<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
金沢でいただいた絶品のお寿司~小松弥助~
最近、大阪府知事の橋本さんが朝日新聞、日教組など私の嫌悪する左巻き組織と闘っているので東京から日々エールを送っている毎日ですw

そういえば少し前に大阪の門真市の保育園でイモ畑の執行問題がありました。

橋下知事「園児の涙利用」と保育園側を批判 行政代執行 朝日新聞2008年10月17日

テレビだけ見てるとまるで行政が勝手に子供が大事に育てているサツマイモを撤収しいるようでしたが、なんてことはない通常の行政手続きに準じた至極まっとうな行動でした。

~4年間も任意の用地買収に応じない困ったちゃん~
時系列で簡単に整理…
国の事業で道路を造ることが決定
保育園は土地を売ることを拒否
→裁判所は保育園に対してJR西日本に土地を売れという判決を出す
→判決に基づいて西日本は保育園にお金を支払う
→保育園はお金の受け取りを拒否
→西日本はその代金を法務局に供託金として提出
(供託金の提出:この時点で保育園への代金支払いは法的に済んだ物と見なされます)
→西日本は法的に土地を取得した
→しかし他人の物になった土地に勝手に芋を植えて使用を続けた
→耕作を続ける不法占拠者を行政執行で退去させて欲しいと大阪府に請求
→4月に、明け渡しなさいといって勧告
→9月に法律に基づいて戒告
→10月1日に強制執行を伝える
→保育園:イモ掘らずに、プラカード作るw

4月に勧告を受けた段階でサツマイモの苗を植えるなよと思うのですが、百歩譲って子供たちにイモ掘りをさせるのが本当の目的(←ダウト!)であれば、執行前にいくらでもイモ掘りの機会があったはずです。サツマイモを収穫したばかりの私に言わせれば、もうこの時期は十分実は大きくなっていますので、収穫時期の問題ではありえません。

要は、反政府活動を行いたかっただけなんだよなぁ… 
個人的にはこういう化石のような左巻き連中はもっとも苦手なタイプなのですが、それでも社会のバランス上、ある程度は存在した方が良いとも思っています。ただし、絶対に許しがたいのは、自分の思想・主張を押し付けるのに、今回のように色のついてない子供を使って政治運動する姿勢です。頑張れ!橋本さん!!

新聞記事によると、保育園の理事は松本剛一さんというそうです。う~ん、この行動パターン。匂いますね。少しこの人物のバックグランドを調べると… ビンゴ!
九条の会でしたw
「かどま九条の会」よびかけ人:松本剛一
分かりやすいおじちゃんだなw


●粋なおじいちゃんが握るお寿司
週末は出張で初の金沢に行ってきました。小松弥助というお寿司屋さんに行ってきました。
写真を撮るのをはばかられるような空間だったので、こちらでメニューをご覧ください。

赤烏賊を開いて、あの薄い切り身を三枚!におろし、それを薄作りにしたもので、何ともふわっと軽く甘い烏賊でした。もう70を越すであろう年齢とは思えないほど、リズムよく握る姿勢もまさに日本の職人!みたいな感じでとてもステキなお寿司屋さんでした。いつまでも元気で握ってほしいな。

夜は、源左エ門(げんざえもん)という居酒屋さんで地のものをいただきました。
f0070493_1222337.jpg

f0070493_1225069.jpg

のどぐろという赤ムツの仲間だそうですが、アブラがのりのりでとても美味しい塩焼きでした。

海の幸と山の幸がとても充実している金沢でした。もう少し東京から交通の便が良かったらもっと通いたいなぁ… またいつかあのおじいちゃんのお寿司を食べに行こう!

●畑日記
●聖護院ダイコン
f0070493_1232567.jpg

順調です。

●白菜
f0070493_1234610.jpg

だいぶ大きくなりました。中の方から結球し始めています!!

