カテゴリ:その他( 3 )
雪の日本海で温かい皆さんに会ってきました!
11月22日に我が家に新しい娘が産まれてから、想像以上の忙しさからすっかり畑にも行けておりません。妻が娘と母乳の需給が合わず乳腺炎にかかったり(今はだいぶ良くなってきました)、家をあけにくい状況ではあったのですが、いろいろな人に助けてもらいながら何とか外出の目処がたったので、今年最後の取材に、京都の丹後半島にある伊根町というところに行ってきました。

新幹線で京都駅は何度か通ったことがあるのですが、同じ京都でもこんなに違うのかと今回の旅で初めて知りました。京都縦貫道という高速がまだ全部つながっていないので、京都駅から高速と県道を乗り継ぎながら、2時間30分ぐらいで何とか雪の降る日本海の方に行って来ました。寒すぎです!!

当日の撮影が朝の6時入りだったので、現場から車で30分ほど手前の天橋立近くのホテルに前泊しました。夜遅くついたので、日本三景の天橋立は拝めずじまいです…

ホテルの人に紹介してもらって晩御飯を食べに行ったのが、「ニューきらく家」さん。なぜニューがつくのかは謎ですが…

ディレクターと明日の取材について少し打ち合わせもしたかったのですが、ご主人のあついマシンガントークでずっと喋りっぱなしの2時間でした… 気さくで何とも言えない味のあるおやじさんです。
f0070493_184445.jpg

絵画趣味で、店内にはたくさんのご主人が描いた地元の絵がありました。料理の方は、海鮮丼が特に美味しかったです。
f0070493_1841913.jpg

ご主人おすすめの焼きガニもいただきました。こちらも美味です。
f0070493_1843189.jpg

いろいろな魚のあらを煮込んだあら煮も絶品でした。

取材先の向井酒造さん作のにごり酒もいただきました。
f0070493_1845782.jpg

鹿児島出身なのにお酒にめっぽうに弱い私は一口だけいただきましたが、香りがとてもよくとても美味しくいただけました。おやじさんもこのにごり酒を絶賛してました。

美味しい魚とカニとおやじさんの人情に触れたい方は、ニューきらく屋さんにどうぞ!
☆ニューきらく屋☆


翌朝、朝の4時に起床し、レンタカーのフロントガラスにたまった雪をフロントの方と一緒にとりのぞき、慣れない雪道を伊根町まで向かいました。

6時前に現場につくと、もう朝の仕込み作業を行っていました。外はまだ暗いです。
f0070493_18111248.jpg

ここの酒造りをとりしきる杜氏は女性で向井久仁子さんといいます。東京農業大学の卒業生でもあります(ちなみにお父さんも妹さんと弟さんもみな農大卒!)。

ここに今1年追いかけている東京農大の醸造科学科の学生2名が2週間近く学外実習として住み込みでお世話になっています。

蔵の二階から、発酵が均一になるように小さい体に取回しが難しそうな長い棒でかき混ぜています(櫂入れ)。頑張れ!
f0070493_1864812.jpg

活性化された酵母がブクブク肉眼でも見えました。

蒸しあがったお米を、大急ぎで冷めないように運びます。
f0070493_1872618.jpg

結構な力仕事です。

外は0℃近い中、蒸したお米に麹菌をかけるため室という部屋で作業を行います。ここだけは、30℃近い室温です。カメラも急な温度の変化に対応出来ず大変でした。

妹の聡子さんと実習生の2人でお米を広げています。
f0070493_188275.jpg

そして、麹菌を久仁子さんがまきます。手さばきが絵になります。
f0070493_1882629.jpg

私たちはお昼過ぎに取材を閉めましたが、皆さんは午後もたくさん仕事が残っているようでした。お米や菌など生きたものを扱うので繊細さと大胆な力仕事がミックスしたような本当に大変な作業ですが、普段何気に口にするお酒というものが、こんなにも大変な工程を経て出来上がっているのかと思うとお酒いっぱいにも一期一会の気持ちが一杯になります。

