カテゴリ:美味しい野菜が作りたい( 106 )
アースデー@渋谷に行って来ました!
今日は、渋谷のNHKホール横で行われていたアースデーというイベントに午前中参加してきました。お昼から仕事が入っていたので、分刻みで移動しようとするもなかなか現場につけない。警察やら、スピーカーでかなりうるさい渋谷だったのですが、喧騒の理由はアースデーのイベントではなく、ちょっと早い第77回メーデーイベント中でした。←もう書くのもうっとおしいのですが一番苦手は左巻きの連中ですw

のっけから私の進行方向をさえぎり、「打倒!小泉政権」「守ろう!憲法9条」などアジビラを執拗に押し付けてきます。えー、純粋な労働運動じゃないの?政治運動は別のところでやってくれ。にしても目つきがするどくて怖いです。まったく… そもそもこういう左巻きの連中に聞きたいのは、「9条と13条がコンフリクトおこしたらどうするの?」と問いたい。13条は「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、~最大の尊重を必要とする」という条文で、9条なんかより、近代デモクラシーという意味(国家の役割の第一義は国民の生命・財産の保護)では一番大事な条文です。9条を徹底させた場合、不戦を貫くために国民がテロやゲリラ攻撃を受けても甘受するというのか?そんなこと70超えて必死の思いで頑張っていらっしゃる横田ご夫妻の前で言えるのか?現実の世界は君達のうすっぺらいお花畑の脳みそで妄想しているような善意の世界ではないことを10代のガキじゃあるまいし、いい加減に知って欲しい。
f0070493_1405515.jpg

渋谷の公園通りをしきる左巻きに、今度は交差点を越えてさらに外回りには右巻きの街宣車…
f0070493_14120100.jpg

いやー、右左問わず、自分の主張のみで他人の意見に耳を傾けない団体って本当にうっとおしいです。なんかいきなり不快な思いをしましたが、やっとアースデーですw
f0070493_1401858.jpg

私が週末なんちゃって農業人を志した際に非常に勉強させていただいた「超かんたん無農薬有機農業」という本を出されている高知の山下一穂さんという方にお会いすることができました。
f0070493_142787.jpg

想像したとおりの、ちょっとやんちゃそうなおじ様という感じでしたが、高知での農業のことなどいろいろお話させていただきました。貴重なお時間をありがとうございました。またお野菜も食べさせていただいたのですが、青梗菜など生でいただけてとてもおいしかったです。にしても農薬を一切使用せず、ほんと形がきれいな野菜たちで、「無農薬=虫がくっていて形は悪い」という図式は山下さんの野菜にはありません。EM菌についてももう少し勉強してみよう…
f0070493_1425734.jpg


その他にも、いろんな農業に挑戦されている出展者の方とつかの間でしたが、楽しい時間を過ごさせていただきました。なかでも、埼玉の本庄市で活動されている「つぶつぶ農園・和菜」さんから空心菜、ゴーヤ、なすの苗を分けていただきました。
f0070493_1433229.jpg

パンフレットも頂戴しましたが、志の高い理念ですごく共感できました。なかなか生産の現場は大変でしょうが、こういう若くて元気のいい方たちが農の分野で本当に頑張って欲しい!と思いました。繁忙期の時など老体に鞭打って手伝いに行きますのでぜひ声かけてくださいね。

時間もあまりないなかであわただしく回りましたが、持続可能な農業で安全な食を提供するというコンセプトでいろいろなところから集まっていた皆さんから元気をいただいた感じです。とても楽しいイベントでした。さぁ明日はいただいた苗を定植だ!
[PR]
by sue0706 | 2006-04-29 23:38 | 美味しい野菜が作りたい
エダマメ、カボチャ、冬瓜の定植!
夏野菜を実り多きものにするためには、GW近辺のこの時期は、畝作り、苗の定植等しかけておかなれければならないことが山ほどあります。まだまだ半人前ながら、農作業をはじめるとこういう四季折々の変化を作物を通じて感じることが多くなり、ちょっとしたことに感動する30代です。

今日の午前中はおなじみ野菜塾での講義。講義前に先々週ポットに植えたロメインレタスを確認。うん、いい感じに育っています!
f0070493_20262737.jpg

今日は講師に村井千里先生を迎えて種子、球根などの種苗の勉強です。村井先生は、植物学のエキスパートで、グリーアドバイザーの資格試験の講師を務めるなどその道ではとても有名な先生だそうです。←大変失礼ながら、私はお名前を存じ上げていませんでしたがm(__)m