●小松菜
f0070493_1241468.jpg

だいぶ大きくなりました。間引き菜をそろそろいただけそうです。

●イチゴ日記
露地栽培
f0070493_1245549.jpg

章姫が2株ほど枯れてしまいましたが、宝交早生はさすがにしっかり根付いています。畑の土は相当な粘土質なのでやっぱり難しいのかな。もう少し様子見です。

ベランダ温室栽培
f0070493_1254524.jpg

とちおとめは順調です。

章姫は、歯の周りが茶色くなってしまいました。
f0070493_1265840.jpg

まぁもともとあまり元気がない苗だったのでちょっと原因は不明ですが、とりあえず追肥をおこなってみました。こちらも経過観察です。

★追記(10月30日):
イチゴの診断をルーラル図書館で調べてみました。葉縁部を中心に淡褐色の葉枯症状があるため苗立枯病と思われます。

苗立枯病
[学名]Cylindrocladium canadense J. C. Kang, Crous & C. L. Schoch
[分類]糸状菌/不完全菌類
[英名]Cylindrocladium damping-off 

仮植直後から活着までの苗の生育が安定しない時期に集中して感染発病するそうです。ただいただいた時から章姫の苗の状態はこんな感じでしたので、育苗時の土壌に原因があったかもしれません。

[発生しやすい条件]土壌消毒を行なわず,連作している圃場や培養土で発生しやすい。

防除法はないとあるので、何ともしがたいですが、木酢液でも薄めて散布してしばらく様子を見てみようと思います。

●サツマイモ料理
先週たくさん収穫した安納芋を石焼き芋にしてみました。
f0070493_1273166.jpg

もともとは燻製用の鍋なのですが、専用の石を入手して焼くこと40分。ほっくりした美味しい石焼き芋ができました!!
f0070493_1275840.jpg

うまうまです!来年もたくさん安納芋を作ろうっと。
[PR]
by sue0706 | 2008-10-28 12:08 | 食べ歩き日記
ビバ!サツマイモ!!
10月19日
週末は、今年300本近く植えたサツマイモのイモ掘りを行ってきました(デジカメ忘れたので携帯で撮りました。画像が汚いですがご容赦ください)。
f0070493_10385067.jpg

品種は実家の鹿児島から伯父さんが丹精込めて作ってくれた安納という地元鹿児島の苗です。

*安納芋*
鹿児島の種子島に古くから伝わる芋。カロテン、食物繊維、ビタミンCやE、カリウム、ヤラピンなど紫芋に負けない実力。甘さは紫芋を上回り、大変に甘くネットリした焼き芋や蒸かし芋向けのサツマイモ。

植え付けの時も、本数が多すぎて苦労したのですが、それよりも大変だったのが夏場の草むしり… 刈っても刈っても追いつかない感じで、実質放任状態でしたが、無肥料(元肥、追肥無)、無農薬で立派なサツマイモが収穫できました。

広い畑を貸していただいたオーナーさん、ご紹介いただいたalohaさん、いつも手伝ってもらっているすべての愛すべきアグリ仲間、そしてあれだけ手をかけていないにも関わらずしっかり成長していた畑の微生物君達に感謝感謝です。

東京農大の学生さんで野菜大好き仲間のまりちょとはーちゃんもおいしいおにぎりなどたくさんの差し入れつきで手伝いに来てくれました。ありがとう!

気が済むまでスコップで収穫した後に、オーナーさんがユンボを使って一気に掘り上げてくださいました。
f0070493_10353888.jpg

f0070493_1036713.jpg

これは確かに作業が早いです!

本当は天日にさらしてもう少しでんぷんを出した方が甘みがのるのですが、待ち切れず畑の中で焼き芋を作ってみました。
f0070493_10364944.jpg

中を割ってみると…
f0070493_10371461.jpg

f0070493_10373827.jpg

キタ━━━(≧▽≦)━━━!!!!! まさに黄金色です。キタ━━━(≧▽≦)━━━!!!!! 

