<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
保守派ですが、環境問題にも興味あり!
男子たるもの30過ぎて、僕は中道ですという男ほど(個人的に)気持ち悪いものはないと思っているタカ派な私ですが、こと環境問題に関しては保守派であっても大いに興味があります。

*自分の立ち位置がはっきりしない人は、まぁお遊びレベルですがポリティカルコンパスというものがありますので、興味のある方はどうぞ。
☆ポリティカルコンパス☆

ちなみに私は、政治的に右(保守度5.8)、経済的にも右(市場信頼派2.41)といういわゆる「保守右派」に分類されました。
でも、例えばQ2-21では、「不景気時には公共事業を実施すれば景気が回復する」という設問がありますが、同意すれば左(政府介入派)に加重され、同意しなければ右(市場信頼派)と加重されるのでしょうが、今時、この二者択一で景気対策するなどあり得ないので、前提がかなり甘いゲームですので、あくまでも遊びとしてお楽しみください。

そんなタカ派な私ですが、農業しかり環境問題には大いに関心があります。

今回仕事でおじゃましたのは、私の大好きな東京農業大学さんの鈴木研究室です。
f0070493_4525372.jpg

こちらの研究室では、固体発酵によるバイオマスエネルギーの研究をされています。地球温暖化抑制(=二酸化炭素の排出量を減らす)の切り札として、石油石炭などの化石燃料ではなく、有機物を使ったクリーンなエネルギーの開発が進められています。一般的には、バイオマスエネルギーは、トウモロコシなどの栽培作物を使ってエタノールを作るのですが、トウモロコシの大量伐採による森林破壊の問題や、穀物相場への悪影響、そして肝心のエタノールを精製する際にまた工場で二酸化炭素を発生させてしまうなど、栽培作物によるエネルギーにも問題点が多く指摘されています。

そこで、生ゴミや廃材などの廃棄物を使ったエネルギーが現在注目されています。しかし、廃棄物系でも、エタノールにするための前処理の段階で、廃液の問題、残渣としての二次ゴミの問題がありました。

廃液を出さないために、こちらの研究室では、麹菌、酵素、酵母などの微生物を使って固体発酵という方法でエタノールやメタンガスを精製できるのです。この廃液を出さない固体発酵というシステムが画期的で、今、全国の自治体、企業から注目を浴びています。ちなみに残渣は、有機物たっぷりの肥料となります。まさに捨てるところがない無駄のないシステムです。

ちなみにこんな感じです。
東京農大さんのある世田谷区の小学校などから集められた給食の残渣です。
f0070493_454264.jpg

これを一定の大きさに粉砕します。夏の作業は大変だろうなぁ…
f0070493_454459.jpg

ゴミを上部から入れ、微生物を混入し発酵させてます。
f0070493_4551288.jpg

エタノールが精製されます。
f0070493_456247.jpg

しかーも!残った残渣は、有機物たっぷりの発酵済み肥料になります!!←これが欲しい!
f0070493_4561950.jpg


大学が地域に根差して、実学を地でいくような研究で、先生も学生さんもとにかく目がいきいきしていて取材しているコッチが仕事とはいえ、楽しくて仕方ありませんでした。いやー本当にいい勉強をさせてもらいました。ありがとうございました!!

そして、個人的には一番感心したのが、学生さんたちの気配り。激サムの外での撮影となっていた私たちに、ストーブを出してくれたり、取材の最後にはいつの間に買ってきたの?と思ってしまうほどのさりげなさで、私とディレクターに温かい缶コーヒーを差し入れてくれました。37歳のおやじにはこういった気配りに涙出そうになります。翻って弊社のスタッフでここまでお客様に自然な対応ができているか… う~ん、反省反省。でもこういうのってやはり親御さんの躾というか家庭環境の影響が大きいんだろうな。よーし、こういう学生さんがいる限り日本の未来も捨てたもんじゃないぞ!!とちょっとオヤジ風な感想を持ちました。
f0070493_4565646.jpg

お世話になった学生さんたちと感動の缶コーヒーを片手に記念写真。学生さんありがと!!