単子葉植物、双子葉植物、有胚乳種子、無胚乳種子などなど植物図鑑のような話になかなかついていけませんでしたが、授業の内容はとても濃いものでした。中でも種なしブドウの作り方、F1品種と遺伝子組み換え食品の違いなどすごくためになりました。講義の合間合間に和田勉クラスのダジャレを連発するのですが、お人柄のせいかすべっても人を不快にしないかわいらしいおじいちゃまでした。←先生ゴメンナサイ!

f0070493_20281555.jpg午後の実習は、楽しみにしていたトマトの栽培。今回は高い支柱を使わずに露地に広がる地這い栽培(じばいさいばい)という育て方をします。
品種は、イタリア料理にかかせない調理用トマト「サンマルツァーノ」です。野菜塾では基本的に無農薬で育てるので、土の上にマルチシート(地温維持、保湿効果、草の防除)をかぶせます。←これから夏に向かうので、黒のマルチではなく、シルバーまたは白のマルチを使用。しかーし、色の意味を知らなかった私は間抜けにも黒のマルチシートを通販で大量購入してしまいました(^^ゞ あーあ、冬まで使い道がないなぁ。トマトを無事定植して今日の塾は終了。予断ですが、今日は講義の間、NHKの取材が入っていました。年甲斐もなく私もインタビューを受けましたw 泥付の野菜を軽く拭いてほおばるという演出だったのですが、実はしっかり泥を洗わないと口に入れるのが苦手なのに、ラディッシュの泥をがっつり口に含んだまま営業用スマイルをしてしまいました。普段は取材する側なのに、いざカメラを向けられるとかなり緊張する… 明日から取材先では演者の方にもっとやさしく接しようと軽く決意しましたw

野菜塾が終了したら、高速で越谷の農園へと忙しく移動!
f0070493_0215341.jpg

土がだいぶ乾燥していたにもかかわらず、大地を割ってニョキっと芽を出し始めたジャガイモ君たちに感激!自然の力って本当にすごい。永田農法でおなじみの住友液肥を散布しました。天候さえよければ次回はとりあえず1週間後にまた少量液肥の投入です。

ネギもだいぶ順調に育っています。このネギがうまくいったら、自宅のベランダでもワケギの栽培をしてみたいです。玄米ごはん、おそばなどの薬味にベランダから必要な分だけ、ワケギをもいで食べる。うーん、贅沢だよなぁ。最近こういうささやかなことに喜びを感じる35歳です。

今日は、畑のはじっこの畝に、エダマメとエンドウマメ、もう一つの畝にカボチャと冬瓜を定植しました。
f0070493_20405630.jpg

カボチャってマクロビオティックでゴボウと並んで私の冬の定番素材だったのですが、10,11月に収穫するために今の季節から苗を植え始めるってはじめて知りました。大好物のカボチャ君!元気に育ってくれよ!というわけで、今日もなかなかハードな一日でしたが、とても充実した週末でした。いよいよこれから、トマト、ナス、キュウリ、ゴーヤなど夏野菜の定植だ!

農園のご主人、野菜の達人お父様今日もいろいろ教えていただきありがとうございました!
[PR]
by sue0706 | 2006-04-23 20:30 | 美味しい野菜が作りたい
ビバ三昧!ビバ家庭菜園 and ビバホーム!
今日も午前中は野菜塾、午後は貸し農園へと楽しくもハードな一日でした。野菜塾の講義は、野菜+ハーブの原産地を世界の気候帯分布から俯瞰しました。地中海性気候に、温暖湿潤気候などはるかはるか遠ーい昔の地理の授業で習った気候帯の名前の数々-。ハウス栽培のおかげで、一年中好きな野菜をいただけて大変ありがたいのですが、片方で野菜の旬など季節感を忘れがちになってしまうのは効率化の代償なのでしょうか。
今回の授業では、普段食べている野菜やハーブの数々の原産地をたどり、もともとどんな栽培環境に適した作物であったのか勉強しました。

