<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
鹿児島づくしの一週間
先週とりあげた「あるある」納豆ダイエット。やはり捏造でオチがつきましたか… あそこの制作会社は、確か2,3年前にも同様の事件をおこしているんですよね。おぼれかけている会社をこれ以上たたく趣味はありませんが、同じような業界の人間として、演出はあっても、情報番組でデータを改ざんするというのは明らかに一線を越えてしまっています。制作会社の行為は許されるものではありませんが、テレビ局が制作会社に責任を押し付けそうで、これはまた違う意味で不快です。まぁ、何にせよ、納豆マニアとしては一日も早くいつもの納豆が安定的に食べたいです。

正月にゆっくりしすぎたせいか、1月から激しいスケジュールとにらめっこの日々がつづいております。今週は、打合せで日比谷に行く機会が多かったので、かねて一度行ってみたかった鹿児島のアンテナショップ「遊楽館←名前は微妙ですが…」に寄って来ました。
f0070493_20294844.jpg

冷蔵庫にまだ正月鹿児島から持ってきた食材が余っているというのに、またまた大量に買ってしまいました。
f0070493_20301883.jpg

キンカン、サツマイモ、切干大根、後あまりにも懐かしかったので兵六餅をGET。このキンカンは温室栽培で育てられた入来の名産でひそかなマイブームです。正月実家で、三連水車のある観光地でゲットしたのですが、あまりのおいしさにすっかりひとりキンカンブームがきました。
f0070493_20311576.jpg

f0070493_20314515.jpg

自宅の庭にもキンカンを植えているのですが、それはもう甘さが違います。軽く洗って、皮のままみかんのようにかぶりつきます。この名札の裏に生産者の名前があり、日比谷で買った時も同じ人の名前があったので、安心して購入しました。うーん、これは何個でも食べられます。(≧∇≦)b グッジョブ!藤井サン!

もう一つの名産は、やはり鹿児島といえばサツマイモ。中でも種子島がもともと産地であったという、安納(あんのうと読みます)という品種のサツモイモがこれまためちゃめちゃ甘いです!!
とにかくこっちで食べている紅アズマとは比較にならないぐらい甘かったです。実家に糖度計を持っていっておけばよかったです… sueファムは強度の粘土質なので、サツモイモには一番向かない土質なのですが(そのかわりサトイモなどには最適です)、今年は実家から安納紅の苗を100本くらい送ってもらう予定です。一つを粘土質の土壌で、もう一つを畑の土の上にプランターをおいて、砂質の土壌を入れて栽培比較の実験をしてみようと思います。

ごく少量の水で蒸し煮したものです。
f0070493_20323139.jpg

うーん、一回に食べる量を決めておかないと、何個も何個もバクつきそうです。よし、今年は東京で安納をつくるぞ!

そして、またまた鹿児島の名物、切干大根。これもまた大好物です。うーん、ゴーヤも克服した今、地元のもので嫌いなものがありません。東京でも青首のものは手に入るので、桜島大根で作った切干を車麩、高野豆腐、ニンジンと一緒に煮付けました。ニンジンもウォーターソテーしているので、油も砂糖も使っていないヘルシーな煮付けに仕上がりました。
f0070493_20333027.jpg

ほうれん草の胡麻和え、安納と一緒にいただきました。うーん、地元のおいしい食材たっぷりの野菜料理…幸せです。

遊楽館の場所も覚えたので、鹿児島の味に恋しくなったら、またよってこようと思います。

●かごしま遊楽館←HPは泣きたくなるくらいしょっぱいです


日付変わって週末の部活報告です。
報告事項:残り半分の天地返し終了

先週から仕掛かりであった、天地返しの残り半分を何とか無事終えました。手のひらと腰に結構き・て・ま・す!
f0070493_20342173.jpg

これで、約100平米のsueファムの冬仕事が峠を越しました。後は、この状態で、3,4週間寒ざらしにし、それからいよいよ生の有機物であるモミガラと嫌気性の微生物資材(カルス菌)を入れて、土中発酵を行ないます。モミガラを150kgぐらい必要なので、今入手先を野菜塾のMディレクターにお願いしているところです。>Mさん、よろしくお願いします!

