<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
人生初のカブのまるかじり!
今週末は、sueファムにいつになくたくさんの方が遊びに来てくれました。
f0070493_20114483.jpg

松沢さん撮。
↑これだけ見てれば、農業に関心のある若い世代が増えつつあるかなと思われますが、郊外のホームセンターの園芸資材コーナーで時間がつぶせるという、かなりバイアスのかかったサンプルの私たちです。

それでは、さっそく今週の栽培記録です。

●カブ
f0070493_20123145.jpg

いよいよ今日はカブを初収穫しました。写真は、畝の側面にへばりついていたど根性カブです。ボカシ肥量の真上だったせいか、一番生育がよくできました。私の間引きが下手糞で、何株か密植していたので、間引きもかねてピンポン玉クラスの株を収穫しました。
f0070493_2013310.jpg

手前は春菊です。泥のついたのはさすがにまだできないのですが、水で泥を落として、生のまま、まずは一口。うぉぉぉぉっ!めちゃめちゃうまいです!生でカブをかじったのなんて初めてでしたが、甘みがあって本当においしいです。ビバ!豊麗丸!

●ブロッコリー
f0070493_20132821.jpg

こちらも本日、初収穫です。おかげさまで無農薬ブロッコリー無事GETです。初物は、お土産にあげたので、味見はまたいつかしてみたいと思います。おいしければよいのですが… ブロッコリーはテッペンを収穫した後も、まだわき芽にできる小さな蕾もまた収穫できるので、そちらの味も楽しみです。ちなみにこのわき芽の花蕾は、カリフラワーにはできません。うーん、同じアブラナ科の突然変異種でも蕾の生長はまた違うんですね。奥が深い世界です。

●チンゲン菜+高菜
f0070493_2013495.jpg

今日もチンゲン菜は食べる分だけ収穫しました。高菜は来週ぐらいに収穫できそうです。チンゲン菜は多少虫食いの跡は見られますが、にんにく、しょうが、オイスターソースで炒めたら本当においしくいただけました。新鮮な野菜には独特の甘みがあります。またまた感動。

●小松菜
f0070493_20141083.jpg

一畝に二条植えしていたのですが、今回で、1条分はとりきりました。来週以降、時間差で植えた小松菜またまたゆっくりいただけそうです。我が家での和え物は最近は、小松菜ばかりです。

●スナップエンドウ
f0070493_20142932.jpg

先々週、播種したスナップエンドウ、無事発芽しました!これから越冬して、支柱を組み、最終的に口に入るまでには、来年の5,6月までかかる長丁場ですが、まずは順調なる第一歩です。

●タマネギ
f0070493_20145233.jpg

こちらも、64本無事活着してます。今回は、完全有機栽培なので、住友液肥は使用していないのですが、あの永田農法でできたタマネギのように生でかじれるタマネギが目標です。

●ダイコン
f0070493_20151232.jpg

1本、アブラムシにやられて、生長が完全にとまっている株があります。無念。他の株に伝染しない範囲で、どういう形になるのか見届ける予定です。その他のダイコンはおおむね順調です。再来週ぐらいには収穫できそうです。

●キャベツ
f0070493_20155849.jpg

f0070493_20162458.jpg

ペニーロイヤルミントと混植したもの(上)、サンチュと混植したもの(下)、ともに少しずつですが、結球を始めました。アオムシに最後まで悩まされますが、収穫までもう少し頑張ってくれ!

と、いろいろ課題はありますが、全体的にはおおむね順調に育っています。かなり親ばかですが、自分で育てた野菜がかわいくてしょうがないです。今日は、たくさんのゲストの方が遊びにきてくれていたので、畝作りの実習を体験してもらおうと思っていたのですが、前前日の雨の影響で、まだ土が湿っており、耕転できませんでした。残念。

先週サトイモもとりきってしまったので、あまりお土産もありませんでしたが、楽しんでいただけていればよいのですが。来週は、土が乾いていれば、いよいよトンネル栽培(ほうれん草、白菜、ニンジンなど)に挑戦予定です。

日付変わって、日曜は野菜塾に、野菜たっぷりのドカベン持参で行ってきました。
f0070493_2017554.jpg

玄米+五穀米には、松沢さんのお父さんからいただいたダイコンの葉っぱでふりかけを作りました。>お父さん、出荷用の貴重なダイコンありがとうございました! 小松菜の白和えには豆腐で作った和え衣、sueファム最後のサトイモの煮物、ニンジンとカボチャの蒸し物と野菜尽くしのドカベンです。温かい味噌汁つきで今日もおいしくいただきました。午後の講義は、食べすぎでちょっとカクカクとしてしまいました。>村井先生、すみません!
[PR]
by sue0706 | 2006-11-26 20:17 | 美味しい野菜が作りたい
今週末も農業バカ大移動です
今日は、雨の中「野菜塾」→「ファミリー農園収穫祭」→「打合せ」と西台、越谷、新宿を慌ただしく車で大移動です。

