<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
いつの日か挑戦するぞ!自然栽培!!
土曜日は、いつもはアグリ部として畑に行くのですが、今週末は楽しみにしていた「ナチュラル・ハーモニー」のセミナーに横浜に行って来ました。「医者にも薬にも頼らない生き方」という3回シリーズの一つで、特にかねて勉強したかった自然栽培の考え方、栽培方法のセミナーです。

今、sueファムで実験しているのは、無農薬、無化学肥料のいわゆる有機栽培(厳密には私が借りる2年前は農薬を使っていたと思われるので、厳密には有機栽培とはいえませんが…)なのですが、この自然栽培では、無農薬は当然ながら、肥料すら入れないで栽培する栽培方法なのです。無肥料で野菜が栽培できるなんて、近代農業の概念(野菜に必要なのはチッソ、リン酸、カリウムの3大栄養素+ミネラルなどの微量要素)を真っ向から否定するような栽培方法なのですが、実際にその栽培方法は確実に存在しますし、私がもっとも重視する食味がとにかくウ・マ・イ!のです。この辺は個人的感覚なので何とも言えませんが、永田農法(肥料は徹底的にきっていますが、化学肥料で育てる農法)と同じくらいおいしかったです。あえて言葉で表現するなら、永田農法は、味がぎゅっと詰まったおいしさ、有機栽培(生産者によって味はピンキリですが)は甘みの強いおいしさ、自然栽培は、有機ほど甘みはないけど野菜本来のシンプルな美味しさといった感じです。

私が、食べ歩いた自然食系のレストランで、一番おいしい!と感じた「アンゴロ」の野菜も自然栽培のものでした。

自然栽培の第一人者である、千葉の高橋さん(成田で自然栽培を30年以上続けている方)によると、土壌分析しても通常ニンジンを栽培するのに必要な栄養素(一般に1平米当たりチッソ14.4g、リン酸20.2g、カリウム15.6gが必要とされています)の1/10程度の養分しかないそうなのですが、無肥料で土の力だけで立派なニンジンができるそうです。種はさすがに肥料食いのF1品種ではなく、自家採取らしいですが… うーん、これは一度土壌サンプルをいただいて土壌分析を行なってみたいものです。

栽培技術的には、
土壌環境:肥毒層を取り除く
タネ:自家採取

肥毒層とは、彼らのジャーゴンで、化学肥料や石灰、農薬を使い続けることで、土中30cm近辺にできる層のことで、地温を測ると、ちょうどこの10cmぐらい(今までの肥料、農薬の施肥量によって変わるそうです)の層だけ、上層、下層よりも地温が低いそうです。

一般には、作土層(地上から30cmぐらいの層)と心土層の間にある耕盤(硬い層)のことでは?と思うのですが、まだ不明です。

この肥毒層をプラウやサブソイラーなどの機械を使って破壊し、さらにこの層が復活しないように、イネ科やマメ科の野菜を植えて、根で耕すそうです。今までに施肥した肥料・農薬の量にもよりますが、この肥毒層を取り去るのに5,6年かかるそうです。

ここからが、ちょっとカルトっぽいのですが、肥毒層を取り去ることによって、大地のエネルギー(+月、+太陽)を直接植物が取り込むことができ無肥料でも立派な野菜ができるそうです。自然栽培でできた野菜は、野菜をそのままおいても腐ることなく、そのまま発酵していくそうです。

ナチュラル・ハーモニーの代表で、今回の講演者でもあった河名さんも、この地球、月、太陽のエネルギーの作用によって植物が育っているという仮説を立てていましたが、個人的には、ジュールでもカロリーでもなく、測れない単位で安易にエネルギーという言葉を使うことにやはり抵抗を感じるので、何年かかってもいいので、無肥料で野菜が栽培できる根拠をあくまでも科学的に解明していきたく思いました。うーん、土作りに5,6年かかるのであれば、本当に1年でも早く田舎暮らしがしたくなりました…

とそんな自然栽培でできた野菜で作ったランチを会場併設のレストラン「ナチュラル and ハーモニック プランツ」をいただきました。
f0070493_21521484.jpg

