いつの日か挑戦するぞ!自然栽培!!
土曜日は、いつもはアグリ部として畑に行くのですが、今週末は楽しみにしていた「ナチュラル・ハーモニー」のセミナーに横浜に行って来ました。「医者にも薬にも頼らない生き方」という3回シリーズの一つで、特にかねて勉強したかった自然栽培の考え方、栽培方法のセミナーです。

今、sueファムで実験しているのは、無農薬、無化学肥料のいわゆる有機栽培(厳密には私が借りる2年前は農薬を使っていたと思われるので、厳密には有機栽培とはいえませんが…)なのですが、この自然栽培では、無農薬は当然ながら、肥料すら入れないで栽培する栽培方法なのです。無肥料で野菜が栽培できるなんて、近代農業の概念(野菜に必要なのはチッソ、リン酸、カリウムの3大栄養素+ミネラルなどの微量要素)を真っ向から否定するような栽培方法なのですが、実際にその栽培方法は確実に存在しますし、私がもっとも重視する食味がとにかくウ・マ・イ!のです。この辺は個人的感覚なので何とも言えませんが、永田農法(肥料は徹底的にきっていますが、化学肥料で育てる農法)と同じくらいおいしかったです。あえて言葉で表現するなら、永田農法は、味がぎゅっと詰まったおいしさ、有機栽培(生産者によって味はピンキリですが)は甘みの強いおいしさ、自然栽培は、有機ほど甘みはないけど野菜本来のシンプルな美味しさといった感じです。

私が、食べ歩いた自然食系のレストランで、一番おいしい!と感じた「アンゴロ」の野菜も自然栽培のものでした。

自然栽培の第一人者である、千葉の高橋さん(成田で自然栽培を30年以上続けている方)によると、土壌分析しても通常ニンジンを栽培するのに必要な栄養素(一般に1平米当たりチッソ14.4g、リン酸20.2g、カリウム15.6gが必要とされています)の1/10程度の養分しかないそうなのですが、無肥料で土の力だけで立派なニンジンができるそうです。種はさすがに肥料食いのF1品種ではなく、自家採取らしいですが… うーん、これは一度土壌サンプルをいただいて土壌分析を行なってみたいものです。

栽培技術的には、
土壌環境:肥毒層を取り除く
タネ:自家採取

肥毒層とは、彼らのジャーゴンで、化学肥料や石灰、農薬を使い続けることで、土中30cm近辺にできる層のことで、地温を測ると、ちょうどこの10cmぐらい(今までの肥料、農薬の施肥量によって変わるそうです)の層だけ、上層、下層よりも地温が低いそうです。

一般には、作土層(地上から30cmぐらいの層)と心土層の間にある耕盤(硬い層)のことでは?と思うのですが、まだ不明です。

この肥毒層をプラウやサブソイラーなどの機械を使って破壊し、さらにこの層が復活しないように、イネ科やマメ科の野菜を植えて、根で耕すそうです。今までに施肥した肥料・農薬の量にもよりますが、この肥毒層を取り去るのに5,6年かかるそうです。

ここからが、ちょっとカルトっぽいのですが、肥毒層を取り去ることによって、大地のエネルギー(+月、+太陽)を直接植物が取り込むことができ無肥料でも立派な野菜ができるそうです。自然栽培でできた野菜は、野菜をそのままおいても腐ることなく、そのまま発酵していくそうです。

ナチュラル・ハーモニーの代表で、今回の講演者でもあった河名さんも、この地球、月、太陽のエネルギーの作用によって植物が育っているという仮説を立てていましたが、個人的には、ジュールでもカロリーでもなく、測れない単位で安易にエネルギーという言葉を使うことにやはり抵抗を感じるので、何年かかってもいいので、無肥料で野菜が栽培できる根拠をあくまでも科学的に解明していきたく思いました。うーん、土作りに5,6年かかるのであれば、本当に1年でも早く田舎暮らしがしたくなりました…

とそんな自然栽培でできた野菜で作ったランチを会場併設のレストラン「ナチュラル and ハーモニック プランツ」をいただきました。
f0070493_21521484.jpg

前菜の新タマネギは、上にのっているのは、ニンジンの葉でした。嫌な苦味もなくとてもおいしかったです。
f0070493_21523354.jpg

大根ステーキとキンピラゴボウなど、何を食べても最高においしかったです。
f0070493_21525995.jpg


セミナーの帰りに、ショップの方で、私の大好きな「ふくふく(納豆)」が置いてあったので、2本大人買いしてしまいました。300gで1本1000円とおよそ納豆の値段にしては、かなり高めなのですが、一度これを食べるとなかなか3パック100円の納豆に戻れません。天然の納豆菌を使って、無農薬栽培の稲わらを使ったこだわりの納豆です。
f0070493_21533242.jpg

f0070493_21534565.jpg


日付変わって日曜は、朝の6時から涼しいうちにsueファムに畑の様子を見に行ってきました。

今週の栽培記録:

●タマネギ
f0070493_2154814.jpg

今週から、収穫ラッシュが始まりました。いつも主菜の脇役っぽいイメージのタマネギですが、主役のおかずとしていただけるようなレシピを考えてみます。

●葉モノ野菜
f0070493_2154232.jpg

f0070493_21543920.jpg

小松菜、チンゲン菜、ルッコラ遅まきながら間引きを行ないました。間引き菜を畑でつまみましたが、みずみずしくて最高においしかったです。

はつか大根もぼちぼちとれ始めました。
f0070493_21545831.jpg

これもまた生でかじってみました。程よい苦味で何ともいえずおいしかったです。
f0070493_21551450.jpg

水菜も順調に生長しています。

●カボチャ、スイカ
f0070493_2155343.jpg

やっと蔓がネットに届き始めました!さぁもっともっと生長して、空中でぶら下がるのが楽しみです!

●ゴーヤ
f0070493_21554794.jpg

ゴーヤも蔓がネットに巻き始めました!

●トウモロコシ
f0070493_21561100.jpg

1週間でびっくりするぐらい大きくなります。病気、虫、今のところ大丈夫です。←去年も雄花が咲くまでは全然問題なかったので、まだまだ安心はできませんが…

●サトイモ
f0070493_21562017.jpg

まだまばらではありますが、何とか全部芽が地上に出てきました。

●トマト
f0070493_21563642.jpg

ミニトマトに待望の実がつき始めました!!
f0070493_21565349.jpg

3週間遅れで時間差で定植したので、奥のほうはまだまだ小さいですが、今のところ順調です。手前の茎の太さがちょうど1cmぐらいなので、これ以上茎が太くならないように限界まで、肥料+水分をきって栽培を続けてみようと思います。枯れるのが唯一心配ですが…

今日は、スナップエンドウも撤収しました。来週からまたこの畝にモミガラとカルス菌を入れて土作りです。この畝は、1ヵ月半後にニンジンを栽培する予定です。

すっかりsueファムも夏仕様になってきました。暑さと病気と虫と雑草とりにあけくれる日々が続きますが、かわいい野菜ができるように頑張るのみ!です。
[PR]
by sue0706 | 2007-05-27 21:57 | 美味しい野菜が作りたい


<< 野菜の成長を感じる季節到来! 雨男関西に立つ >>