朝一は、野菜塾の講義です。仕事の都合で、2週間お休みしていたので、懐かしのチーム野菜塾メンバーと久しぶりのご対面です。いつも講義を受けているビニールハウスの中を大きく改装(イチゴの水耕栽培をする予定)するため、生徒はますます片隅へと移動… 自分が薄着していたのが悪いのですが、中は結構しびれる寒さです。季節はもう冬なんだなと感慨にふける間もないくらいぶるぶる震えていると塾内随一の永田農法実践家、埼玉のダンディ男・松嶋さんが「これを着なよ!」とダウンジャケットを貸してくれる。かっこよすぎです。師匠!

今日の講義は、感じる男・外山たら先生のアブラナ科作物研究でした。アブラナ科の野菜の種類、ルーツ、薬効、栽培方法等を学びました。

キャベツのルーツである青汁で有名なケール(ケルト人によって栽培)が花を発達させたのがブロッコリー、茎が進化したものがコールラビ、わき芽が進化して芽キャベツ、プチベール葉が進化してキャベツになったそうです。ちなみにカリフラワーはブロッコリーの突然変異だそうです。色んな変化をたどって、今や外観だけでは同じルーツの野菜とは思えない組み合わせもありますが、植物図鑑にあるそれぞれの花を見ると、やはりアブラナ科特有の十字花があります。←食べる野菜ばかりなので、なかなかトウ立ちまでいかないので花を見る機会は少ないのですが… こういう普段食べている野菜がどういうルーツの野菜で、どういう経路で日本に入ってきたのかというのはとても興味のある分野です。

後半は、実習の授業もあったのですが、今日のメインイベント、ファミリー農園での収穫祭があるので、途中で退席させていただきました。sueファムで今年すっかりお世話になりぱなっしの農園です。私は最近は土曜の午後一から作業するので、それ以外の日付の方とはあまり面識がなかったのですが、今日は約50名の農園仲間が雨の中、収穫祭に参加(こちらでもイベント会場は当然"ビニールハウス"!です)されており、いろいろな方とお話しすることができ楽しい時間が過ごせました。
f0070493_2215122.jpg

f0070493_22258.jpg

(松沢さん撮)
松沢さんご一家、幹事の皆さん方がいろいろな料理をごちそうしていただきとてもおいしく料理もいただきました。野菜塾のメンバーもそうですが、ここの方たちも野菜作りという共通の趣味があるのでパーティイベント系が大の苦手な私でも気をあまり使うことなくとても楽しく過ごせました。

猛烈に恐縮したのが、次も新宿でアポがあるので、イベントの途中でまたも途中退席したこと… 幹事やスタッフの方まかせで、途中参加→ごはん→途中退席と片付けも手伝うことなく大名やくざまがいの行動です… 次回のイベントの時は仕込からいろいろとお手伝いさせていただこう。>松沢さんはじめ、運営事務の皆さん、本当にご苦労様でした!

何ともバタバタした週末でしたが、一日前の土曜日に行なった畑の栽培記録です。

とその前に、農園仲間のOさんに教えていただいた三郷の食事処「うまげな」さんで腹ごしらえです。
f0070493_20302620.jpg

ショッピングモール内にあるいわゆるフードコート内のうどん屋さんなのですが、リーズナブルなわりにおいしくいただきまいした。私が頼んだのは、かまたまうどん+鳥ご飯。
f0070493_2030574.jpg

ご飯はちょっと量が私には多すぎでしたが、うどんはとてもこしがあっておいしかったです。>Oさん、情報ありがとうございました!