こういう職場というのは得てして、目で見て盗め!の世界で、近寄りがたいイメージのある職人さんですが、こちらの皆さんは、実習生の学生にも本当に丁寧に親切に教えてくれます。ここまで仕事させてもらって学生にとっても本当にいい経験になったかと思います。こういう気配り、目配り、心配りのできる人達に囲まれて作られたお酒は、何ともいえない温かいアジがあります。忙しい作業の合間に、美味しいお食事までいただき本当に皆さんありがとうございました。
f0070493_189050.jpg

仕事とはいえ、本当に楽しい1日でした。子供が少し落ち着いたら、家族でプライベートで必ず再訪しようと思いました。

お土産に、お酒とお菓子を買って帰りました。

伊根満開は、栄養価の高い赤米も入っているお酒です。
f0070493_18101277.jpg

美穂久仁は、久仁子さんと農大時代の同級生美穂さんが作ったお米で作った二人のコラボレーションです。学生時代からの二人の夢だったそうです。いいですね。こういう作品。

お菓子は、伊根満開の酒粕を使ったロールでとても美味しくいただきました。
f0070493_18105059.jpg


f0070493_1892674.jpg

☆向井酒造☆



留守中、妻からもらったみなのじ通信。夜中に怪獣になることもたびたびですが、それでも何ともいえず可愛いです。by親ばか1号より。

よくやるポーズ、どうもスミマセン。
f0070493_1811356.jpg

母乳をたくさん飲んだ後の恍惚のみなのじ。
f0070493_18115396.jpg

今週末は、1ヶ月検診です。すくすくと育っています。
f0070493_18121237.jpg

[PR]
by sue0706 | 2009-12-23 18:12 | その他
久しぶりの病院生活
ここ5年ばかり付き合ってきた肩の痛みと完全決着をつけるべく肩の内視鏡手術を受けてきました。病名は、石灰沈着性腱板炎といって五十肩(←まだアラフォーですが…)の一種だそうです。忙しさにかまけて初期の治療をほっぽいておいたらすっかり慢性化してしまいました。やはり何か調子が変だな?と思ったら早め早めにお医者さんに診てもらった方がいいですね。

手術前にMRIとCTを撮りました。肩の腱板周りに4,5個、黒コショウの粒のような大きさの石灰が沈着しており、これが疼痛の原因でした。

執刀してくださる先生は、内視鏡を使った肩の治療ではとても有名な菅谷先生という方で場所は何と千葉の船橋!(失礼…)です。都心の大きな病院は何件も回ったのですが、こともあろうに肩の最先端は千葉の船橋にありました。
船橋整形外科病院

手術当日は、手術着の下にT字帯(ティージタイ)のみを着用して手術室に向かいました。T字帯?何やらちょっとエッチィ響きですが、何のことはない「ふんどし」のことでした… 御開帳された際に、ちょっとでも場の雰囲気を和ませるように、T字帯に「恐縮です!」とペンで記入しようとしたら、妻にそんなエンタメはいらないと軽くたしなめられたので、大人しく名前だけを記入しました…

「い~ちぃ、に~い、さぁ~ん…」とどこまで粘れるかと思っていましたが、その前の濃度の調整?の段階ですぐに落ちてしまいました… お酒飲まないから麻酔の効きがいいのだろうか?

全身麻酔のため、手術中のことは一切記憶にないのですが、意識が覚めた時は、ベッドの上でした。まだ頭が朦朧としているのですが、下半身に明らかに例の管が刺さっている感触が… また抜く時が何とも言えない痛みと恥ずかしさです。あれは2度目ですが、何度やっても嫌なものです。

手術当日は、妻の助けでシビンを使っておしっこをしました。…一生頭があがらないなと思いました。弱っているところを人に見せたなくない性分なので、病院には来ないでくれとしつこくお願いしていたのですが、やはり鹿児島の実家から母親と病院勤務で忙しい中、姉も来てくれました。来るなといったもののやっぱり家族なんですよね。ありがたしありがたしです。