前菜の新タマネギは、上にのっているのは、ニンジンの葉でした。嫌な苦味もなくとてもおいしかったです。
f0070493_21523354.jpg

大根ステーキとキンピラゴボウなど、何を食べても最高においしかったです。
f0070493_21525995.jpg


セミナーの帰りに、ショップの方で、私の大好きな「ふくふく(納豆)」が置いてあったので、2本大人買いしてしまいました。300gで1本1000円とおよそ納豆の値段にしては、かなり高めなのですが、一度これを食べるとなかなか3パック100円の納豆に戻れません。天然の納豆菌を使って、無農薬栽培の稲わらを使ったこだわりの納豆です。
f0070493_21533242.jpg

f0070493_21534565.jpg


日付変わって日曜は、朝の6時から涼しいうちにsueファムに畑の様子を見に行ってきました。

今週の栽培記録:

●タマネギ
f0070493_2154814.jpg

今週から、収穫ラッシュが始まりました。いつも主菜の脇役っぽいイメージのタマネギですが、主役のおかずとしていただけるようなレシピを考えてみます。

●葉モノ野菜
f0070493_2154232.jpg

f0070493_21543920.jpg

小松菜、チンゲン菜、ルッコラ遅まきながら間引きを行ないました。間引き菜を畑でつまみましたが、みずみずしくて最高においしかったです。

はつか大根もぼちぼちとれ始めました。
f0070493_21545831.jpg

これもまた生でかじってみました。程よい苦味で何ともいえずおいしかったです。
f0070493_21551450.jpg

水菜も順調に生長しています。

●カボチャ、スイカ
f0070493_2155343.jpg

やっと蔓がネットに届き始めました!さぁもっともっと生長して、空中でぶら下がるのが楽しみです!

●ゴーヤ
f0070493_21554794.jpg

ゴーヤも蔓がネットに巻き始めました!

●トウモロコシ
f0070493_21561100.jpg

1週間でびっくりするぐらい大きくなります。病気、虫、今のところ大丈夫です。←去年も雄花が咲くまでは全然問題なかったので、まだまだ安心はできませんが…

●サトイモ
f0070493_21562017.jpg

まだまばらではありますが、何とか全部芽が地上に出てきました。

●トマト
f0070493_21563642.jpg

ミニトマトに待望の実がつき始めました!!
f0070493_21565349.jpg

3週間遅れで時間差で定植したので、奥のほうはまだまだ小さいですが、今のところ順調です。手前の茎の太さがちょうど1cmぐらいなので、これ以上茎が太くならないように限界まで、肥料+水分をきって栽培を続けてみようと思います。枯れるのが唯一心配ですが…

今日は、スナップエンドウも撤収しました。来週からまたこの畝にモミガラとカルス菌を入れて土作りです。この畝は、1ヵ月半後にニンジンを栽培する予定です。

すっかりsueファムも夏仕様になってきました。暑さと病気と虫と雑草とりにあけくれる日々が続きますが、かわいい野菜ができるように頑張るのみ!です。
[PR]
by sue0706 | 2007-05-27 21:57 | 美味しい野菜が作りたい
雨男関西に立つ
今週末は、またまた大阪に出張でした。需要予測という難しいテーマですが、とてもやりがいのあるコンサルなので楽しく取り組ませていただいております。1日目の仕事を無事終え、前の職場で同僚だったメンバーでプチ同窓会を行ないました。新しい仕事でもアツク頑張っている人、更なるステップアップを目指して資格に取り組んだり、働きながら大学院に通っていたりと貪欲な好奇心に感心しました。昔の仲間からいい刺激をもらいました。普段アルコールを飲まない私ですが、夜中の1時近くまでめずらしく楽しいお酒をいただきました。
f0070493_2535549.jpg

→好きだなぁ。こういうネーミングセンス。
f0070493_2545162.jpg

>チーム関西の皆さん!ありがとう!また同窓会やろう!

夜は、今何かと話題のAPAホテルに泊まりました。電車の中吊りでよく見る「私が社長よ!」の下品な広告でかなり偏見があったのですが、サービスはとても良かったです。そして、何よりもびっくりしたのが、あの珍獣(おっと失礼!)を飼いならしている!?ご主人(一応グループの会長らしいです)の雑誌"Apple Town"!(ちなみに客室には嫁さんの「幸せ開運術!」もありましたが、華麗にスルー…)
f0070493_2553086.jpg

Apple Town巻頭特集 "中国に対して日本はもっとはっきり主張すべきだ"

えっっ!会長って実は保守派???
思想が近かったため一気に会長に親近感が沸いてきた単純な私…


と、嫁さんの成金趣味に閉口しつつも、アパホテルにはすっかり満足しました!