それでは、今週の栽培記録です。
●小松菜
f0070493_2029598.jpg

f0070493_20312979.jpg

ちょっと虫に食べられた跡はありますが、生育順調です。もうこれ以上大きくなると味が落ちるので大量収穫しました。

●高菜+チンゲン菜
f0070493_20321052.jpg

高菜、彩りがほんときれいです。収穫までもう1週間ぐらいかかるでしょうか。チンゲン菜も大きいものから随時収穫中です。今回収穫した中では、エグミもなくとてもおいしいチンゲン菜が収穫できています。

●白菜
f0070493_20323560.jpg

とうとうアブラムシがやってきました。先週、雨のため元気丸を噴霧できなかったのですが、だいぶやられています。2株は生長が完全に止まっているので、残念ながら引き抜きました。無念… うーん、やっぱりもう少し短いスパンで3日おきぐらいに虫対策しないと完全無農薬は難しそうです。残りの株がなんとか結球まで持っていければいいのですが… 頑張れ。

●ブロッコリー
f0070493_2033053.jpg

キタ━━━(≧▽≦)━━━!!!!! つぼみがつき始めました。無農薬栽培が難しい野菜のベスト3に入る野菜ですが、今のところ順調にきています。あー、早く食べたい!

●キャベツ
f0070493_20333121.jpg

f0070493_2033539.jpg

一部アオムシに食べられた後がありますが、何とか持ちこたえて結球を始めています。ペニーロイヤルミントと混植した方は生長が悪かったのですが、キク科野菜(サンチュ)と混植した方に追いついている感じです。

●ニンジン
f0070493_2034513.jpg

安定していい感じです。まだ首のところが地中から出てきてませんが、全体的には虫害もなく無問題です。

●根深ネギ
f0070493_20352795.jpg

太さはもう十分な感じです。後は、アーティスティックに軟白部を少しでも長く出来るように今日も土寄せです。にしても上から葉を折らないように丁寧に土をかけていく作業は結構重労働です。霜がおりたら、また一段と甘みが乗りそうです。

●サトイモ
f0070493_20355794.jpg

f0070493_20362057.jpg

今日で、とうとうサトイモの収穫も最後です。今日もセレベス、石川早生ともに大収穫でしたゴールデンウィークから約半年かかりましたが、味はおかげさまで本当に絶品でした。
収穫後、ダイコンのトンネル栽培に挑戦してみようと思っているので、堆肥、微生物を投入して耕転しておきました。
f0070493_20364742.jpg

アグリ部蟹A男さん、耕運機の扱いがすっかり上達しております。あの重粘土の土壌が、ちょっとずつですが、団粒化していってます。ミミズもだいぶ増えてきました。もう3年ぐらいしたらいい感じの土に変化していけそうです。

●タマネギ
f0070493_20371823.jpg

だいぶ日も落ちてきましたが、タマネギを定植しました。普通のタマネギと湘南レッドでおなじみのサラダ用の赤いタマネギを32本ずつ計64本植えつけました。来年の6月まで畑を占拠しそうですが、おいしいタマネギができますように!

と、12時から仕掛けたわりには、夕方5時前ですっかり日が落ちてきました。もうすっかり冬ですね。虫の心配をしながらも、毎週このひと時が一番の楽しみになっています。>週末の忙しい中、畑作業を手伝ってくれた蟹A男さん、葛西君ありがとう!アグリ部全員集合(今だ部員3名です…)のウィークエンドでした。
[PR]
by sue0706 | 2006-11-19 20:29 | 美味しい野菜が作りたい
卵も油も使わない豆腐で作るマヨネーズ!
うーん、やっと決算が終了だ…
眠気120%の時の息抜きは、私の場合、夜食作りです。この時間に食べると体のバランスには悪いのですが、息抜き息抜きです。


先週末、初収穫した小松菜を、じっくり味わいたかったので、まずは炒め物ではなく、シンプルに茹で野菜にしました。
f0070493_4362817.jpg

sueファムでとれたサトイモと大豆の五目煮で今晩の夜食です。かなり手前味噌入ってますがw 本当においしかったです!ソースは、マクロビオティック定番の豆腐マヨネーズ。卵や乳製品を摂取することがどの程度体に負担をかけるかは科学的にはよくわかりませんが、この豆腐マヨネーズは単品でとてもおいしくて、すっかり私の定番ソースになってしまいました。

●豆腐マヨネーズレシピ
木綿豆腐250g(要水切り)
味噌小1(白味噌が甘くていい感じです)
塩少々(できれば良質な自然塩を)
米飴小2(この甘みが味に深みをだします)
黒酢小4(鹿児島人なので黒酢ですが、玄米酢でもOK)
梅酢小4(マクロ定番←来年は梅干自分で作りたいです…)
豆乳適宜(これで濃度を調整)

↑上記分量をフードプロセッサーにかけて完成です。分量はほんと目安ですので適当に調節してください。私はほとんど測ったことありません。油も卵もつかっていませんが、コクがあってとても優しい味のマヨネーズ?の出来上がりです。夜中に食べるって、素材はヘルシーなのにやってる行為はだいぶ不健康です。反省、反省。
f0070493_437560.jpg

