<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
雨のアグリ部:サトイモの定植
今日からGWが始まりました。どうも仕事が立て込んでいて慢性的な肉体疲労がなかなかとれない今日この頃です。人より睡眠時間少なくてもわりとタフな方だったのですが、どうもここ1,2ヶ月左目の下が痙攣することが多くて困っています。

昔は、マルチビタミンからCoQ10までサプリ兄さんだったのですが、玄米と野菜中心の食生活に変えてから、こういう補助食品はまったくとらなくなりました。しかし、あまりにも目がピクピクするので、かなり付け焼刃ですが、深夜の大人憩い場「ドンキホーテ」でブルーベリーのサプリをゲット!
f0070493_0582696.jpg

服用3日目ですが、目のピクピクにはあまり効果なしです。まぁ睡眠とパソコンを触る時間を少し減らせればいいのですが…

後、ドンキで見つけた、B級電波芸者みのもんたの「SOY JOY」をゲット。
f0070493_0591766.jpg

お友達のMTLさんからご紹介いただいていたSOYJOYがばら売りしていたので、思わず買ってしまいました。コーヒーと一緒じゃないのと歯につまりそうでしたが、小腹がすいた時にはよさげでした。


と、目のピクピクにまいりながらもGWの初日、仕事バカ唯一の息抜きsueファムにサトイモとゴーヤ(アバシ)を定植にいってきました。

まずは、今週の栽培記録です。
●スナップエンドウ
f0070493_10381.jpg

キタ━━━(≧▽≦)━━━!!!!! お持たせしました!やっと念願の実が付きました!!チッソ肥料を限界まで切ってあるので、色もうすい緑色で味もおいしそうです!頭の中でスナップエンドウのレシピのイメージトレーニングをするも、突然の雷雨で収穫できなかったのでまた次回に収穫してきます。無念…

●トウモロコシ
f0070493_103057.jpg

こちらも播種からちょうど14日目です。無事発芽しております。1株だけ発芽していないので次回もう一度種まきしてみます。

今日の作業記録
●バジルの定植
f0070493_105313.jpg

トマトのコンパニオンプランツとして、先週ニラを植えたのですが、活着がかなり微妙な状態でした。何とか持ちこたえてほしいものですが… 今日はその今ひとつ元気のないニラの株間にスイートバジルを定植してきました。泥が結構かかるので、次回ワラを敷く予定。

●サトイモの定植
f0070493_112194.jpg

昨年から、サトイモのあまりのおいしさにすっかりはまってしまい、今年も作ってみることにしました。去年は石川早生とセレベスでしたが、今年は料亭でもよく出る「大野イモ」という贅沢なサトイモに挑戦です。収穫(11月)まで長丁場ですが、あの食感を味わうためにも頑張って手入れしていこう。

今日は、後ゴーヤを定植しようと思っていたのですが、前述した2時半過ぎに突然の雷雨と暴風で圃場に入れない状態になりました。
f0070493_114599.jpg

うーん、作業途中なのに… タッチ(農園にいつも散歩にくるとてもかわいいビーグル)とも遊んでいないのですが、天候には勝てず!です。また月曜あたりに時間作って残りの仕掛り作業を行なってきます。
[PR]
by sue0706 | 2007-04-29 01:01 | 美味しい野菜が作りたい
4月晴れ間のアグリ部・大人の千本ノック編
4月は本当に変な天気の連続で、なかなか晴天が続かなかったのですが、土曜日は久しぶりにいい天気だったので、30代大人の社交場・sueファムに行ってまいりました。20度を越す中、色白虚弱体質の私は、エビちゃんの日焼け止めクリームを全顔・両腕に塗って故・鈴木その子女史風に出陣です。

まずは、栽培経過
●トウモロコシ
先週の播種から1週間たちました。
f0070493_1755866.jpg

だいぶ寒い日が続き、ちょっと心配しておりましたが、少しずつ芽を出し始めております。

●スナップエンドウ
だいぶ生育が良くなってきました。病気知らずで、葉の色もいい感じです。
f0070493_1755348.jpg

後は、無事が実が付いて、味がおいしければ言うことなしです。収穫までもう少し。頑張れ。エンドウ君!