2日目の仕事終えてから、大阪から神戸に出向き、仕事仲間のFさんにムリをいって神戸の街を案内してもらいました。

昨日までの晴天が嘘のように、どしゃ降り+よこなぐりの雨でズボンのパンツまでびしょ濡れになりながらいろいろとつきあってもらいました。

メリケンパークというおしゃれなイメージのある神戸とはほど遠いネーミングの港が見える公園へ。

施設の中に、震災のメモリアルパークもありました。
f0070493_2555623.jpg

→一部、震災当時のまま保存していました。
自然のこととはいえ、あまりにも尊い同胞の犠牲に胸が痛みました。神戸の方であれば、十人いれば十通りの想いがあるでしょうが、犠牲になった方だけでなくその遺族の方も含めて心に安らぎが訪れますように… 合掌。


続いて、同敷地内の海洋博物館にも足を運びました。港の歴史が詳しく展示されており、とても勉強になりました。なぜ数ある港の中でも、天然の良港と呼ばれたのか、などなどやはり現地にいってこの目で地形を見、肌で感じることで頭の中のイメージがとてもクリアになります。あー、やはり街道巡り大好きです。

そして、最後に近代日本の黎明期に作られた海軍操練所跡地見学!幕府方の人間でありながら、藩や幕府とかの枠を超えて、日本というスケールで物事を見ることのできた一人、勝海舟が幕末に築いた海軍養成学校です(勝海舟についてはいろいろと評価が分かれますが、私は時代の必然で生まれた大人物の一人だと思います)。坂本竜馬や陸奥宗光など志の高い早々たる若いメンバーが全国から集まって(200人近くいたらしいです)日本の国防を担おうとしていました。

ところが、海岸通りのNTTビルの周りをどしゃ降りの中、探すもモニュメント見つからず… ビルのお父さんに聞いて、だいたいの場所は分かったのですが、あまりの雨の激しさに今回は残念ながら撤収しました… 無念。次回、晴れた日に写真をとってきます!

ズボンとパンツが微妙に乾ききっていない中、Fさんが宣伝部長を務めるイタリア料理+ワインのお店"トラットリア バンブー"でご馳走をいただきました。お店の雰囲気も、サービスも、料理も洗練されていながら、気取りがない温かい感じで評判どおりのお店でした。神戸の三ノ宮に行く機会がある方はぜひバンブーへ足を運んでみてください!
f0070493_2565213.jpg

前菜の盛り合わせ
f0070493_257534.jpg

メインは、魚(カマス)にしました。とてもおいしかったのですが、おっさんには結構なボリュームで、食べ残してしまい申し訳なかったです。

楽しいツアーながらも、激しい雨に疑問が一つ… Fさんと私、どっちが雨人間なのか??羽田空港に着いたらまたまた東京まで雨が降ってきたので、雨に愛されているのは私のほうだったみたいです。そんな愛いらん…

忙しい中、いろいろと案内していただきFさん、本当にありがとうございました!!
[PR]
by sue0706 | 2007-05-26 02:57 | 食べ歩き日記
タマネギの生かじりを初体験!!
今のご時世、やらなければいけないことがてんこ盛りなのは非常にありがたいのですが、ここ1,2年悲しいくらい気合に体力がついてこないという中年おやじの現実と向き合っております。

そんな不良中年唯一の息抜き、sueファムに今週も行って来ました。

今週のアグリ部栽培記録

●サツマイモ
f0070493_23535992.jpg

遅ればせながら実家から安納(サツマイモの品種)の苗が送られてきました。今までいろいろなサツマイモを食べてきましたが、この安納芋は別格においしかったので、今年sueファムで挑戦することにしました。sueファムの強粘土の土質に一番向かない作物ですので、あまり自信がないのですが、やるだけやってみます。

●トマト
f0070493_23543381.jpg

f0070493_2355298.jpg

麗夏(サカタのタネの中玉トマト)が10本届いたので、残りの畝に定植しました。これで、今回のトマトハウスに全部苗が揃いました。先週入れたおもちゃ「かん水チューブ」も今のところ2日に1回のペースで多すぎず、少なすぎずで2.0~2.2pf値でおさまっています。ただ、このマシン、野菜塾の三ツ口さんによると、チューブがが目詰まりしやすいとのことだったので、メンテナンスに少々手間がかかりそうです。

●トウモロコシ
f0070493_2356755.jpg

先週の強風で、一部倒れ掛かった株もあったのですが、sueファム唯一の強み粘土質の土壌で土手を補強しておきました。だいぶ大きくなったので、今回間引きを行い1本立ちにしました。