残りのマヨネーズにゴマペーストと数滴のお醤油を加えると白和えソースにもなります。ピーナッツペーストだと、パンに塗るとおいしいですよ。3種類のソースが味わえるので、なまぐさな私にはピッタリの豆腐マヨネーズです。

週明け、鹿児島の実家から「むかご」が送ってきました。むかごとは、ヤマイモの葉のつけ根にできる球状の芽です。これが後で、地面に落ちて芽を出しヤマイモになります。早速、母親から教えてもらったレシピ(というかひたすら弱火で炒って塩をふりかけるだけです…)でむかごスナックの出来上がりです。
f0070493_4383681.jpg

美味!というわけではないのですが、けっこうご飯の間につまみ食いしそうです。何かドラゴンボールに出てくるセンズのようですが、本当に無駄に元気になりそうです。いつか自然薯栽培もやってみたいなぁ。


仕事でストレスを感じる時、一番むかつくのは、大量のスパム!そう、スパムメールです。根っこの方でだいぶフィルターかけているのですが、スパムに対しては、なかなか完全撲滅とはいかないです。にしても、何が楽しくてこういうことをするんだろう??だいたいビジネスモデルは察しがつきますが、残念ながらネットの世界は性善説では生きていけそうにないです。だいたい、件名で「昨日はありがとうございました」なんて書いてあったら仕事がら開かざるを得ませんORT

と毎日大量のスパムメールに怒り心頭気味なのですが、たまーに(ほんとごくたまにですよ)ヤ・ラ・レ・タ!と敵ながら天晴れの瞬間があります。

今週の天晴れ:
件名                   差出人
手っ取り早くお金を使って解決   可能姉妹
可能姉妹って!!このB級感、嫌いじゃないんです。怒る気にもなれん…

私の好きな企業、皆さんご存知のGoogle社。日本の社訓のように固い文言ではありませんが、彼らには、Ten Thingsという経営理念があるそうです。私が特に好きなのは、7番の
"You can make money without doing evil."
意訳:悪いことしなくたって、ビジネスはできる!

あまちゃんと言われようが、私はこの「フェアに戦い、結果を出す」というスピリッツが大好きです。とかく10代のいじめによる自殺などすさんだ事件が続いておりますが、今日一日を楽しく笑って過ごせるようになりたいものです。日々是"笑"日!

11月17日追記:
あまった豆腐マヨネーズにピーナッツソースを加えて、テンペサンドイッチをランチ用に作りました。お昼用に作ったのですが、口の卑しい私は一切れ食べてしまいました。おいしかったです!
f0070493_9524582.jpg

テンペをまた自作(自作テンペの作りかたはこちら)したのですが、電熱マットが弱かったのか、発酵まで結構時間がかかりました。やっぱり冬のテンペ作りは温度管理がひとくせありそうです。
[PR]
by sue0706 | 2006-11-16 04:39
雨のアグリ部「スナップエンドウ播種」
今週は、ずっと天気に恵まれたにもかかわらず、週に一度の楽しみ、畑出勤日に降水確率70%… 雨がひどいと畑に入れないので、延期しても良かったのですが、時期的にエンドウを植えるぎりぎりなので強行軍決定です。

というわけで、降水確率のはずれることを期待して、朝4時起で首都高飛ばしてsueファムに直行しました。

早速、耕運機で耕転した後、速攻で2つ畝を作りました。時間にして30分。
f0070493_12371352.jpg

無事畝は立てたのですが、マルチをしてエンドウの種を植えようと思っていたのですが、切なくもどしゃ降りがきてしまいタイムアップとなってしまいました。うーん、せっかく高速飛ばしてきたのに、この中途半端な作業量… 

今日、初収穫した小松菜とチンゲン菜を洗っていたら、
f0070493_12374249.jpg

ちょっとですが雨足が弱くなって晴れ間が見えてたのであわてて残りの畝を作りました。
何とかエンドウの播種間に合いました。ふー。
f0070493_12382537.jpg

f0070493_1238531.jpg

種苗メーカーによって呼び名が違うのですが、今回植えたのは、左からスナップエンドウ、サラダスナップ、スナックエンドウの計3種類を30cm間隔の穴に4粒ずつ播種しました。

無事発芽してくることを祈るばかりです。越冬したら支柱を立てます。

まだ何とか晴れ間が続いていたので、来週定植予定のタマネギの畝とトンネル栽培用のダイコンとニンジンの畝を作ることが出来ました。
f0070493_12394861.jpg

雨の中、松沢さん、葛西君お手伝いありがとうございました!!