●末吉家ニュース
「親思う 心にまさる親心 今日のおとずれ何ときくらん」

安政の大獄で若干29歳で斬首された吉田松陰の言葉です。辞世の句である
「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし大和魂」
ともに私の脳裏に深く刻まれている句です。松陰自身、自分の信念に基づいて行動したので、死刑になっても何らおのれに恥じることがないとしながらも、息子の処刑の報を受ける自分の親のことを思うと何ともいたたまれない気持ちであったかと思うと胸が苦しくなります。

母親が今週、狭心症の疑いで心臓のカテーテル検査を受けました。父親には大変失礼ながら、わが末吉家では、父が先では…と要らぬ心配をするぐらい、私の母は元気だったのですが、去年から胸が苦しくなることが数度あり、今回の検査入院となりました。手からカテーテルを入れて血管の細くなっている個所を調べるという聞いているだけでも痛そうな感じの検査ですが、一応手術が必要な狭さではないということで家族でほっと一息つきました。

松陰ほどの大業をなしたわけではありませんが、私自身、自分の信念に基づいて生きてきたとはいえ、自分のやりたいことのために遠回りをし両親にどれだけ心配をかけたことかと思うと、ふと松陰の句を思い起こしました。一寸先はわからない現世ですので、どちらが先にあちらの世界に旅立ちかは誰にもわかりませんが、新しく家族になった妻のご両親を含めて、私にできる範囲ではありますが親孝行をしていきたいと改めて思った今週でした。
[PR]
by sue0706 | 2008-01-25 04:57 | その他
2008年天地返しスタート!
畑に行くのは、毎回楽しみなのですが、ここ数週間の寒さは南国育ちの私には結構こたえます(じつは、南国育ちの割に暑いのもダメ、花粉症の春もダメで、結局ご機嫌なのは秋だけのキョジャッキーsueです…)。

新宿に山手通りの地下に高速ができてから、畑のある埼玉県の越谷市(インター的には三郷インターが近いです)まで、一直線で行けるようになったのですが、行きは畑仲間の、葛西君@中野区在住をピックするため池袋まで下で行きます。そんな中野でもう一つのお目当ては駅前のお気に入りのパン屋さん・サンジェルマン(パン屋ではありがちな名前ですが…)。
f0070493_255799.jpg

f0070493_255552.jpg

ここのコーンパン(100円ぐらいです←正確ではないかも…)が大好物なんです。愛車、レガシーアウトバックにコーンのおいにいを充満させながらいつも出発しています。

冬の畑で、あまり収穫はないのですが、今日の栽培記録です。
●ブロッコリー
f0070493_2561964.jpg

とり時を逸して、おっさん化しております… 今年も、ブロッコリーはサニーレタス効果か!? 病害虫にやられることなく無農薬でおいしいのができました。

●スティックセニョリータ
f0070493_2564298.jpg

まる子ちゃんに出てきそうな名前のセニョリータ君ですが、立ち上がりが貧弱だったわりに、なんとか厳しい冬に耐え、今たくさんおいしい蕾を咲かせてくれます。これをゆがいてからし和えでいただくのが大好きです。

●ニンジン
f0070493_2571577.jpg

裂根と耐寒実験で植えている人参(ベータリッチ)ですが、形こそこぶりですが、なんとかいい形になってきました。いい加減、葉っぱを使ったかき揚げ以外のレシピを開発したい今日この頃です。

そして、今回の本命は、天地返し。野菜栽培の大敵である連作障害や病気にならないように、一年よく働いてくれた土を大きくひっくり返し、寒さにあてることによって、土壌中の悪い微生物や病原菌を死滅させようとするものなのですが(厳密には、耕盤という硬い層をはさんで、作土層と心土層をごっそりひっくり返すのでうちのはなんちゃって天地返し程度です)、これが30代、厳密には40代目前のおやじ作業員にはかなりしびれる作業です。去年は、男3人でやっても終りが見えず、一週間ほど手がしびれましたw