今日の部活動
今年の夏もいろいろな野菜を作りますが、2007年の課題は、「連作障害の実験」「糖度の高いトマト」と「粘土質でのサツモイモ」栽培という難しいテーマに挑戦してみます。

連作障害とは、同じ野菜(同じ科も含む)を続けて栽培することによって生育不良を引き起こす状態をいいます。原因はいろいろ考えられていますが、大きくは同じ科を作り続けることによって土壌中の病原菌・センチュウの密度が高くなったり、土壌の肥料成分がアンバランスになることによる生理障害が考えられています。野菜の種類によって連作しても大丈夫な野菜(トウモロコシなどイネ科の野菜やサツマイモなど)と連作を嫌う野菜があります。特に連作が難しいのがナス科の野菜です。今回は、嫌気性の微生物資材を投入することによって、どこまで連作に耐えられるかトマトで実験です(本来トマトは、一度作付けしたら、4.5年は同じ場所で栽培しないほうがいい野菜です)。

と、ただでさえ条件が厳しいトマトの連作に加えて、今年は高糖度トマトの実験をします。トマトは、原産地のアンデス地方(標高3,000M)のように雨が少なく、強い日照と昼夜の温度差(気温の垂直変化)が必要になります。考えれば考えるほど、梅雨がある日本では、本来露地での栽培に不向きです。そこで、少しでも原産地と同じ環境に近づけるため、
1.なるべく乾燥した状態を作る
2.過肥料(特にチッソ分)を避ける
が2大テーマになります。1については、狭い家庭菜園の露地栽培になるので、ビニールの雨よけシートで上空からの水分補給を制限します。またトマトは直根が想像以上に深く伸びるので、遮根シートいう不織布でできた植木ポットのようなものに根を格納して、地下部からも地下水を吸わせないようにします。ハウスでは、一面にシートを地中に埋めるのですが、狭いsueファムでは、擬似的に植木鉢用のポットを地中に入れました。
f0070493_17563820.jpg

↑これが思った以上に難儀な仕事で、ユンボもないので完全に手作業です。アグリ部の葛西君、蟹A男さん、蟹A女さんのヘルプをいただきながら、何とか土中にポットを植え込むことが出来ました。>みなさん、ありがとうございました!

水分管理は、またまた大人のおもちゃ「pFメータ」で行ないます。
f0070493_1757338.jpg

pFとは、土の中の水が土壌の毛管力によって引きつけられている強さの程度を表します。十分に水分がある場合、pF値は低く(=根が水を吸いやすい状態)で、土が乾燥するとpF値は高くなります(=水を吸い上げるには強い力が必要になります)。一般に、トマト栽培では、生育前期で2.0~2.5(pF値)、生育後期で1.8~2.3で栽培しますが、今回は、水分を2.2~2.5のレンジで栽培しようと思います。1週間に1度しか圃場に行けないので、完全に水分コントロールすることは難しいのですが、やがて理論がうまくいったら、pFメータとかん水チューブを機械で完全に管理して、水をコントロールしてみたいです。ただ、2.7オーバーして乾燥しすぎると生育障害が出て、トマトの場合その後、水分補給しても復活しないそうなので、かなり綱渡り栽培ですが、食べるのが目的ではなく、知的に興奮するので実験敢行です!また強い水分ストレスでカルシウム不足による尻腐れ病が出ないように要注意です。高糖度トマト栽培の難しさは、この辺の尻腐れ病を出さずにいかに水分ストレスをかけれるかにあるようです。

肥料も自作のボカシ肥料を必要最低限しか与えません。肥料管理は、RQフレックスという機械で、適宜栄養診断しながら、必要最低限の肥料を液肥で追肥してコントロールしていく予定です。
f0070493_17572216.gif

まだ、実験定植用の苗(麗夏(れいか):サカタのタネ)が届いていないので、今日は、シンディスイートというミニと中玉の中間くらいの品種を4苗定植しました。
f0070493_17581571.jpg

こちらも甘くて適度に酸味のあるおいしいトマトになりますように!

●その他の栽培
途中から、野菜塾で同級生だった西村さんも農園に遊びにきて、畝作りも手伝っていただきました。>西村さん、ありがとうございました!
f0070493_17585979.jpg

残りのハウスに先週からの仕掛りのネットをはり、今日はカボチャ(6本)とスイカ(6本)を定植しました。
f0070493_17592944.jpg

f0070493_17595727.jpg

カボチャ、スイカともに無事生長して、ハウスをつたって、空中からぶら下がることができればいいのですが… 楽しみです。

5月上旬ぐらいまで、約2週間ぐらい外気温にびっくりしないように、ちょっと過保護のきらいもありますが、去年お世話になった秀じいの堆肥袋をホットキャップがわりにかぶせました。
f0070493_1803376.jpg

朝から畑にいたのですが、すっかり日が落ちかけてきました。最後に、トマトの畝の周りに、コンパニオンプランツとして、ニラを定植しました。
f0070493_181614.jpg

病害虫対策だけでなく、食べてもおいしいニラが無事育ちますように!ニラの株間に今度、バジルを定植予定です。ニラとバジルで病害虫の予防の効果はいかに!?(ちなみに昨年はバジルだけでした。)

すっかり夜の7時を回ってしまい、さすがに肉体がしびれました。レストルームで、最後まで付き合ってくれた葛西君、蟹A男さんとお茶しながら、ふと高校時代の部活動を思い出しました。心地よい汗です… 

