夏野菜の大収穫祭!
地元鹿児島の豪雨がとても心配ですが、東京の方も梅雨が抜けきれず、不安定な天候が続く中、今日は久々の晴れ(というよりも曇り?)だったので、1週間ぶりの畑DAYとなりました。

まずは、午前中は野菜塾です。今日の講義は「コンパニオンプランツの解説」。この学校には、タラ先生を筆頭にアレロパシーの分野で日本のトップクラスの先生から直接教えていただけるので毎回とてもためになります。

先月、網走ロケで見た雄大な北海道の畑。トウモロコシやビートなど一面の広野に植えている様は、画的に「THE・農業」という感じでとても見ごたえがあるのですが、自然の摂理という面からは、あまり好ましい環境ではありません。自然界では、いろんな所にいろんな植物が混在しているのが普通の状況です。広野一面の単一作物は、あくまでも植え付けから収穫までを効率的に人間が機械で管理しやすくするためのもので、土壌的にはかなり無理があるそうです。こういう環境では、いったん病気にかかるとあっという間に一面が感染しやすくなります。被害を軽減するために予防的に農薬の散布→土壌微生物の軽減→土壌生態系のアンバランス化→病気にかかりやすくなる→農薬散布→と無限ループになりがちです。

コンパニオンプランツを利用する(自然界の生態系により近づく)ことで、可能な限り農薬を減らすことができるのでは、ということで近年この分野の研究が盛んに進められているそうです。

コンパニオンプランツとして有名なのは、三浦半島の三浦ダイコン栽培におけるマリーゴールドの利用(夏の三浦半島に行くと畑一面にマリーゴールドを見ることが出来ます。大根を播種する前にマリーゴールドをすきこんでおくことで、センチュウ対策になるそうです)がありますが、今日は他にも、
●キャベツ、ブロッコリー等のアブラナ科の作物とスペアミント、ペニーロイヤルミントなどのミント系の混植(ミントの精油成分の香りで、アブラナ科の大敵、アオムシ対策に効くそうです)

●ナスタチウムとレタスの混植
ナスタチウムがまるで囮のようにレタスの大敵ナモグリバエの卵を自分の方に引き付けてくれるそうです。

などなど他にもたくさんのコンパニオンプランツの応用例を学びました。正直、研究者の間でもまだまだ研究段階のものも多く、地域ごとに気候、土壌など変数があまりにも多いため、全部が全部科学的に合理的な説明がつくものばかりではありませんが、農家の方の長年の経験や勘と研究者の科学性が協力することでいろいろな可能性がありそうで、こういう作業は知的にものすごく興奮します。私もこれからの秋冬野菜には、コンパニオンプランツを使って、農薬に依存せず、どれぐらいのことが可能か実験してみたいと思います。


と、とても有意義な講義の後は、ぱらつく小雨を気にしながらも、越谷のsueファムに移動。今週は、仕事の都合で1週間畑を空けてしまったので、大変そうな予感120%でした。案の定、中玉トマトもミニトマトも順調に完熟していたのですが、
f0070493_044420.jpg

f0070493_055292.jpg

一部の実は、完熟を通り越してしまったため腐って大量の虫が寄生していました。うーん、1週間ご無沙汰してしまうとこいうことになるのだ… 残念。でもトマトの生長そのものはおかげさまで絶好調です。今日のトマトの収穫です。
f0070493_064186.jpg

トウモロコシは、雄花がつき始めた頃から、本当にしつこく私よりも先に味見をしまくってくれた虫君(アワノメイガ)のおかげで、収量は結局、きれいにとれたのは1/3程度と厳しい結果となりました。
f0070493_071125.jpg

来年は、雄花がつき始めるもうちょっと前から、まめに元気丸を散布して再挑戦です。きれいではないけど、虫がついたところを包丁でカットして湯がいていただけば、見た目はともかく味は抜群だったのが唯一の救いでした。

雨と風が強くてとても心配しましたが、パプリカの露地栽培(本来ハウスの方が栽培しやすいそうです)も何とか色づいてきました。
f0070493_084444.jpg

よし、もう少しだ!

ピーマンも大収穫です。
f0070493_09759.jpg

冬瓜も2個収穫しました。(写真奥はアマトウです)
f0070493_093297.jpg

ゴーヤは整枝をせず、放任栽培していたら、やばいくらいよその畝にお邪魔していますw
来年は、きれいに整枝してみます。収量は食べきれないぐらいです。うーん、どうしよう。
f0070493_010219.jpg

その他、ナス、カボチャ、キュウリ、ネギ、シシトウ、アマトウ、ニンジン(試し掘り)を収穫して、本日の作業終了です。
f0070493_0104591.jpg

農園でいろんな方にお配りしたのですが、車に詰め込むのも大変なぐらいの大収穫祭でした。まだまだ一息つくほどではありませんが、夏野菜のピーク、越したかな?という感じです。夏野菜が終わると、土を秋冬野菜用に仕込みなおす作業がまた始まります。注文していた、サカタのタネ@秋・冬野菜です。
f0070493_0111751.jpg

毎度あわただしいsueファムの一日でしたが、今日も充実した一日(蚊に愛され続ける日々は除く!)でした。ふー、足腰がしびれるー!
[PR]
by sue0706 | 2006-07-23 23:02 | 美味しい野菜が作りたい


<< 手作りテンペに挑戦! ファブリーズの香りたつ&quo... >>