今日のアグリ部:寒風の中、天地返し
2007年もまだ始まったばかりなのに、今年の上半期のキーワードになる勢いで「バラバラ」が紙面を賑わしており、なかなか物騒です。中でも、新宿と幡ヶ谷の歯科医の事件は、家も非常に近く、さすがに東京だなと変な?実感しました。大人の夫婦のことは、それぞれ事情はあるのでしょうが、バラバラにするなんてやっぱりの異常性を感じにずには入られません。せっかく縁あって夫婦になったのですから、なんとか楽しく生きていければよいのでしょうけど… 

と時事ネタをおりまぜながら… しかーし!本当の最近の私の関心ごとは、納豆がなかなか手に入らないことです。
f0070493_23145360.jpg

某テレビ番組の安っぽい宣伝にのせられて、納豆愛好者の私にとってなかなかつらい日々が続いております。発酵食品なので、体にはいいのでしょうが、ダイエットに効果があるかどうかは、微妙でしょうね。あー、早く薄っぺらいブームが去って納豆を今までどおり、安定的に食べたいものです。あまりにも納豆が手に入りにくいので、最近、このマシンが気になっています。
f0070493_23152063.jpg

納豆製造機

8万もするし場所もとるので今回は買い控えましたが、いつか千葉に移住したら、これ買ってしまいそうです…


今日のアグリ部日報
1月13日:なんちゃって天地返し

天地返しとは、土壌消毒の代用として土の中で越冬している病原菌や害虫を死滅させたり、雑草の宿根を寒さにあてて、春に生えてくる雑草を抑えるために、表層の土と下層の土を入れ替える作業です。本当は、耕盤という硬い層をはさんで、その上の作土層(表面から20~30cm)と下の心土層を入れ替える作業を言うそうなのですが、今回は、とりあえず表面から30cm~40cmぐらいの作土層を掘り返しました。
f0070493_23162537.jpg

一人では、とても出来ない重労働なので、アグリ部葛西君と、蟹A男さんがヘルプに来てくれました。ちょうど40cmぐらいのところに、sueファムのガチガチ粘土層を発見!
f0070493_23165630.jpg

お前か!!いつもカチカチの原因は!と思いながら、スコップを入れていきました。これを2,3週間寒風にさらし、それから嫌気性の微生物資材を入れて、土中発酵促すための耕転作業を行なう予定です。

二人の活躍で何とか、4時間ぐらいかかりましたが、圃場の半分ぐらいが掘り返し終えました。来週また残りの半分をやります。
f0070493_23181490.jpg

>お二人さん、本当にお疲れ様でした!気合と肉体のバランスの悪い私は、家に帰って、温かい風呂に入って、現在腰と足の裏にサロンパス三昧です。

今日の収穫:
根深ネギ
f0070493_23184068.jpg

今年の冬作の根深ネギ@鹿児島産 はおかげさまで本当においしいのが収穫できました。今日も自分の食べる分だけ収穫しました。またネギ味噌を作って、花粉症のシーズンに備えます。

キャベツ
f0070493_2319771.jpg

サニーレタスとサンチュと混植したキャベツに比べて、だいぶアオムシに食害を受けたペニーロイヤルミントとの混植キャベツですが、何とか無農薬で最後まで収穫できました。とれたての甘いキャベツが何ともいえずおいしかったです。

ニンジン
f0070493_23193313.jpg

途中で、まいた石灰が強すぎたせいか、裂根したものもありましたが、何とかおいしいニンジンができました。たぶん品種によるのでしょうが、このベータリッチは、生食でも加熱調理でも本当に甘いニンジンが出来ました。今回は、生まれて初めて、畑で生のニンジンをかじりましたが、本当においしかったです。家に帰って、「イキイキ酵素君」(←シュールなネーミングですが、いいジューサーです)でニンジン、リンゴ、レモンでジュースにするのが楽しみです。

今年も安全でおいしい野菜を作るための土壌作りという地味な作業が続く冬のアグリ部ですが、おいしい夏野菜をイメージして、今はひたすら肉体労働あるのみです。さぁ頑張りましょう!sueファムの微生物君たち!!

今日の激寒肉体労働の一服の清涼剤、松沢さんにいただいた水餅。
f0070493_23215064.jpg

あつあつのお餅にのりを巻いて、しょうゆをつけていただきました。激うまでした。>松沢さん、ごちそうさまでした!
[PR]
by sue0706 | 2007-01-13 23:22 | 美味しい野菜が作りたい


<< 鹿児島づくしの一週間 新年あけましておめでとうございます! >>