日付変わって、日曜日です。高校時代と唯一違ったのは、すさまじく腰と肩が筋肉痛です… 楽しくも肉体年齢のおっさん化を感じた今週のアグリ部でした。
[PR]
by sue0706 | 2007-04-22 18:01 | 美味しい野菜が作りたい
夏の観光農園?開園間近!!
昨日の大阪出張の疲れも微妙に残りつつも、今日はsueファムにトウモロコシと夏野菜用のビニールハウスを設置に畑出勤です。

まずは、sueファムの栽培日記。
●タマネギ
f0070493_22102576.jpg

f0070493_2211443.jpg

嫌気性の微生物で発酵させたボカシ肥を全層施肥した、かなり窒素を切ったタマネギです。葉の色は、淡い緑色で形状は少し小ぶりですが、結構味はよいタマネギができそうです。

●スナップエンドウ
f0070493_22112824.jpg

f0070493_22115512.jpg

これも他の皆さんと比べると、生育は今ひとつなのですが、窒素分が少ないせいか、アブラムシ等の被害は今のところ皆無です。窒素の限界点を探しているので、かれない程度に少ない肥料で実をつけるようにもうひと頑張り実験してみます。あまりに生長が遅い場合、濃い目の液肥で追肥してみます。


そして、今週の目玉は、夏野菜用のビニールハウス、計3棟の設置です。先週から、農園仲間のalohaさんにお手伝いいただきながら、骨組みは作っていたのですが、今日は残りの作業です。作業内容は、
1.スチールパイプを増設して骨組みの補強
2.トマト用の雨よけハウスにビニールをかぶせ、らせん状の杭と支柱ペグでさらに風対策
3.カボチャ、スイカ、ゴーヤ用に(雨よけのビニールはなし)ビニールではなく、ネットがけ
です。

トマトは、去年の体験からもとにかく雨に弱いので(原産地の環境を思えば理にかなっていますが)、今年も少し大きめのビニールで雨よけテントを作成しました。
f0070493_22123645.jpg

f0070493_2213113.jpg


カボチャ、スイカ、ゴーヤは、去年放任栽培していたら、蔓が伸びすぎて整枝に困ったので、今回は発想を変えて、せまいsueファムでより効率的に栽培できるようにハウスを使って立体的に栽培してみることにしました。
f0070493_22135296.gif

↑こんなイメージです。外の畝は、内側に入れて、ハウスの中を天井からカボチャやゴーヤがブラ下がって収穫するイメージです。無事受粉して空中からカボチャがとれるといいのですが… 肩幅80cmぐらいの畝を2つハウスの内側に作り、間の50cmぐらいを歩いて移動できる通路を作ります。なんか地方にあるチープな体験型の観光農園みたいになってきましたw
f0070493_22145432.jpg

f0070493_2215257.jpg

トマトの雨よけを1つとカボチャ、ゴーヤ、キュウリ用に2つ作る予定だったのですが、最後の1つは時間切れでネットをかぶせることができなかったので、来週に持越しです。今回は、手先の器用さ天下一品の葛西君と祝・野菜塾卒業の蟹A男さんのスーパーヘルプをいただきながら、何とかハウスが形になってきました。松澤さん、達人、いろいろとお手伝いいただきありがとうございました!おにぎりもおいしかったです!

そして、昨年、アワノメイガにやられたトウモロコシを今年リベンジです。今年は、病害虫にも強いというサカタのタネの「ゴールドラッシュ」を播種しました。
f0070493_221616.jpg

f0070493_22162979.jpg

にしても、ハニーバンタムなどユニバGクラスのシュールなネーミングの多いモロコシ君です… 何をやってもアワノメイガきそうですが、1週間に1回のストチュウではなかなか難しそうです。とれたてを畑で生でかじる、ゆでて食べる時のよいイメージだけは先行しておりますw


お昼から作業しているにもかかわらず、最後には夜の7時を回り、かなりハードな大人のクラブ活動となってしまいました。葛西君、蟹A男さん、本当にお疲れ様でした!また来週も加齢臭漂う30代・大人の社交場、「sueファム」でお会いしましょう!!
[PR]
by sue0706 | 2007-04-14 22:16 | 美味しい野菜が作りたい
いざ!鎌倉!!鎌倉最"凶"伝説
すっかりバタバタしてしまいブログの更新が滞っております。関西方面の出張が多い中、今週は人生初の鎌倉に行ってきました。関東に長いこと住んでいながら、もうちょい先の茅ヶ崎にはアジ釣りによく来ていたのですが、この観光名所の鎌倉には一度も行ったことがなかったのです。交通事情が読めないので、早め早めに移動したら、予定時間よりも1時間30分早くついてしまったので、同僚ががつがつ仕事している中、大変申し訳ないと思いつつ、鶴岡八幡宮と大仏を見に行ってきました!桜がきれいに咲く中での神社の表参道はもう圧巻でした。
f0070493_0153461.jpg