めちゃめちゃ美味しいです!!(= ̄▽ ̄=)V ヤリィ

たくさんおすそ分けもできました。
f0070493_1038212.jpg

家に帰ったら燻製用のなべに遠赤石を使って石焼き芋を作ってみよう!
[PR]
by sue0706 | 2008-10-20 10:39 | 美味しい野菜が作りたい
冬にイチゴのショートケーキを作ろう!
アメリカ発の金融恐慌やら中国の相変わらずの食べてびっくり食品など賑やかな世間ですが、私は相変わらず週末なんちゃって農業人を楽しんでおります。

夏野菜の最後にちょっとエッチィ?形をしたトマトを収穫しました。
f0070493_0355243.jpg

自家製のドライトマト、バジルペースト使って今年の夏は畑パスタ(妻作)を美味しくいただきました。
f0070493_0361539.jpg

f0070493_13402782.jpg

9月に入って里芋を残して夏野菜の撤収です。
f0070493_0372864.jpg

f0070493_038219.jpg


自家製のボカシ肥料の仕込みも行いました。昨年はマンションの駐車場で夜中の12時不審者よろしくブルーシートを敷いて肥料を混ぜて作ったのですが、今年は玄関でもくもくと作りました。
f0070493_0384521.jpg

米ぬか:20kg
菜種油粕:10kg
草木灰:二にぎりほど
魚粉:5kg
以上を混ぜ合わせ、糖蜜とEMと水を加えてさらに混ぜます。こぶしで握ってだまになり、指でつつくと崩れる程度(含水率60%)になったら分厚いビニール袋に入れて空気を入れないようにしっかり縛って完成です(嫌気性で発酵させます)。
f0070493_0391647.jpg

汚い画で恐縮です…
f0070493_0394243.jpg

さぁ今年も美味しい野菜をよろしくお願いします!

今年の秋冬野菜は、
根もの:大根(青首+聖護院)、カブ、
葉もの:白菜、キャベツ、ブロッコリー、スティックセニョール、小松菜、ホウレンソウ、春菊
を作ることにしました。

今年は、我が家のベランダで苗作りにも挑戦してみました。朝の10時には日陰になってしまうぎりぎり東向きマンションという悪条件ですが、何とか育苗ポットの位置を変えながら自家製苗が出来ました!

9月8日
白菜:何とか双葉が生え揃いました。
f0070493_0411385.jpg


スティックセニョール:やや徒長気味ですが、何とか発芽しました。
f0070493_04218.jpg


9月23日
本葉が4,5枚生え揃ったものから定植を行いました。
白菜:あの環境でこんなに立派な苗ができました!v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪ 
f0070493_0423585.jpg

高層ビル群の近くで産声を上げた渋谷産の野菜ができるかどうか楽しみです!!ちなみに白菜は苗から作らなくても畑にそのまま定植して間引いてももちろんOKです。
f0070493_043216.jpg

今年も虫除け対策のコンパニオンプランツとして、サンチュ(キク科)を混植します。
f0070493_0452882.jpg

f0070493_043494.jpg

この前かがみが腰にきます… そうえいば、何日か前のNHKの腰痛の起源をやっていました。人間の腰痛は従来思われていた二足歩行によってではなく、農耕(農作業)の始まりに関連がありそうだとのことでした。確かにうちの亡くなったばあちゃんも平常時でものすごい角度だったなぁ… 歩くのには不自由する腰の曲がり方だったのに、畑に出たら、それは誰よりも早く草を刈っていたのを思い出しました。職業病だ…

9月28日
キャベツ、ブロッコリー、スティックセニョールを植え付けました。
f0070493_0443412.jpg

f0070493_045052.jpg

f0070493_046388.jpg


10月12日
●サツマイモ
f0070493_0463493.jpg

第2ファムにてサツマイモの試し掘りを行いました。
f0070493_0464967.jpg

ヤッタァー!\(`∇\)(/`∇)/ヤッタァー!
やや小ぶりですがしっかりついておりました!!

300本近く植えていたのですが、メンテナンスができなくてほぼ放任栽培となってしまいました。サツマイモは肥料もそんなに要らないし、手間暇はあまりかからないほうなのですが、にしても忙しすぎて全く何もできませんでした。反省(≧≦) ゴメンヨー
夏の雑草対策などいろんな人の手助けをお借りして何とか収穫シーズンを迎えております。

私の畑ライフ、究極目標の一つである無肥料栽培を意図しない形で実現してしまいました…

元肥も追肥も行っていないので、かなり小ぶりな安納芋になりましたが、味はとても美味しかったです。
f0070493_0473875.jpg

蒸し安納芋のサラダ(ウマウマでした!)