ちょうど畝たてが終わる間際にまた本降りがきたので、今日は残念ながらこれで撤収です。目標の6割ぐらいしかできませんでしたが、自然には勝てずです。また来週調整だ。

それでは、雨の中、今日の栽培記録です。

●根深ネギ
f0070493_12401529.jpg

最後の土寄せを行ないました。もう後2,3週間でまたあの大好きなネギを収穫できそうです。にしても鹿児島の実家から送ってもらったものが、こっちでも栽培できてちょっと感動コーポレーションです。

●ニンジン
f0070493_12403819.jpg

まだ首が地上に出てくるほどはありませんが、順調に育っています。

●ダイコン
f0070493_1241106.jpg

先週、追肥を行なっていたのですが、まだ肥効が薄いのか、ちょっと葉っぱが黄色くなっていました。来週また様子を見て、液肥の量を調整します。

●キャベツ
f0070493_1241327.jpg

キャベツよりも、コンパニオンプランツで混植したサンチュがすっかりトウ立ちしてしまい、防虫ネットを突き破る勢いでした。来週ぐらい、防虫ネットをはずしてみます。

●芽キャベツ
f0070493_1241542.jpg

アブラナ科の割には、今回の芽キャベツは今のところ病気にかかることもなく順調に育っています。葉っぱの色もちょうどいい感じです。

●白菜
f0070493_124219100.jpg

生育の悪い株にアブラムシが発生していました。あー、夏の苦労をまた思い出しました。たらスペシャルを散布したかったのですが、どしゃ降りで流れるので今回は断念です。来週、アブラムシ対策を施します。何とか持ちこたえてくれ!
f0070493_12425055.jpg

他の白菜は順調に頑張っています。白菜キムチを作ってみたいです(嫌いな国だけど…)

●カブ
f0070493_12431578.jpg

先週紹介した、ベッドの横に育っていたど根性カブがまたまた大きくなってなり、実がほとんど地上に露出していたので、土寄せを行なっておきました。

●高菜とチンゲン菜
f0070493_12434386.jpg

高菜の彩りがほんときれいです。先週畝の周りに施肥した追肥が効き始めているのか、真ん中だけでなく、両端もだいぶ生育がよくなってきました。

●小松菜
f0070493_1244640.jpg

多少の虫食いの跡はありますが、食べる分には無問題です。今日は、小松菜とチンゲン菜が収穫できたので、これから料理が楽しみです。

●サトイモ
f0070493_12442669.jpg

今日は、ほんとは全部とりきる予定でしたが、雨のため順延です。今回のサトイモはおかげさまでとてもおいしく仕上がりました。来週まで待てない…

と慌ただしいどしゃ降りの中での畑出勤でパンツまでびしょ濡れになりましたが、改めて野菜作りが本当に好きなんだなと実感した今日のsueファムでした。さぁ、これから温かいお風呂に入って、伝票整理です…

追記:
今日、学生の時の友達から新そばを譲ってもらいました。
f0070493_19315423.jpg

彼は、30代になって思うところあって、脱サラしてそば職人に目指して修行中なのですが、底抜けに明るく、思想もかなり近い(アジアの近隣が苦手)w 悪友です。近いうちに彼が自分のお店を持ったら通いつめたいものです。←できれば都内にお店を…
f0070493_19322375.jpg

30秒ほど湯がいただけですが、お世辞抜きに絶品でした。

最後に、そば湯もいただきました。ごちそうさまでした。>M石!
うーん、蕎麦の無農薬栽培もやってみたくなりました。

彼の今働いているお店を紹介しておきます。
手打ちそば 京金 
森下まで行く機会がある方はぜひお立ち寄りください。とてもおいしいですよ。
[PR]
by sue0706 | 2006-11-11 12:44 | 美味しい野菜が作りたい
10年ぶりの映画体験「銀河鉄道の夜」
わが末吉家は、セレブな家系ではないので、ファミコンも買ってもらった経験はないのですが、無条件にいただいたのが、たっぷりの愛情と(時には鉄拳制裁ありですが…)本でした。>父ちゃん、母ちゃんありがとう!! うちは洋服はおさがりでも、本だけはジャンルを問わずたくさん買い与えてもらいました。夜、寝る時に母親が本を枕元で読むとよく眠れたそうです。