f0070493_0161140.jpg

あー、花粉さえ舞ってなければ…

土地のモノ星人の私は、早速神社横の「手作り豆富 鎌倉おぼろ」の豆乳花に黒蜜をかけていただきました。
f0070493_0165016.jpg

うーん、これは疲れた体にほどよい糖分が何ともいえずおいしかったです。今度豆乳をアレンジして米あめで真似て作ってみます。参堂沿いに怪しげなおじさんのB級アイテムに遭遇。その名も、「猫とおじぞうさん」。
f0070493_0172626.jpg

貝殻で作ったと思われるそのオブジェは前衛過ぎて芸術に理解のない私には難しすぎます… 私的にはおじさんの方こそ「なにこれ?」状態でした。シュールです。でも好きだな…こういうB級テイスト。

神社の境内で、お約束のおみくじを引いてみました。結果は…「凶」!何ゆえ100円払ってまで人を不愉快にするのだ!鶴岡八幡宮!!
「事業」少し向こう見ずだ 注意
「病気」意外に長引く  
そして最も気なる「縁談」は、相手を疑いすぎる。安心してよい。
よくもここまでネガティブなことがかけるな… と普段、おみくじ、占いなどまったく信用していないのに数年ぶりに引いた「凶」にちょっと動揺する小市民ですw しょせん、おみくじなんて確立の問題なわけで、5分前と自分の状況はまったく変わらないくせに、今度おみくじ引いたら、絶対他のが出るわけだから、おみくじなんていいかげんなもんだなと眉間にしわを寄せながらアルバイトの巫女さんに100円追加して実験。2度目のおみくじの結果は、またまた同じ「凶」… 「なにこれ?←おじぞうさんのオッサン風」。とはじめての鶴岡八幡宮のわりには、しょっぱい思い出の地となりました。目的地まで、もう少々時間があったので、もう一件の定番、大仏を見に行ってきました。大仏を拝む前に、久しぶりに外国の方が胸と背中に「一番」とかかれたサムイTシャツをたくさん拝むことが出来ました。
f0070493_018256.jpg

想像していたよりも、大仏さんが前かがみになっており、背筋痛くないのかなと余計な心配をしながらも時間が迫ってきたので、無事仕事場に行ってきました。

観光名所とはいえ、神様と仏様に(←このへんの日本人のアバウトさが結構好きです)、それぞれ家族と従業員の健康と仕事の繁栄を祈って鎌倉小旅行を終えました。体に染み付いた「凶」は、自分の力で払い取ります←いさましい言葉のわりには結構気にしていますw


週末のアグリ部
●スナップエンドウ
f0070493_022456.jpg

気温の上昇とともに生育がよくなっております。
f0070493_022347.jpg

きれいなお花が咲きました。

いよいよ4月末の夏野菜の定植に向けて、2007年sueファム「強粘土から脱出!」の旅が最終章を迎えつつあります。

1ヶ月前に、散布した生のモミガラ+カルス菌(嫌気性微生物群)が確実に効いています!!あの強粘土のsueファムに、足を入れるとサクッと長靴が土の中に入っていきます!!
f0070493_0194175.jpg

キタ━━━(≧▽≦)━━━!!!!! もう一つキタ━━━(≧▽≦)━━━!!!!!

同様の資材を入れていないエリアとは明らかに通気性が異なります。まだまだ一つ一つの粒が粗いのですが、この有機物が分解され、ねばねばしてきたら(つかんで固まり、指で押すと崩れる感じ)ゴールに近づいてきました。まぁ実際は、後3,4年かかりそうですが、少しずつですが確実に物理性が改善しております。愛情かけて土いじりを行なって、自然からの"sueちゃん!ありがとよ!"とリアクションが鍬を通して手に伝わってくるようです。←あまりのうれしさに妄想が出始めましたw

後は、実際に苗なり種を播種した時に、ガスが出なければ言うことないのですが… これは連休明けにまた追跡リポいたします。土壌改良一日してならずですが、この調子で頑張ってみます。そして、来週からは、いよいよ夏野菜用の畝作りが始まります。さぁ頑張るぞ!

最後に、sueファムの2007年マスコット「sueビー」をご紹介。
f0070493_0202272.jpg

いつも畑の近所で遊びにいっているトマト園芸さんのガーデニングコーナーで思わず目が合った?のでゲットしてみました。いつも男くさいsueファムですが、少しはかわいく?なりました。
[PR]
by sue0706 | 2007-04-03 00:14 | 美味しい野菜が作りたい