●葉モノコーナー
f0070493_2356447.jpg

f0070493_2357752.jpg

f0070493_23573097.jpg

すっかり出揃いました。タネを播種した翌週は、どれがどの野菜がわからない状態だったのですが、ここまで育つと、チンゲン菜、小松菜、ルッコラ、二十日大根、サニーレタス、水菜全部識別できるようになりました。間引き菜を収穫して帰る予定でしたが、忘れてしまいました… パセリもいい感じに育ってきました。夏野菜といえば、どうしても目立つ、トマトやナスなどの果菜類が主役になりがちなのですが、私は葉モノ野菜が大好物なので、1年中葉モノがきれることがないように作付け計画を立てています。

●タマネギ
f0070493_23575414.jpg

11月から長い間畑を占拠していたタマネギを少し抜いてみました。本来は、地上部の葉っぱが6,7割倒れてから収穫するので、少し早いかなという気もしましたが、4本ほど抜いてみました。前回のスナップエンドウ同様、ギリギリまで肥料を切っている(自作ボカシ肥料+とうもろこしの有機液肥のみ)ので、そんなに大玉ではないのですが、形のいいおいしい新タマネギができました。抜き方を失敗して割れた湘南レッドを生でかじってみると キタ━━━(≧▽≦)━━━!!!!! 甘みがあってウマいです!! 水にさらさなくても生でいける瑞々しい新タマネギでした。手間隙かかった分、本当に野菜がかわいくて仕方がありません。←結局は口に入れてしまうのですが…


今週は、農作業を愛する大人のクラブ活動「アグリ部」に2人目の女性部員が入部(ほぼ強制!?)してくれました。1人でsueファムが所属するファミリー農園にエントリーしてきたとのことで、最初、緑系の活動家さん?かと要らぬ心配をしましたが、少し話をするとマイペースながらとてもしっかりした娘さんで感心することしきりでした。若い女性が農業に興味を持ってくれて、1次産業従事者でもないのに勝手にうれしくなりました。これからお互い畑仲間として楽しくお付き合いしていきたく思いました。


畑作業終了後、その足で大阪へと移動しました。畑で張り切りすぎたせいか、情けないことに足首を軽く捻挫してしまい、つらい移動となりました。

今週のエイジング歳時記…
1.あの程度の作業量で、軽く足首を捻挫してしまう36歳
2.スーパーのレジで、私の人生でこれまで、そしてこれからも一生接点がないであろうコギャル風の店員にまるでばっちいものにでも触るかのごとくおつりを渡されたこと。←お前なんかこっちもOUT OF 眼中だ!と思いつつも軽く凹む36歳
3.大阪出張の帰り、特にお腹がすいているというわけでもないのですが、ついつい空き時間があると駅弁を買いたくなる36歳
f0070493_23582922.jpg

ちくわの燻製とサバの棒寿しを買ってしまいました… ←このセレクションがすでにおやじ

と知らず知らず、行動パターンがオヤジ化している今日この頃ですが、これからも独立自尊なとんがったオヤジを目指して日々精進?していこうと思います。
[PR]
by sue0706 | 2007-05-22 00:05 | 美味しい野菜が作りたい
sueファム強風に勝てず…
今週は、とにかく何で?というぐらい風の強い日が続きました。週末に定植しようと思ってベランダに準備していたキュウリの苗もポットごとひっくり返っていたので嫌な予感はしていたのですが、土曜に30代大人な社交場sueファムに到着すると無残に苗が倒れまくっていました…
f0070493_19104430.jpg

トマトのマルチも破れ、苗も根元からポキッと折れていました… 
f0070493_1911872.jpg

その他には、ゴーヤ、スイカ、トウモロコシがやられました。まだ苗として幼稚な時期なので、肥料袋の簡易ポットで防風と防寒対策をしていたのですが、暦どおり連休明けにはずしてしまったせいで、もろに今週の強風を受けてしまいました。にしても自然には勝てずです。不幸中の幸いは、サカタのタネから送られてくる予定の苗(トマト、サツマイモ)の発送が遅れていたので、少し助かりました。

それでは、今週のちょっと凹んだ栽培記録です。

●トマト

トマトは、強風で根元が折れたのもあるのですが、それに加えて深刻な問題が水分管理です。小さい家庭菜園のsueファムでは、電源と水道の確保ができないため、自動のかん水設備が入れることができないので、現状単独のpFメータ(土壌水分を測る機械)しか入れていません。pfメータが独立して、なおかつ週末しか畑に通えないので、仮にトマトにとっての危険乾燥水域(pfメータが2.7近くいった場合:数値が高いほど乾燥状態です。糖度の高いトマトを栽培する場合、一般に2.2から2.5の値で水分コントロールします)に入っていても水を補給することができないという難しいコンディションなのです。自分の家の前で栽培するのがどれだけ理想系かということです。本当にはやく田舎に引越ししたくなりました。