大人になってからは専門書を読むことはあっても、小説はめったに読むことはありませんが、宮沢賢治とサン・テグジュペリの世界観は子供の頃から好きで今でも比較的記憶に残っています。

今日は、川崎の方で賢治原作「銀河鉄道の夜」の映画を見てきました。実は、映画館なんて10数年ぶりです。はい、映画産業を斜陽させた自宅でビデオを見るインドア派ですw 賢治の独特の世界観は、実写化するのが大変だろうなと思っていたのですが、監督、役者さん、スタッフの皆さんの想いがこもっていて雰囲気のある素敵な作品になっていました。あの内容を1時間でまとめるのってすごいと思いました。関係者の皆さん本当にお疲れ様でした!特に舞台挨拶で役者さんよりも饒舌にMCをこなしていた秋原監督。多芸です。私自身ほとんど忘れていたのですが、原作を読んだことがない人には、最初のつかみまでが今ひとつ分かりにくいかもしれませんが…

個人的な意見ですが、奢侈財(ぜいたくな財:経済的には消費財と違い、あってもなくても生活にはこまることはないタイプの財)である映画にお金を払ってまで見るという行為は、日常にちょっと疲れたときに、「よし、元気をもらったぞ!」というタイプと生き急いだり、調子に乗りすぎた自分への自省として「今一度、自分の人生を振り返ってみよう」というタイプがあるかと思うのですが、この映画は私には後者でした。決して、川崎からの帰りにアドレナリンがびんびんでてくる感じではないのですが、幸せって何だろう?友情とは?自分は何のためにこの世にいるの?とふと自分自身に考えさせる味わいのある素敵な映画でした。映像もきれいで、わがアグリ部の仲間・葛西君が見たら泣いて喜びそうな故郷青森のすばらしい景色です。うーん、何かもう一度じっくり見たくなる映画でした。配給の問題もあるのでしょうが、新宿とか渋谷でも見れたらいいのですが… ネットでコンテンツ課金で見れるようにしてもらいたいものです。(システムぐらいうちで面倒みるのに…)

と静かな感動を覚えつつも、次のアポがあるので速攻で横浜に移動しました。お会いしたのは証券会社の方なのですが、仕事そっちのけで、コンテンツビジネス界の問題のブレストへとまた得意の脱線話になってしまいました。以下、ブログというより今日のブレストのまとめです。

●映画市場の現状
ちょっと今手元にあるデータが古くて恐縮なのですが、日本映画製作者連盟資料と外国映画輸入配給協会の統計資料によると、確かに95年までは落ち込んでいたのですが、シネコンなどの普及のおかげで95年以降、映画館数の増加とともに消費者が映画に戻ってきているのが読み取れます。2004年で1年間に約1.7億人の人が映画を見に行っているので、平均すると一人当たり1年に1.4回は映画館に足を運んでいることになります。これに流通量(視聴時間)を掛け合わせたものが、興行収入になります。このデータは、平成12年で約1708億円になります。これも96年から穏やかに回復しています。実際のパイは、これにテレビ、ビデオ販売・レンタルなどの2次利用分を含めれば、さらに倍近く大きくなります。つまり、映画界全体としての市場規模は縮小傾向ではないにもかかわらず、制作サイドと著作権を管理する出資サイドの間で相当動脈硬化を起こしていると類推できます。事実、私の知る若い映画監督たちも日夜資金繰りに苦労しています。

●資金調達の現状「製作委員会モデル」
配給会社、テレビ局、出版社などコンテンツを流通させる資金・ノウハウをもつ事業者が出資して製作委員会(民法上の任意組合)を組織し、制作会社に制作を委託します。コンテンツの著作権は製作委員会が保有するケースがほとんどです。出資のリスクが分散できるメリットはありますが、委員会の力が絶対で、コンテンツの制作サイドに権利が残らないため、いわゆる下請け構造からぬけられず、親だけ肥えて子はジリ貧になりがちです。
才能ある(なくても少なくともマーケットで評価を受けられる状態は必要)若い制作者には、こういう受託型のビジネスモデルから、自分で企画立案し、資金調達・回収できるスキームが必須のように思われます。

●資金流通のもう一つの可能性
最近、証券会社が媒介して、映画の出資金を個人投資家に求める映画ファンドがではじめましたが、版権の問題、分配の問題で必ずしも成功しているとはいえない状況です。個人的に面白いのは、信託会社を使ったスキームかなと思います。