2日目からは、だいぶ余裕がでてきて、病院内を徘徊できるようになりました(ただ薬のせいかとても眠くて頭がぼーっとしています)。
f0070493_11481160.jpg

写真の肩の装具で思い出しました。

この病院、スーパードクターもいて、病院内にも情報開示の広告が徹底されていて、すごくいい病院だとは思うのですが、?と思った点を少々。

肩の装具に関する無駄遣い。
腱板に傷をつけているので退院した今でも、1ヶ月はこの黒い肩の装具が必須なのですが、この装具、病院の治療費とは別に23,000円弱かけて業者の方から直接購入します。保険申請でほとんど返ってくるので自己負担は少ないですよというのをセールストークで言われるのですが、腐っても日本大好き人間の私にとって、ムダなシステムだなと思いました。結局税金の無駄遣いです。このご時世、一生使うわけでもないこういった装具では買い取りにする意味が分からないし(レンタルで十分です)、申請して返ってくることを前提にすると医療にかかわる高コストを助長しかねません。

そして、一番ムカついたのがこの装具の代金を回収する装具屋営業マン。
手術後意識が覚めた頃に唐突に入ってきて、いきなり装具の代金システムを語り始めたおやじ営業マン。意識が朦朧としているなか、何で今来るの?とむかつき度MAX。しかも、「大変な時にすみません」とかの一言もなくいきなり代金の話や保険申請の話をはじめるおやじ。お前いい加減にしろよ!と思いながら、とりあえず出て行ってもらいました。およそ茶目っ気のかけらもないこのおやじ営業マン。どんな理由・経緯があって病院に入っているのか不明ですが、天下り臭がぷんぷんして不快な感じでした。

すごく良くしてくれる看護士さんもいたので、フェアに書かなくてはなりませんが、若い看護士にため口をきかれました。この娘、仕事もしない(私の点滴を抜き忘れていました)くせに、態度だけは超Lだったので、その言葉遣い何とかなりませんかと軽く本人に注意しました。装具屋のおやじに比べればかわいいものですが、この医者や看護士って言葉遣いを含めて不遜な連中が多い気がします。お客様(患者)が神様だとは思わないですが、その上から目線はぜひ改善してほしいですね。もう少し節度ある対応をしてもらいたいものです。

というわけで、22日(月)。これから抜糸にいってきます。まだまだリハビリが長く続きますが、一日でも早く仕事に完全復帰できるように頑張ります(鍬や管理機を使った畑作業を当分できませんが…)
[PR]
by sue0706 | 2008-12-22 12:05 | その他
保守派ですが、環境問題にも興味あり!
男子たるもの30過ぎて、僕は中道ですという男ほど(個人的に)気持ち悪いものはないと思っているタカ派な私ですが、こと環境問題に関しては保守派であっても大いに興味があります。

*自分の立ち位置がはっきりしない人は、まぁお遊びレベルですがポリティカルコンパスというものがありますので、興味のある方はどうぞ。
☆ポリティカルコンパス☆

ちなみに私は、政治的に右(保守度5.8)、経済的にも右(市場信頼派2.41)といういわゆる「保守右派」に分類されました。
でも、例えばQ2-21では、「不景気時には公共事業を実施すれば景気が回復する」という設問がありますが、同意すれば左(政府介入派)に加重され、同意しなければ右(市場信頼派)と加重されるのでしょうが、今時、この二者択一で景気対策するなどあり得ないので、前提がかなり甘いゲームですので、あくまでも遊びとしてお楽しみください。

そんなタカ派な私ですが、農業しかり環境問題には大いに関心があります。

今回仕事でおじゃましたのは、私の大好きな東京農業大学さんの鈴木研究室です。
f0070493_4525372.jpg

こちらの研究室では、固体発酵によるバイオマスエネルギーの研究をされています。地球温暖化抑制(=二酸化炭素の排出量を減らす)の切り札として、石油石炭などの化石燃料ではなく、有機物を使ったクリーンなエネルギーの開発が進められています。一般的には、バイオマスエネルギーは、トウモロコシなどの栽培作物を使ってエタノールを作るのですが、トウモロコシの大量伐採による森林破壊の問題や、穀物相場への悪影響、そして肝心のエタノールを精製する際にまた工場で二酸化炭素を発生させてしまうなど、栽培作物によるエネルギーにも問題点が多く指摘されています。