日本では、ハウス栽培でないとなかなか難しい野菜の一つがトマトなのですが、原産地はアンデス山脈付近の標高3,000mを超える高地だそうです。気候一つとってみても、東京が年間の平均気温が15.6度であるのに対し、熱帯高地気候の一つボリビアのラパスでは、8.8度です。年間の平均降雨量も東京の1405.3mlに対して、ラパスは688mlで雨も少ないです。また昼は30度近くになるのに夜は0度近くと1日の温度差(気温の垂直変化)が大きいのも特色です。講義で先生もおっしゃっていたのですが、TVでよく見る「顔は比較的色黒なのにマントをはおっている」イメージは、周りは熱帯なのに、高地ゆえの寒さももつ熱帯高地気候の特色だそうです。多少品種改良はされているでしょうが、ここまで原産地と気候条件が違えば、なぜハウスを使って雨よけしたり、気温管理したりする必要性があるのか頭でも理解できます。これからいろいろな野菜を栽培してく上で、こういう原産地から野菜の栽培特色、傾向を知るというのはとても大切なことだとあらためて感動しました。

実習の授業では、大好物の里芋を定植しました。土垂(どだれ)という品種とえび芋←京料理の高級食材です!を植えつけました。収穫は、11月とまだまだだいぶ時間がかかりますが、巨大になるという葉と根っこをみるのが今から楽しみです。マクロビオティックでは、里芋は定番食材の一つで本当に大好きな食材なのですが、これからは自分で収穫したら今まで以上に愛情がわきそうです。塾のみんなで開催予定の芋煮会が楽しみです!

お昼は、またまた併設レストランでパスタをいただきました。豆乳クリームのカルボナーラ!結構濃厚でおいしくいただきました。ごちそうさまでした。
f0070493_22535389.jpg

午後は、塾のクラスメートのみなさんと←私を含めて3人ともかに座のA型!何ていうことはない偶然なのですが、勝手に親近感が沸きましたw 一緒に越谷の農園に付き合ってもらい、"畝作り"をしてきました。
f0070493_22552730.jpg

先生方のように手首のスナップを効かして、まっすぐに平らに畝を作り上げるにはほど遠い段階ですが、ほんの少しだけこつをつかんだような気もします。お二人には貴重な休日の午後に畝作りの手伝いをさせてしまい大変恐縮しましたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。感謝感謝です。しかーし!明日は3人とも筋肉痛の予感120%ですw お大事に!!

帰りにお友達から教えてもらった、板橋のホームセンター「ビバホーム」←いまどきビバ!ビバですよ。 に立ち寄りました。あまりの感動的ネーミングセンスに写真を一枚。
f0070493_2254505.jpg

しかし、園芸関係の品揃えはビバ!の一語です。スウィートバジルの苗、ミニトマト、ルッコラ、チャイルドリーフなどの種を購入しました。自宅のマンションのベランダで栽培可能(のはず)な各種プランターをGET!いろいろ見立てていただいてありがとうございました!

栽培がうまくいくと手作りのレタスや、バジル、ルッコラを必要なときに必要な分だけもぎ取って食べる。うん、想像しただけど口元からしまりのない液がでてきそうです。デロンギのコンベクションオーブンのピザシートをまだ使っていないので、バジルとルッコラができたら、全粒粉の根菜ピザを作ってみようと思います!

さぁ楽しいオフタイムを過ごすことができたので、来週からまた気合を入れてオンタイム頑張ります!!
[PR]
by sue0706 | 2006-04-16 22:56 | 美味しい野菜が作りたい
サニーレタスの定植
週末なんちゃって農業人のsue44です。今日の野菜塾の講義は、「土壌の基礎知識」。おいしい野菜を作ろうと思ったら、良質な土作りはかかせないのに、良い土壌とは?と聞かれたら、なかなか説明が難しい。今日は、そんな土壌の構造を大きく「物理性(水はけの良し悪し)」「化学性(水素イオン濃度)」「生物性(有機物の分解)」の3つに区分してそれぞれの特色を勉強しました。

今回の講師の方は、まだまだお若い方でしたが、こういう難しい土壌の特色を科学的アプローチで非常に分かりやすく解説してくれてとてもためになります。今日のTIPSで特になるほどと思ったのが、土壌の表記法。最近暇を見つけては、中野にあるホームセンターのガーデニングコーナーに行くのですが、肥料などのパッケージの単位はKgという重量表記なのに、土壌については、なぜかリットル(またはミリリットル)という容積表示なのです。理由は講師の方によると、土は、乾燥したり、湿ったりと水分量で重量が変化するので、Kg表示できないとのこと。土壌を物理的に構成している要素は「土の粒子」と粒子の隙間にある「空気」と「水分」の3要素(三相分布)で成り立っており、環境によって隙間部分の空気と水分の質量が変化するためだそうだ。知っている人には、なんていうことはない情報なのですが、こういう豆知識、異様に感動します。うーん、何気なく食べている野菜一つとってみても、奇跡のような自然界のバランスで連鎖していると思うと結構感慨深いです。
f0070493_20523110.jpg