従来、金銭や動産や土地に限定されていた信託財産に、2004年の信託法の改正で、著作権などの知的財産権でも信託が可能となりました。この改正によって、作品からの収益を配当などの原資に見込んだファンドを作って、個人投資家から広く資金を募ったり、銀行から融資を受けたりする仕組みが可能になりそうです。

制作会社が著作権を保持したまま、自前で制作資金を確保し、良質な作品づくりに反映させることができれば、もっともっと市場が活性化しそうです。信託業のプレーヤーを信託銀行に限定しないように改正できれば、さらにたくさんの事業者が参入できそうです。

信託業者へのリスクをさらに分散させるためにも、これからはネットでのコンテンツ課金(少額決済のスキームも必要)を充実させることが必須です。これにより回収リスクを少なくできます。加えて、アメリカの完成保証制度のように、コンテンツの企画を持つ独立した制作会社を設け、制作前に配給会社、テレビ局などに企画の趣旨を説明し、コンテンツとの事前販売契約(プリセールス)を結び、プリセールスを前提(担保として)に金融機関、投資家から制作会社に資金を提供するスキームも面白そうです。

私は、根っからの自由主義者なので、フランスやイギリスのような政策税制で一分野でしかない映画産業を保護する必要はまったく感じませんが、映画、コンテンツを愛する人々の知恵で自己解決できるように頭と知恵を働かせていきたいものです。自分のケツは自分で拭く!

映画とは、しょせん奢侈財です。
なくても日常には何ら困らない。
でもそんな奢侈財も許容できない社会に私は住みたくない。

なんか銀河鉄道とはまったく関係のない話になってしまいましたが、日々悪戦苦闘しているすべてのコンテンツ制作に携わる人々にエールを送ります。私は、賢治のような感性はまったく持ち合わせていないので、論理をつかさどるという左脳の方で私なりに少しでも貢献できればいいなと思う一日でした。

何やら、堅い話になったので最後にご飯処の紹介です。品川アトレビルにある「リトルママン」で食事して帰りました。ここは、料理学校でクラスメートだった方が勤めていて一度お邪魔したかのですが、なかなか品川に行く機会がなく、今日が初リトルママンでしたw
f0070493_23514921.jpg

私がいただいたのは、玄米野菜カレー(600円)とキャロリンゴジュース(380円)です。マクロビオティックの中ではとても良心的なお値段です。味もとてもやさしい味でおいしくいただきました。ごちそうさまでした!!
[PR]
by sue0706 | 2006-11-05 23:48 | 食べ歩き日記
眠気覚ましの最終兵器を「1本いっとく?」
まだまだ完全ではありませんが、決算がだいぶ落ち着いてきました。一応昔はこういうの専門だったのに、いざ自分がやるとなると日々の帳簿付けもままならない。たまりにたまった書類の山。自分のダメ星人ぶりにさすがに凹みます。数字の方は、おかげさまでいろんな人に助けていただきながら今期も無事年が越せそうです。お客様、スタッフ、お世話になったすべての人に感謝感謝です。

金曜日:朋遠方より来る
6月の北海道取材で大変お世話になった方が東京にいらしたので、初台の隠れ家?「和えりあ」で再会を祝しました。鹿児島出身なのにアルコールが弱い私はウーロン茶で乾杯です。
f0070493_2253234.jpg

↑場末の感じが漂っていますが、すごく落ち着いた感じの店です。焼酎などもとても充実しています。私のお気に入りは豆腐たっぷりの「和エリア」サラダです。
f0070493_22535235.jpg

ミスター網走ことIさんは、大学の職員ながら、あの小野田さんの自然塾にも参加しているというとてもアツイ男です。いつか子供相手に自然や食育事業などご一緒できればいいですね。お土産に、北海道名物「鮭トバ」をいただきました。
f0070493_22544475.jpg

バックに写りこんだサーバのイルミネーションが謎ですが、味はとてもおいしかったです!あー、本当にプライベートでもう一度北海道に行きたくなりました。>ありがとうございました!