そこで、生ゴミや廃材などの廃棄物を使ったエネルギーが現在注目されています。しかし、廃棄物系でも、エタノールにするための前処理の段階で、廃液の問題、残渣としての二次ゴミの問題がありました。

廃液を出さないために、こちらの研究室では、麹菌、酵素、酵母などの微生物を使って固体発酵という方法でエタノールやメタンガスを精製できるのです。この廃液を出さない固体発酵というシステムが画期的で、今、全国の自治体、企業から注目を浴びています。ちなみに残渣は、有機物たっぷりの肥料となります。まさに捨てるところがない無駄のないシステムです。

ちなみにこんな感じです。
東京農大さんのある世田谷区の小学校などから集められた給食の残渣です。
f0070493_454264.jpg

これを一定の大きさに粉砕します。夏の作業は大変だろうなぁ…
f0070493_454459.jpg

ゴミを上部から入れ、微生物を混入し発酵させてます。
f0070493_4551288.jpg

エタノールが精製されます。
f0070493_456247.jpg

しかーも!残った残渣は、有機物たっぷりの発酵済み肥料になります!!←これが欲しい!
f0070493_4561950.jpg


大学が地域に根差して、実学を地でいくような研究で、先生も学生さんもとにかく目がいきいきしていて取材しているコッチが仕事とはいえ、楽しくて仕方ありませんでした。いやー本当にいい勉強をさせてもらいました。ありがとうございました!!

そして、個人的には一番感心したのが、学生さんたちの気配り。激サムの外での撮影となっていた私たちに、ストーブを出してくれたり、取材の最後にはいつの間に買ってきたの?と思ってしまうほどのさりげなさで、私とディレクターに温かい缶コーヒーを差し入れてくれました。37歳のおやじにはこういった気配りに涙出そうになります。翻って弊社のスタッフでここまでお客様に自然な対応ができているか… う~ん、反省反省。でもこういうのってやはり親御さんの躾というか家庭環境の影響が大きいんだろうな。よーし、こういう学生さんがいる限り日本の未来も捨てたもんじゃないぞ!!とちょっとオヤジ風な感想を持ちました。
f0070493_4565646.jpg

お世話になった学生さんたちと感動の缶コーヒーを片手に記念写真。学生さんありがと!!


●末吉家ニュース
「親思う 心にまさる親心 今日のおとずれ何ときくらん」

安政の大獄で若干29歳で斬首された吉田松陰の言葉です。辞世の句である
「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし大和魂」
ともに私の脳裏に深く刻まれている句です。松陰自身、自分の信念に基づいて行動したので、死刑になっても何らおのれに恥じることがないとしながらも、息子の処刑の報を受ける自分の親のことを思うと何ともいたたまれない気持ちであったかと思うと胸が苦しくなります。

母親が今週、狭心症の疑いで心臓のカテーテル検査を受けました。父親には大変失礼ながら、わが末吉家では、父が先では…と要らぬ心配をするぐらい、私の母は元気だったのですが、去年から胸が苦しくなることが数度あり、今回の検査入院となりました。手からカテーテルを入れて血管の細くなっている個所を調べるという聞いているだけでも痛そうな感じの検査ですが、一応手術が必要な狭さではないということで家族でほっと一息つきました。

松陰ほどの大業をなしたわけではありませんが、私自身、自分の信念に基づいて生きてきたとはいえ、自分のやりたいことのために遠回りをし両親にどれだけ心配をかけたことかと思うと、ふと松陰の句を思い起こしました。一寸先はわからない現世ですので、どちらが先にあちらの世界に旅立ちかは誰にもわかりませんが、新しく家族になった妻のご両親を含めて、私にできる範囲ではありますが親孝行をしていきたいと改めて思った今週でした。
[PR]
by sue0706 | 2008-01-25 04:57 | その他