カルス菌で土ごと発酵させることで、今までの完熟堆肥の変わりの土壌改良剤としての効果をねらっています。もちらん、部屋にかなりの勢いで占拠しているボカシ肥料は今までどおり、元肥用として施肥します。さぁどんな食味、連作に強いか、病虫害忌避ができるかなどなど実験したいテーマがてんこ盛りです。

今週の栽培記録:
もう深ネギぐらいしか食べるものは残っていません。今年の冬もおいしい野菜をありがとう!

○スナップエンドウ
f0070493_20345165.jpg

この寒さの中、成長はゆっくりですが、しっかり根付いています。一穴5粒の点まきにしていたので、間引いて2株にしました。

○タマネギ
f0070493_20351847.jpg

定植の時期がちょっと遅かったのか、ちょっと生長が遅く、貧弱な感じです。もう少し地温が上がってくれば、ぐんぐん生長していくでしょう。今日は、トウモロコシの液肥を散布しておきました。
[PR]
by sue0706 | 2007-01-21 20:35 | 美味しい野菜が作りたい
今日のアグリ部:寒風の中、天地返し
2007年もまだ始まったばかりなのに、今年の上半期のキーワードになる勢いで「バラバラ」が紙面を賑わしており、なかなか物騒です。中でも、新宿と幡ヶ谷の歯科医の事件は、家も非常に近く、さすがに東京だなと変な?実感しました。大人の夫婦のことは、それぞれ事情はあるのでしょうが、バラバラにするなんてやっぱりの異常性を感じにずには入られません。せっかく縁あって夫婦になったのですから、なんとか楽しく生きていければよいのでしょうけど… 

と時事ネタをおりまぜながら… しかーし!本当の最近の私の関心ごとは、納豆がなかなか手に入らないことです。
f0070493_23145360.jpg

某テレビ番組の安っぽい宣伝にのせられて、納豆愛好者の私にとってなかなかつらい日々が続いております。発酵食品なので、体にはいいのでしょうが、ダイエットに効果があるかどうかは、微妙でしょうね。あー、早く薄っぺらいブームが去って納豆を今までどおり、安定的に食べたいものです。あまりにも納豆が手に入りにくいので、最近、このマシンが気になっています。
f0070493_23152063.jpg

納豆製造機

8万もするし場所もとるので今回は買い控えましたが、いつか千葉に移住したら、これ買ってしまいそうです…


今日のアグリ部日報
1月13日:なんちゃって天地返し

天地返しとは、土壌消毒の代用として土の中で越冬している病原菌や害虫を死滅させたり、雑草の宿根を寒さにあてて、春に生えてくる雑草を抑えるために、表層の土と下層の土を入れ替える作業です。本当は、耕盤という硬い層をはさんで、その上の作土層(表面から20~30cm)と下の心土層を入れ替える作業を言うそうなのですが、今回は、とりあえず表面から30cm~40cmぐらいの作土層を掘り返しました。
f0070493_23162537.jpg

一人では、とても出来ない重労働なので、アグリ部葛西君と、蟹A男さんがヘルプに来てくれました。ちょうど40cmぐらいのところに、sueファムのガチガチ粘土層を発見!
f0070493_23165630.jpg

お前か!!いつもカチカチの原因は!と思いながら、スコップを入れていきました。これを2,3週間寒風にさらし、それから嫌気性の微生物資材を入れて、土中発酵促すための耕転作業を行なう予定です。