土曜日:
ちょっと日があきましたが、久々にsueファムに行ってきました。1ヶ月前にアグリ部の葛西君と深夜にマンションの駐車場で自作したボカシ肥料を3袋持っていきました。(ほんとは3ヶ月くらい寝かしたいところですが… しかし、おかげさまで部屋が少し広くなりました。残り後5袋です。)本当に甘酒の匂いというか、発酵の芳醇な香りです。
f0070493_2255187.jpg

今日は、それぞれの野菜の追肥に、この特製ボカシ肥を施肥しました。

それでは、本日の栽培記録です。
●ネギ
f0070493_22564288.jpg

だいぶ太さは立派な感じになりました。もう少し、白い部分を長くするため、最後の土寄せを行ないました。うーん、ネギ完成までもうあとわずかです。

●ニンジン
f0070493_2257667.jpg

順調です。ボカシ肥を追肥して、土寄せを行ないました。

●ダイコン
f0070493_22572837.jpg

だいぶ、首が太くなってきました。結構、硬い粘土質の土壌なのですが、びっくりするぐらいの力で根がはっていきます。ボカシ肥を片方の畝に施肥しました。

●キャベツ
f0070493_22575436.jpg

虫食いを心配していたペニーロイヤルミントとの混植の方ですが、何とか持ちこたえたようです。外葉が力強く大きくなり始めました。よかった。よかった。
f0070493_22582427.jpg

サンチュと混植した方は、相変わらず順調です。だいぶ大きくなったサンチュを今日も食べる分だけ収穫しました。肉はあまり食べないので、炒め物にして食べてみます。

●ブロッコリー
f0070493_22584850.jpg

順調です。混植したキク科のサニーレタス、ミニレタスの害虫の忌避効果があるのか?今のところミント系よりも虫に強い感じです。

●白菜
f0070493_22591293.jpg

アブラムシの卵を発見。手で卵をとり、元気丸を散布しておきました。ここで、頑張って踏みとどまるよう要チェックです。ところで、白菜の間引きを行なったのですが、葉面に結構はげしいとげがあることを生まれて初めて知りました。
f0070493_22594798.jpg

f0070493_2301162.jpg

スーパーで買っている白菜をイメージして鷲つかみすると、激しく痛かったです。やっぱ生きてるんだなぁと小さなことにまたまた感動コーポレーションです。

●カブ
f0070493_230351.jpg

畝の壁にロッククライミングのようにしがみついているど根性カブを発見。←種まき時にこぼれただけなのですが… なんか愛おしいです。重力に負けずおいしいカブになってくれ!

●高菜とチンゲン菜
f0070493_2305723.jpg

先々週までは、真ん中に溝施肥した部分だけ圧倒的に生長がよかったのですが、だいぶ両端の野菜もちょとずつ大きくなっております。今日は両側にもボカシ肥を追肥。

●小松菜
f0070493_2312071.jpg

時間差で植えた小松菜ともに順調です。一部虫に食われていますが、まぁまだ場所代レベルです。あー早く小松菜食べたい!

●春菊と水菜
f0070493_2314894.jpg

発芽がちょっとまばらになりましたが、生長は順調です。

●パセリ
f0070493_2321031.jpg

ちょっとあきらめかけていたのですが、何とか発芽していました。昔はあまり好きではなかったパセリですが、今は玄米パエリアなどになくてはならない私の大事な食材です。

●サトイモ
f0070493_232328.jpg

今日も、先々週に続いてサトイモを収穫しました。手前味噌ながら、味も本当においしかったです。写真は、石川早生という品種です。子芋も絶品でした。親イモが何ともいえないヌメリがあるセレベスも大量に収穫しました。GWから約半年畑を占拠したサトイモ君ですが、食べた時の感動は今までの苦労を消し去るぐらいです。なんか本当に自分の子供みたいです。後、半分は来週とりきろうと思います。

今日は、3番目の圃場にタマネギとサラダスナップ、スナックエンドウなどの畝を4つ作ろうと思っていたのですが、小雨が降ってきたので今日はここで撤収です。

お休みの中、畑仕事を手伝ってくれた板橋のアグリ部蟹A男さん、どうもありがとう+お疲れ様でした!


と気持ちよく家路に着く予定が、思わぬ首都高の渋滞に遭遇してしまいました。となりで葛西君が話しかけてはくれるのですが、徹夜明けで眠気に耐えられず、例のアレを1本いっておきました。
f0070493_233339.jpg

この眠眠打破(みんみんだは)。私にはかなり強烈に効きます。あれだけ眠かったのが、たった1本で、10秒後には覚醒します。2年前に大阪へ日帰りで車出張した時に、大阪を過ぎて、京都に差し掛かった際、1本飲んだら東京までぎんぎんに目が冴えてしまったという私の最終兵器です。成分的に大丈夫?と思うぐらいよく効きます。あまりこの手の飲み物はくせになるといけないので、ここぞ!というときだけ服用するようにしています。
[PR]
by sue0706 | 2006-11-04 23:03 | 美味しい野菜が作りたい