土壌の講義の後は、耕運機とクワを使って畝立ちの練習をし、最後にマルチのうえに、サニーレタスを定植して今日は終了。元気にレタスが育ちますように!頑張れレタス君!
f0070493_2053061.jpg

またまた野菜塾のレストランでランチを食べました。前回の穴子に厳しい評価をしてしまいましたが、今日のパスタは絶品でした。サラダは毎回おいしいです。今日は☆☆☆☆☆でした。ごちそうさまでした!

午後からは、越谷の農園に移動し、先週植えたジャガイモとねぎに水をやり、残りの区画を耕運機で畝りました。
f0070493_20533640.jpg

こちらの農園では、GWぐらいからいよいよ、なす、トマト、きゅうり、枝豆、ししとう、かぼちゃなどの栽培をはじめます。おぅぅぅ。かなり興奮しております。そうだ、おくらとゴーヤも大好物なのでスペースを見つけて栽培してみたいです。栽培計画ができたらまたアップいたします!
f0070493_205438.jpg

最後に、土壌のpHを測る機械で、sue44Farmの酸性度を測定。堆肥と石灰をまいた後で、pHの値は弱酸性の6.5程度。←ちなみにph7がちょうど中性です。ほうれん草(弱アルカリだそうです)などは別でしょうが、なかなかいい感じの数値です。sue44Farmではおいしい野菜を作ることとともに、いろいろ実験したいことがあるので、こまめにデータをとり続けて先人の偉大な農業の知恵を私なりに分かりやすい数値化ができるかどうか何年かかけて検証してみます。←何の仕事の人か分からなくなりそうですがw
[PR]
by sue0706 | 2006-04-09 20:54 | 美味しい野菜が作りたい
ジャガイモとねぎの栽培はじめました!
いよいよ楽しみにしていた、「野菜塾」と「貸し農園」生活がスタートしました。ちょっと昨日は仕事が立て込んでおっさんの分際で徹夜明け(学生に教えてもらった業界言葉"オール")で目を腫らしたまま初日の授業に参加。私が、午前中に農業技術全般を学ばせていただいているところは、板橋区西台にある「野菜塾」←30過ぎて"塾"という名前のところにお世話になるとは思っていませんでしたがw ここでは、都心にもかかわらず、農業、園芸、アロマテラピーなどを基礎から学べます。前半の講義は、「多品目作付けの基本的視点」。「輪作」「アレロパシー」「ポタジェ」「コンパニオンプランツ」などなど当たり前のように業界用語が飛び交う。やばーい!全然話についていけん!唯一分かったのは、野菜の茎が伸びて硬くなり、食べ頃を過ぎる症状を「トウが立つ」ということ。女性がたくさんいらっしゃる中で「トウが立つ」を連発する講師の先生に平成のラスト侍を見るw

確かに授業は結構難しかったけど、野菜の分類法や派生の歴史(ケール→ブロッコリ→カリフラワー→コールラビ→芽キャベツ→キャベツ→白菜…etc)などとても興味深かったです。こういう歴史的経緯って非常に興味があります。また普段アジ釣りでよく行っていた三浦半島でよく見る畑の「マリーゴールド」は、秋にすきこんでそのまま肥料になるそうです。マリーゴールドをすきこむことによって、後に育てる特産である三浦ダイコンに寄生するセンチュウを防除する効果があるそうです。こういう植物どおしを組み合わせることによって、病害虫や雑草の被害を軽減することを共栄作物(コンパニオン・プランツ)と呼ぶそうです。うーん植物の世界って奥が深いです。これからの塾での毎日が本当に楽しみになりました。頑張るぞ!