二人の活躍で何とか、4時間ぐらいかかりましたが、圃場の半分ぐらいが掘り返し終えました。来週また残りの半分をやります。
f0070493_23181490.jpg

>お二人さん、本当にお疲れ様でした!気合と肉体のバランスの悪い私は、家に帰って、温かい風呂に入って、現在腰と足の裏にサロンパス三昧です。

今日の収穫:
根深ネギ
f0070493_23184068.jpg

今年の冬作の根深ネギ@鹿児島産 はおかげさまで本当においしいのが収穫できました。今日も自分の食べる分だけ収穫しました。またネギ味噌を作って、花粉症のシーズンに備えます。

キャベツ
f0070493_2319771.jpg

サニーレタスとサンチュと混植したキャベツに比べて、だいぶアオムシに食害を受けたペニーロイヤルミントとの混植キャベツですが、何とか無農薬で最後まで収穫できました。とれたての甘いキャベツが何ともいえずおいしかったです。

ニンジン
f0070493_23193313.jpg

途中で、まいた石灰が強すぎたせいか、裂根したものもありましたが、何とかおいしいニンジンができました。たぶん品種によるのでしょうが、このベータリッチは、生食でも加熱調理でも本当に甘いニンジンが出来ました。今回は、生まれて初めて、畑で生のニンジンをかじりましたが、本当においしかったです。家に帰って、「イキイキ酵素君」(←シュールなネーミングですが、いいジューサーです)でニンジン、リンゴ、レモンでジュースにするのが楽しみです。

今年も安全でおいしい野菜を作るための土壌作りという地味な作業が続く冬のアグリ部ですが、おいしい夏野菜をイメージして、今はひたすら肉体労働あるのみです。さぁ頑張りましょう!sueファムの微生物君たち!!

今日の激寒肉体労働の一服の清涼剤、松沢さんにいただいた水餅。
f0070493_23215064.jpg

あつあつのお餅にのりを巻いて、しょうゆをつけていただきました。激うまでした。>松沢さん、ごちそうさまでした!
[PR]
by sue0706 | 2007-01-13 23:22 | 美味しい野菜が作りたい
新年あけましておめでとうございます!
sueファムから30日、激寒+かみまくりのなか会社の年賀メール用のあいさつムービーを収録して来ました。オチのない映像で恐縮ですが、勘弁してください。

新年のごあいさつ@sueファム(30秒:WMV)

紅白もカウントダウンも見る暇もなく、会社でスタッフと年越しです… 1日、メールサーバの稼動を無事見届け、1年ぶりの実家(鹿児島)に帰って来ました。飛行機に乗るまで、興奮してワクワクしていたのですが、疲れのせいか機内で爆睡してしまい、上空から桜島を見ることなく空港へ…

両親と太郎(柴犬)が出迎えてくれました。結婚もしていない親不孝の長男の私にかわって、次男・太郎がわが両親の"癒し系"的存在になっているようです。その太郎、2ヶ月ほど前から原因不明のかゆみで、一時期弱りきっていたのですが、何とか大学病院でかゆみの原因を特定でき、やっとここ1週間ぐらいかゆみから開放されたようで本当に一安心しました。まだお尻など毛が抜けてサルのように真っ赤になっていますが、これから徐々に毛も復活してきそうです。よかった。よかった。

元来、甘えん坊だったのに、今回の病気で母親が家の中に1週間ほど入れてしまったら、すっかり家の中が気に入ったらしく、散歩から帰ると小屋に入ろうとせず、玄関に直行しますw
f0070493_16154241.jpg

f0070493_1616460.jpg

とにかく家族と一緒にいるのが好きらしく、「車に乗るか?」というと喜んで車の中に入ってくる不思議な車大好き犬です。車内では、なぜか両親と私をさしおいて、助手席を陣取っています。
f0070493_1616353.jpg