●里芋(大野イモ)も試し掘りしてみました。
f0070493_048134.jpg

親イモのまわりに子イモ君、そのまわりには孫イモちゃんとしっかりついておりました!!!
f0070493_0483686.jpg

f0070493_0485228.jpg


●大根
順調に生育しています。
f0070493_049302.jpg


●白菜
若干、周りを虫に食われましたが、いい感じです。無事結球しますように!
f0070493_05016.jpg


●今年の挑戦「イチゴのベランダ促成栽培」
f0070493_0512578.gif

f0070493_0513793.gif

イチゴは露地で栽培すると初秋の温度の低下と日長が短くなることに反応し、生長点に花芽を形成します(栄養生長から生殖成長へ)。品種によりますが、関東だとだいたい9月末ごろには自然条件で花芽分化するそうです。
*日長*
昼間の長さのことです。植物は日長が長いか短いかを感じて次の花芽を作ったり、休眠したりします。より正確には、「昼の長さ」よりも「夜の長さ(暗期)」に反応して花芽を形成します。

さらに、気温が下がる(だいたい5度以下)と休眠に入り、葉が小さく地上に張りついたような状態(ロゼット)で冬を越します。翌年、春の気温上昇とともに昨秋に形成され花芽が発育し、開花結実(3月頃)して、5~6月にやっと口に入ります(収穫は2週間ぐらいしかありません!)。そう、イチゴの旬は初夏なのです!

しかし、クリスマスに食べるイチゴのショートケーキは捨てられませんw あの冬に食べるイチゴの正体が促成栽培(初夏を初冬にとれるようにイチゴの成長を促進する栽培方法)です。

露地栽培との違いは、夏に短日夜冷処理(たんじつやれいしょり)といって、夏真っ盛りの時期の夜に暗い冷房の効いた倉庫にしまい擬似的に秋の訪れを演出して花芽の形成を早めます。花芽形成後、休眠させないように気温が下がり始める秋に暖房を入れ、また日が沈むころ電気でイチゴを照らし日長を長くさせます。

今年、私が挑戦するのはこの大がかりな促成栽培を自宅の狭いベランダで実験してみようとするものです。名づけて「冬にイチゴのショートケーキを作ろう!」プロジェクトです。今回入手した苗は、夏に短日処理をしていないので、花芽分化が自然条件と同じ9月末ごろっぽいので、年内に収穫するのは難しそうですが、何とか1月下旬には収穫できるように、これから最低温度を10度以下にさせないようにし、11月下旬ごろから電照(日長延長方式)を行い休眠させずに栽培してみる予定です。

日長を長くする前に、そもそも日当たりがあまりよくないのでかなりの不安がありますが、そこは何でも実験あるのみ!です。ぼちぼちイチゴ日記も続けていこうと思います。

そんなわけで、大人のおもちゃを購入してしまいました。
ラン用の温室なのですが、加温、加湿、電照キットがあるのでこれをイチゴ用に改造してみる予定です。四苦八苦しながらも何とか組み立てが完成しました!
f0070493_052442.jpg

f0070493_054240.jpg

10月15日。待ちに待った苗が到着しました!!
f0070493_0532523.jpg

今回栽培する品種は、とちおとめ(12株)、章姫(15株)、女峰(15株)、宝交早生(15株)です。

ベランダ温室では、55cmのプランターにちょっと手狭ながら3株ずつ
とちおとめ(4ボックス)、章姫(3ボックス)、女峰(2ボックス)植え付けました。
f0070493_0553356.jpg

f0070493_056082.jpg

まだ温度も高いのでヒーター、照明などは用いません。

残りの苗は、畑の方に植え付けて露地栽培で育てます。
f0070493_0562788.jpg

うまくイチゴが収穫できるかどうか分かりませんが、頑張ってみまっす!
f0070493_0575463.jpg

(全然関係ありませんが駐車場の近くの妙にアンニュイなニャンちぃです)
[PR]
by sue0706 | 2008-10-17 00:58