そこで!←ちょっとジャパネットっぽのですが…

電源なし、水道管なしでも自動かん水できる大人のおもちゃをゲット!その名も「かん水太郎1号(本当はNationalの「自動水やりタイマー」といいます)」。
f0070493_191356.jpg

f0070493_19133495.jpg

あらかじめタンク(総容量18Lまで)に水(私はEM活性液の1000倍希釈水)を入れておいて、タイマーで、時間と水の量を設定しチューブでかん水するというおもちゃになります。あくまでも機械手動で水を与えていくというおもちゃなので、pfメータと連動して、pfの数値が2.5になったから○○mLの水を与えるといった高度なことはできないのですが、週一しか通えない私にはありがたいツールかも?です。2日に1回で設定しておいたので、週末どんな乾燥状態になっているのかちょっと楽しみです。

この高糖度トマトの栽培は、急激な水分調整ではなく、たえずあるレンジの乾燥状態を保つように一定の水分テンションをかけていかないといけないので、週一の家庭菜園で実現するにはかなり難しいなといのうを改めて実感しております(逆にいうとある程度の規模と機械を導入できるハウス栽培であれば何とかいけそうな感じが頭の中であります)

おいしいトマトができるか、枯れるかのかなりリスキーな栽培方法ですが、まだまだ試行錯誤の連続です。私が去年お世話になったマクロビオティックの世界ではとにかく嫌われもののトマト君ですがこの栽培方法の難しさがまたまた私のオタク心を刺激するのでなかなかやめられません(トマトなどのナス科の野菜は陰性の野菜(彼らによるジャーゴン)で体を冷やしたり、ゆるめたりするのでマクロビオティックのレシピではほとんど出てこない食材です。この辺のある食物を陰性や陽性に分けて食事のガイドバランスを考える食養は、一つの意見としては興味深いのですが、私が納得いく科学的根拠は今の今までリサーチオタクの私が調べても出てきていません。玄米と野菜の料理は本当においしいのですが、このカルトっぽいところが私がマクロビティックと微妙に距離をとっている理由です。これだけいっておいて何ですが野菜と玄米の料理は本当においしいですよ)。

●スナップエンドウ
f0070493_19142166.jpg

f0070493_19144445.jpg

先週から引き続いて収穫祭が続いています。冬の土壌改良したい時期に長い間、畑を占拠するので今年の冬また作るかまだ未定ですが、味は本当においしかったです。

前回サラダにしたので、今回は、アンチョビ(フィレタイプ)とにんにくとオリーブオイルでイタリアン?っぽくしてみました。
f0070493_19151689.jpg

でも主食はとなりの玄米イナリです。お店で買うとどうしても味が濃く甘すぎるので、時間があるとき、油揚げを買ってきて、出し(昆布と椎茸のみ)、お酒、醤油、甘みと艶だしに米あめを入れて煮込むだけのシンプルなイナリです。具は、玄米に五穀米をブレンドしました。

その他の今週の一品料理です。

春にんじんとウドのしゃきしゃきサラダ
f0070493_1915392.jpg

実家からおいしそうな春ニンジンが送られてきたので、ウドと一緒に中華っぽいサラダにしました。ニンジンとウドを軽く湯がいて、にんにくとネギと新タマネギをみじん切りにしたものに熱々のごま油をかけ、野菜と混ぜただけの手抜き料理ですが、結構おいしくいただけました(味付けは塩とお醤油だけです)

sueファムで2007年も栽培することになった空心菜の炒め物です。
f0070493_1916976.jpg

去年も切っても切っても出てきたので、今年もおいしい空心菜が食べれるように頑張ります!炒め物以外のレシピも考えておこう…

●葉モノコーナー
f0070493_19163639.jpg

f0070493_19165990.jpg

先週播種した葉モノコーナー(小松菜、チンゲン菜、ルッコラ、はつか大根、サニーレタス、水菜)ですが、全部順調に発芽していました。さ来週ぐらいから間引き菜がいただけますように!

●トウモロコシ
f0070493_19172781.jpg

生育は順調なのですが、強風のおかげで、何本か倒れています… うーん、残念です。

●サトイモ
f0070493_19175413.jpg

ちょうど2週間目ですが、ちらほらと芽が出てきました!!