でも、車では本当にじっとしていて何ともかわいいです。バ○犬ほどかわいいといった感じです。

それでは、鹿児島のフォト日記です。

●グルメ編
○実家に帰ったらまず立ち寄る伊集院のお蕎麦屋さん。
f0070493_1617697.jpg

伊集院町の3号線上の峠にあります。そばもおいしいのですが、だしをとった後の昆布の煮付けが最高で、これだけでおにぎりが何個もすすみます。

○桜島フェリーで食べるうどん
f0070493_16173188.jpg

f0070493_16175321.jpg

母親の実家が大隈半島の鹿屋市にあるため、いつも利用している桜島フェリーでの食堂です。味は、正直そこそこなのですが、景色と一緒に食べると星の数が何割増しになります。昔は、デッキで風に当たりながら食べたものでしたが、今はフェリーの客室の中に食堂があり、温かい室内でも食べることができました。私はせっかくなので鼻水たらしながら外で桜島を見ながらいただきました。

○桜寿
f0070493_16182653.jpg

私の実家は、過疎化が進むド田舎なのですが、鹿児島の繁華街は結構近代化が進んでいて、こじゃれたお店が結構増えていました。今回は高校の部活動(柔道部)の仲間と同窓会をやりました。私たちの期は、同期も後輩も含めて本当に仲がよく、バカ話をしながらとても楽しい時間が過ごせました。お店の手配からいろいろ準備をしてくれた橋口、ありがとう!

帰りに「代行運転」なるサービスを初利用。
f0070493_16185733.jpg

前から気になっていたのですが、こっちでは、12時過ぎでも終電があるし、私などは新宿から歩いて帰れる距離にあるため、特に気にしたこともなかったのですが、鹿児島ではデートやお酒を飲みにいくとき、アシはどうなってるんだろう??というのが素朴な疑問でした。ある人は、お嫁さん同席で飲み会に参加し、帰りは飲んでいない奥さんに送ってもらうという選択もあるらしいのですが、今回感動したのは、代行サービス。車で繁華街まで来て、お酒を飲んだ場合、このサービスを利用すると、自分の車には運転手さんがつき、帰りにその運転手さんを運ぶように、もう一台の車で追走して自宅まで送ってもらいます。さらにびっくりしたのが、料金が言い値の直接交渉。「2000円だけど○○までいってくれますか?」という交渉スタイルなのだそうだ。なかなかおもしろいサービスでした。

○菓々子横丁
f0070493_16195312.jpg

かすたどんで有名になった薩摩蒸気屋プロデュースのお菓子やさん+喫茶店のような感じでした。一階がいろいろな鹿児島名物のお菓子がおいてあり、2階が喫茶室になっていました。
f0070493_16202619.jpg

場所がいいので、和菓子セット(380円!)をいただきながらここで何時間もネット接続をしていました。

●母親の読書会のお礼寄せ書き
f0070493_1620464.jpg

f0070493_16211437.jpg

母親から、4年間続けてきた小学校での読書会(子供たちに本で読んで聞かせるボランティア)のお礼に子供たちからたくさんのメッセージ付き寄せ書きを見せてもらいました。もう今月の11日で還暦を迎える母にとって、体力的につらいので、引退させてもらったのですが、この寄せ書きを宝物のように大事にしまってありました。ボランティアという言葉が苦手なやくざな長男ですが、結構感動しました。私もこうやって子供の頃から母に寝る前にいつも本を読んでもらっていた記憶があります。あまり裕福な家庭ではありませんでしたが、本だけは無理をしてでも買い与えてもらっていました。あまり照れくさくて面と向かってはいえませんが、もう一度この世に生を受ける機会があったら、やはり私は自信を持ってこの両親の家に生まれたいと思いました。生い先何年あるか分かりませんが、出来る範囲で親孝行したいです。


急に東京から連絡が入ったので、予定より一日早めに帰京しましたが、やっぱり故郷はいいものでした。いい正月でした。羽田に降り立ち、新宿行きのバスに乗ると、顔がだんだん仕事モードに引き締まってきました。2007年もよりよい1年となるように、これからスタートダッシュです。さぁ、頑張るぞ!
[PR]
by sue0706 | 2007-01-08 16:21 | 食べ歩き日記