実習の最後に、ロメインレタスの貴重な固定種をプラスチックの容器に各2粒ずつ投入!元気な芽を出してくれるといいなぁ。
f0070493_21341646.jpg


お昼は、新しくできたクラスメートの皆さんと隣接する野菜塾のレストランでいただきました。オーダーしたのは、1500円のサービスランチ。前菜、スープ、サラダ、ドリンク付で、メインは穴子丼でした。サラダは、さすがに自家栽培のとれたてに、ハーブのドレッシングでとてもおいしかったです。しかし穴子は身も細く、煮切りがゼラチンっぽくかたまっており正直微妙でした。今度は、カレーやパスタにも挑戦してみます。
f0070493_21365659.jpg


と、睡魔が限界にきつつも、午後は西台から、貸し農園のある越谷市に高速で移動。ここで友達の葛西さんと合流。道中、一度も食べたことありませんが、山田うどんの多さに郊外に来たことを軽く実感w

神社で町内会の花見で盛り上がっているご主人に恐縮しつつ、今回貸していただくことになった農園(60平米)で、土作りからクワや耕運機の使い方を教えていただきました。体のあちこちに力が入って、汗のかきかたと反比例するように畝作りはなかなかうまくいかない!そう、ぎこちないフラッシュアニメーションのような挙動にしばし凹む。そんな素人2人が悪戦苦闘する中、ご主人のお父さん@野菜作りの達人のクワさばきにしばし見とれる。最小限の動作で実にスムーズに土をうねっていく様子は名人芸でした。そう動きに無駄がないのだ!うーん深いなぁ。

土作りの後は、ご主人のご好意で、じゃがいもとねぎを分けていただき、早速蒔いて、わらをかけ、土をかぶせて今日の作業は完了しました。不慣れな素人にいろいろと優しく教えていただきありがとうございました。最後の作業を完了するや否や雨がきました。ぎりぎりセーフ!でした。まだまだ気が早いけど、収穫が楽しみです。元気にすくすくと育つといいなぁ。区画仕切り用の札にひねりが微塵もない名前「sue44ファーム」を元デザイナー葛西さん渾身?の作で農園に立てかけて記念撮影!おっっっっ!なんか盛り上がって参りました!しっかり理論と実践のバランスをとりながら、これからおいしい野菜作り生活がスタートです。
f0070493_21373162.jpg


追伸:
さんざんお世話になっておきながら、奥様に大根のおみやげまでいただきました。いつもいつも本当にありがとうございます!

ハーブandおいしい野菜塾
東京都板橋区西台2-12-12
03-3932-8117

味  ☆☆☆←野菜5、穴子2といった感じです
サービス ☆☆☆
CP*1   ☆☆☆
*1コストパフォーマンス

ファミリー農園
埼玉県越谷市東町5-232
[PR]
by sue0706 | 2006-04-02 21:38 | 美味しい野菜が作りたい
半農半×生活スタート!
f0070493_16475147.jpg

今日、埼玉県三郷の貸し農園を正式契約。千葉の農園と悩んだ挙句、交通の便とご主人の対応のよさで三郷に決定(小さい畑に高速道路で通うという経済効率無視の趣味ですw)。60平米の農園で待望の半農半×生活が4月からスタートだ!年甲斐もなくこのわくわく感。たまりません!これで農地はなんとか確保。後は栽培技術を磨かなくては…

実家での農作物は、慣行栽培に比べると極力農薬は使用していないのだが、厳密な意味で無農薬栽培ではない。この栽培手法が、どれくらい手間ひまがかかるものなのかどうしても肌で実感したかったのだ。とはいっても独学では学習効率が悪いので、同時期に板橋のほうで週一で有機栽培を教えてもらう塾に参加予定←塾なんて響きがなつかしいですが…理論の勉強は、ルーラル図書館に会員登録済み。これで、現代農業はじめいろんな農業技術・理論のデータベースにはフルアクセスの環境がそろった。ヽ(´ー`)ノバンザーイ

野菜塾で理論を学び、三郷の農園で栽培実験、恵比寿の料理学校で野菜料理のレシピを増やす。やばい!オフタイムがかなりのいきおいで充実していきそうです!これだけオフタイムの充実予定がたってきたので、オンタイムは今以上に猛烈に頑張れそうです。何年かかけて無農薬栽培のノウハウを身につけ、実家に技術を教えて家族で安全でおいしい野菜をつくる。これがささやかな夢。

写真は農園のご主人からおみやげにいただいた自家栽培のほうれん草とブロッコリー。さっそくブロッコリーを湯がいて自家製ゴマ味噌ドレッシングでいただく。実だけでなく、軸も本当においしい!!ありがとうございました>ご主人
[PR]
by sue0706 | 2006-03-05 16:48 | 美味しい野菜が作りたい