●スイカ
f0070493_19182172.jpg

風でぽっきり折れてしまったため、トマト園芸さんで苗を買ってきて植えなおししました。今度は無事盛り返しますように!


今週は、ハウスや折れた苗を含めて、補修作業に追われ、仕事量のわりにはけっこう疲れたアグリ部でした。来週は、実家から安納(鹿児島のとてもおいしいサツマイモ)芋の苗が届くので、植え付けを行なう予定です。
[PR]
by sue0706 | 2007-05-13 19:18 | 美味しい野菜が作りたい
連休最後の野菜通信
先週ブログで、目がピクピクすることを書いたら、いろいろな方から心配していただきました。この場を借りてお礼申し上げます。おかげさまで…というほど症状は緩和していませんが、少し落ち着いたらゆっくり休養をとろうと思います。というわけで、やることてんこ盛りで、GWともまったく無縁な生活を送っているのですが、頭の中が煮詰まったので、ちょっと生き抜き兼水遣りにsueファムに行って来ました(その時間があれば睡眠をとれ!というツッコミは勘弁してください。これぐらいしか息抜きがないので…)


今週の栽培記録
●スナップエンドウ
f0070493_2356521.jpg

おかげさまで先週から収穫シーズンに入りました。昨年の11月から長いことかかりましたが、色、艶ともにとても満足のいくスナップエンドウが出来ました。今週の収穫です。
f0070493_23563623.jpg

(Non Smokerですが、大きさ比較にタバコをおいてみました)

すじをとって軽くゆがいて、ルッコラ、水菜などと一緒に季節のサラダにしてみました。あまりものの玄米フレークにゴマペーストドレッシングでいただきました。う・ま・い!です。
f0070493_2357519.jpg

にんにく、しょうがを入れて、オイスターソースで味付けし中華風でもおいしくいただきました。素食を心がけつつも玄米がすすみすぎて2杯食べてしまいました… 自分で作った野菜でごはんが食べる。小さいことなのですが幸せを感じます。あー、早く田舎暮らしがしたい!です。
f0070493_23573253.jpg


●トウモロコシ
f0070493_2358439.jpg

先週に比べて概ね順調に大きく育っていましたが、一株だけ、葉巻虫?(葉を丸めて食べる幼虫でした)がいました。やはり夏ですね。肥料は極力与えていないのですが、農業の神様から「そんなに夏野菜の無農薬は甘くないよ!」といわんばかりにジャブをくらいました。無宗教の俗物星人の私ですが、壁が高いほど燃える男なので、またまたアツク・謙虚に挑戦の日々がスタートです。

●トマト
f0070493_23594875.jpg

f0070493_004168.jpg

オタクキット水分計の数値は2.5pFいっていました。温度計はマルチの中で30度ありました。肥料は入れませんでしたが、2.0台になるようにEM活性液で少しかん水しておきました。生育は今のところ順調です。残り苗8本を定植予定です。
f0070493_02053.jpg

畝間にコンパニオンプランツで育てているバジルは何とか活着したのですが、ニラの方は息絶え絶えです… ニラは本来強いはずなのですが、定植する時に根をバリバリ削りすぎたかな… 頑張れ二ラッチ!

●カボチャ&スイカ
f0070493_022982.jpg

f0070493_03499.jpg

ウリ科コンビは生育順調です。まだビニールハウスに這わすほど蔓は延びていませんが、空中でカボチャやスイカが収穫できますように!

●ゴーヤ
写真撮り忘れました… 少し葉っぱが黄色くなっており、元気がないです。チッソ不足の感もありますが、あえて今週は肥料を与えず1週間様子を見てみます。

●葉モノ野菜の播種
f0070493_04268.jpg

(写真はいつも手伝ってくれる青森の手先起用大臣・葛西君)一番端のゴーヤとキュウリ用のハウスが半分スペースが空いているので、大好きな葉モノの野菜を播種しました。サニーレタスなどこの時期どうかな?とも思ったのですが、
チンゲン菜、小松菜、ルッコラ、サニーレタス、空心菜(エンサイ)、はつか大根、水菜、つるありインゲンを種まきしました。無事芽が出ますように!

だいぶ日差しが強くなってきたので、そろそろ朝一番にいこうかなと思う今週のアグリ部でした。さて、たっぷり遊んだので仕事をせねば…
[PR]
by sue0706 | 2007-05-05 23:58 | 美味しい野菜が作りたい