今年は、気合いを入れて、似合わないニット帽で耳を覆い、形だけはヒップホップ系でスコップ片手に葛西君と二人で大地を掘り起こしました。
f0070493_2575396.jpg

f0070493_2581976.jpg

適度に加齢臭はでますがw去年に比べて明らかに土が柔らかくなっています!!! 去年に比べれば、筋肉痛は1/10程度で済みそうです。う~ん、土改(土壌改良)の成果でてるかも!!よーし、来週ぐらいから千葉移住用(←ここ5年は延期しました)に大量に仕込んでいたモミガラとカルス菌をまいて2008年土作りがスタートだ! 楽しみだな…

2008年は、新しい家族も増えたので、病害虫に負けないよう大地にしっかり根をおろしたシンプルなんだけど素朴で温かい家庭になるように基礎工事を二人でしていこう。さぁ、今年も地に足付けて力強く生きていこう!! がんばるぞ!
f0070493_334994.jpg

(正月帰省した際に買った、鹿児島の名産、すずのぐい飲みセット?です。え~、こちらも鹿児島県人の期待を裏切って恐縮ですが、焼酎、お酒はまったくダメです…)
[PR]
by sue0706 | 2008-01-21 02:58 | 美味しい野菜が作りたい
2008年もよろしくお願いします!
あけましておめでとうございます!

今年は、もう一人帰省メンバーが増えたので、東京→神戸(妻の実家)→鹿児島(私の実家)とプチ全国ツアーさながらの楽しいお正月になりました。

●鹿児島帰省フォト(デジカメのバッテリーが切れてしまい、携帯での低画質で恐縮です…)

まずは何といっても桜島…
f0070493_1462460.jpg

鹿児島在住の時は、あれだけうっとおしかった桜島ですが(夏は噴火すると外でアイスも食べられないぐらい火山灰が飛びます)、故郷を離れると桜島がこれだけ愛おしくなるとは… はい、実に身勝手は鹿児島人です。でもやはり東京に何年住もうとこの桜島を見ると、あ~帰ってきたなぁと感動します。

1年ぶりの故郷は、今年度の大河ドラマ篤姫で異様に街が盛り上がっていました。正直、日本史の中で、篤姫がどの程度重要な役割を演じたが、かなり微妙ですが(西郷や大久保に比べてという意味で)久しぶりに見てみようかな…

天文館(鹿児島の繁華街)で配られていた篤姫のチラシの大久保利通のキャストを見てしばしあぜん。は~ら~だ~たいぞうでっす!のネプチューンでした。彼、芸人として好きな方だけど、大久保さんはやめて欲しいなぁ。個人的に日本史上最高クラスの宰相だと思っている大久保さんが… まぁ、ほりけんじゃないだけよしとするか。

初顔合わせとなった妻と私の両親との紹介も無事終わり、東京から姉もわざわざかけつけてくれ、久々に(7,8年ぶり?)実家で家族全員が揃い楽しい正月でした。家族といえば、我が家の次男坊・太郎も元気にしておりました。
f0070493_1471671.jpg

去年、皮膚の病気で死にかけていたときに、両親がもう助からないかもと家の中に入れ、布団で寝かせてしまったら、病気の方はすっかり回復したのですが、すっかり今では室内犬になってしまいました。ちなみに、布団で寝ていると、2,3時間おきにおしっこタイムに親の顔をペロペロなめるそうです。寝ぼけながら、リードにつないで木戸先までおしっこさせにいくそうです。うちの親は熟睡できているのだろうか…

ちなみにこの太郎のペロペロ攻撃私も洗礼を受けましたw ダメだ… 完全に太郎中心の家庭になっとる… 帰省中妻が愛用していたまんまもどき?のスリッパもやはり犬…
f0070493_148247.jpg

まぁそんな愛すべきバカ犬ですが、最後に私が東京に帰るときは、空港に一緒に見送りに来てくれました。
f0070493_148434.jpg

両親と私をさしおいて助手席を陣取っているのはお約束ですが… まぁかわいいもんです。

●農業関係
実家で、もみがらくん炭の作り方を習ってきました。もみがらくん炭は、文字通りもみがらを炭化させたものですが、sueファムでは土壌改良剤(木炭と違い珪酸の含有量がとても多いです)として使用しているのですが、結構のお値段がします。両親に相談したら、もみがらくん炭にお金かけることを笑っていました… 農家であればだいたい無料で調達できます。ただ実際に作るとなったら、火の加減が結構難しいです(火力が強すぎると灰になってしまい意味をなしません)。

