでも十分おいしいのですが、枝豆のソースにつけて食べるとこれまた絶品でした。ニンジンはやはり冬の方がもっと美味しいかなと思いましたが。高橋さんのフルーティ人参は特に絶品です。

後、豆腐のチーズ(風)も絶品でした。
f0070493_200461.jpg

豆腐をお味噌にくるんでチーズっぽくする料理は習ったことがあったのですが、これはさらにそれをスモークするという手間暇がかかっています。かかっている葡萄のソースも本当に美味しかったです。

家から遠いのが少しネックですが、食生活が乱れた時のリセット用に月に1度位通いたいものです。帰りに、併設している食材コーナーで、「豆うまか」というこだわりの納豆を買ってきました。無肥料栽培の大豆を天然藁で発酵させたこだわりの納豆です。
f0070493_2074658.jpg

f0070493_2081019.jpg

独特の匂いがあるので、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、こういう濃い納豆は大好きなので、毎晩、玄米ご飯と一緒にいただいております。それにしても生産者の方の心意気を感じる丁寧な納豆です。
紹介記事:復活した天然藁納豆

なぜ無肥料で野菜が育つのか、好奇心がうずきます。奇跡のリンゴですっかり有名になったリンゴ農家の木村さんの無肥料栽培で作ったキュウリは、指を向けるとツルが自分からからまってくるそうです。マジっすか?ちなみに強欲な人、あまり世話を見てくれない人には巻きつかないとのこと。植物が人間の想念を理解できるのかどうかかなりあやしいのですが、それでもいつかやってみたい!キュウリの巻きつけ! 相当な俗物人間だからなぁ 私。

まだまだ課題もありますが、有機栽培も4年目を迎え一通り、感触的には満足感があるので、そろそろ次の段階に行こうかなと思っています。そう。次の挑戦は、無肥料栽培です! 問題は、土の温かさをまったく感じないsueファムの強粘土のゴロ土ですが… まぁ専業農家ではないので、無収穫でも問題ないので気長に頑張ってみようかと思っています。

アレルギー体質の妻が食べられるような、ニンジン、大豆、インゲンを作れるよう頑張ろう!

●大人買い
畑仲間のアリィさんがバジルソースを作っていたのを見て、あこがれのバーミックスをとうとう買ってしまいました。クイジナートの大きいフードプロセッサがあるので貧乏症の私は、買い悩んでいたのですが、離乳食も作れそうだし!という訳で、奮発してきました。
f0070493_2092343.jpg

確かに、便利!です。早速、バナナと牛乳を混ぜ混ぜしてみました。おぉぉぉモーター音がかっちょいです。

最近はバナナとキュウイとカスピ海ヨーグルトのジュースが朝の活力ドリンクとなっております。
[PR]
# by sue0706 | 2009-07-01 20:09 | 食べ歩き日記
ヤングコーン収穫!
トウモロコシのアワノメイガ対策に仕込んだイースト菌の発酵液を車の中で大爆発させて以来、車中のゲロっぽい匂いに凹んでおりましたが、畑仲間のnanaさんに貸していただいた魔法のランプのおかげで、何とか匂いが収まりました。
f0070493_14512233.jpg

アルコールの中にエッセンシャルオイルが入っており、ランプで温めたセラミックからオイルを気化させる仕組みで、殺菌、消臭などの効果があるとのことです。お値段が結構するので、そうそう我が家では本決算がおりそうもありませんが、ファブリーズでもだめだったゲロ臭がすっかり綺麗になりました。>nanaさん、ありがとうございました!

そんなこんなで苦労しっぱなしのトウモロコシの無農薬栽培ですが、やはりアワちゃんが結構来ていました。
f0070493_14522673.jpg

イースト菌の発酵液の設置場所が悪かったのか分かりませんが、私の圃場では、この発酵液、あまり効き目はありませんでした。う~ん。来年からは本格的に無肥料栽培に挑戦しようかな…

やはり最後は、手で片っぱしから潰しています。都会っ子で虫が苦手だった妻が、最近はアワちゃんを迷いなく瞬殺しています。たくましくなってきました。あっぱれ!

おかげで!?ヤングコーンもたくさん収穫できました。
f0070493_14533175.jpg

f0070493_14535440.jpg

つぶの一つ一つと穂がつながっています。きれいです。往年のハルクホーガンのような毛質です(古いか…)
少し塩ゆでして、マヨネーズをつけて食べると激ウマでした!ひげ根もだいぶ茶色くなってきており、収穫までもう一息です。アワちゃんに負けず頑張ろう!

●栽培記録 6月20日(土)

●深ネギ
実家からネギの苗を170本近く送ってもらいました。sueファムには50本近く定植しました。
f0070493_14543752.jpg

残りは、畑仲間のnanaさんとalohaさんにおすそわけです。鹿児島産埼玉育ちの深ネギで今年の冬は鍋でもやろう。

●カボチャ
ツルがだいぶ伸びてきてハウスを覆うようになってきました。
f0070493_14551090.jpg

今年は、受粉はさせておりませんが、放任の割にはたくさん着果しています。
f0070493_14553122.jpg

雪化粧(白いカボチャ)です。

●ズッキーニ
時期が合わないとあっという間に大きくなってしまいます…
今回はタイミングよく3つ収穫できました。
f0070493_14555783.jpg

タイミングが合わないとこんなになってしまいます… 
f0070493_14561735.jpg


●トマト
今年は、元肥が少し多かったせいかだいぶ幹が太くなっており、あまり綺麗に仕立てられておりませんが、まぁミニトマトなので、あまり気にせずに栽培しております。
f0070493_14564390.jpg

今年も大量のドライトマトを作ります。

●パプリカと島オクラ
もうホームセンターから夏野菜の苗がだいぶなくなりましたが、近くの中野島忠でパプリカと島オクラの苗があったので買ってきました。
f0070493_14571927.jpg

パプリカの名前は、゛おませなパプリカ゛です。
f0070493_1457429.jpg

このネーミングセンスのしょっぱさ大好きです。頑張っておませな娘に成長させましょう!

オクラは、いつも大きく育ちすぎるので、少し密植気味にして小ぶりなオクラになるようにしています。
f0070493_1458675.jpg


●サツマイモ
第2ファームのサツマイモ(安納芋400本、紅春香100本)も順調に活着していました。
f0070493_1459272.jpg

f0070493_14583958.jpg

草が旺盛になる前に、早く刈り取らないとヤバいです。夏はこのひと手間が大変ですが、美味しいサツマイモを収穫するためにファイトです。

●今週の収穫
f0070493_15273.jpg

キュウリがたくさんなりはじめました。ぬか漬けにしやすうように今年は、ミニキュウリにしたのですが、足しげく通えないので、ミニキュウリが結局普通サイズのキュウリになってしまうものが結構ありました。

めずらしい双子のキュウリ君です。
f0070493_1522784.jpg


●今週の食べログ
妻が妊娠中のため、さっぱりした飲み物を欲しがります。最近は、はちみつレモンをペリエで割ったものをよく飲んでいます。汗だくの後、私もいただくと非常においしかったので、レモンとはちみつを取り寄せて作ってみることにしました。

レモンは、豊島(てしま)という瀬戸内の小さな島で美味しい無農薬栽培のものを取り寄せました。はちみつは秋田の大館市の養蜂場で生産されたアカシアとレンゲのはちみつ(ともに、非加熱)にしました。
f0070493_14592928.jpg

f0070493_14594712.jpg

さてさて味の方はどうなることでしょうか?出来上がりが楽しみです!
[PR]
# by sue0706 | 2009-06-21 15:02 | 美味しい野菜が作りたい