父親が改良を重ねたsue本家くん炭マシーン
f0070493_149522.jpg

しょぼっ!!といわない!普通の植木鉢に穴をあけ、真ん中に姉歯棒を差し、銭湯でもらってきたという煙突の廃材を利用したローコスト(ほぼ無料w)マシーンです。杉の枯れ枝を着荷材にして火をおこします。
f0070493_149313.jpg

f0070493_1410237.jpg

火の始末が危ないので、田んぼでの作業になりました。途中で火加減を見る(燃えすぎないようにするため)ために夜中に様子を見に行きました。そして、翌日
f0070493_1410871.jpg

何とか、無事自作もみがらくん炭を(σ´∀`)σゲッツ!
どじったのが、電気のない夜中の作業なので、車のライトと頭につけた懐中電灯で作業したのですが、溝のない方にライトを照らしたため、手元の溝がちょうど死角で見えず、夜中に用水路に落ちてしまい足を軽く捻挫してしまいましたORT しかも間が悪いことに携帯を用水路に落としてしまいました… しかし、そこは野生の勘で、母親が下流の方で足を広げて待っていてくれたおかげで、無事どんぶらこしてきたsue携帯を回収することができました。母ちゃん!ナイスプレー!! ドライヤーで乾燥させて今のところ無事動いているけど、お店の人に相談したら機種変えたほうがよいかもとのことでした… あ~また無駄な出費が…

東京に帰る前に一度行きたかった母の友達のいちご農家に見学に行ってきました。
f0070493_14105514.jpg

とよのかを無農薬で土耕栽培していらっしゃいます。いちごで無農薬って本当にすごいことなんですよ!みなさん。おばちゃんに後継者がいないので、勝手に押しかけ弟子入りをしてきましたw 5,6年後に千葉で田舎暮らしができたら大好きなイチゴ栽培してみたいなぁ。
f0070493_14112543.jpg

f0070493_14114117.jpg

すっかりおばちゃんと土壌改良、ボカシ肥料作り、微生物の話で盛り上がりましたw 歳は親子ほど離れているけど、話がつきない時間を過ごすことができました。趣味が合うっていいな。

●鹿児島ちょいとグルメ情報
磯くわはら館
f0070493_1412236.jpg

高校の同級生に教えてもらったフレンチのお店。すごく趣のある洋館で桜島を見ながら食事ができます。ボーイさんが鹿児島弁まるだしでワインの説明をしてくれるところもローカルっぽくてよかったです。味はもちろん◎でした。

◆餃子の王将の天津飯
f0070493_14125276.jpg

f0070493_1413731.jpg

中学、高校とよく通っていた天文館にあるこのお店。大阪王将のチェーンなのか独自のお店なのかいまいち出所はよく分かりませんが… 学生のころ、このお店の、天津飯、八宝菜、鳥のから揚げが大好物でした。さっそくの懐かしの天津飯をオーダー

味は、決してまずくはないけど、おぉぉぉという感動もなし。あれ、こんな味だったけ。味覚が歳をとって少しはこなれたせいなのか分かりませんが、B級の上といった感じでした。

◆立ち喰い手打ちそば「あずまの」
f0070493_14132354.jpg

以前、ブログでも紹介したこの伊集院町の国道3号線沿いにある峠の立ち食い蕎麦屋さん。山芋でつないだという麺も"きちきち"していて美味しいのですが、ちょっと甘めのつゆが最高に美味しいです。これを食べないと実家に帰った気がしない私の帰省マスト食です。

今回は新しい家族も増え、とても楽しい帰省になりました。十分英気を養ったので、2008年もますます頑張っていこうと思います。本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by sue0706 | 2008-01-07 14:14 | 食べ歩き日記