sueファム特製「夏野菜とひよこ豆のカレー」
今週末も、なかなか不安定な気候が続きました。地元(鹿児島)の大雨のニュースが東京でも聞かれました。またこれからの季節、九州ではお約束だけど、台風がひっきりなしに到来するので、くれぐれもお気をつけください。>地元の皆さん!

そういえば、私が鹿児島にいたときは、大きい台風が来ると、うちの田舎の小山田町(同級生が「末吉君んちにキャンプに行く!」と呼ばれるような鹿児島の秘境地帯ですw)では、ライフライン(水、ガス、電気)がよく途切れました。私の家は、父親がずっと単身赴任だったので、頼りないけど一応一家の代行大黒柱として、町内会の道路掃除(倒れてふさがった木などの撤去作業など)や、水の確保に家からだいぶ離れた田んぼから湧き水を汲みに往復したものです。←あの頃の根性はどこえやらというぐらいぐうたらの30代になってしまいましたが…

とういうわけで、東京も日曜に雨がきそうだったので、今週は土曜にsueファムに出勤です。

実家から送られてきた深ネギも何とか活着していました。トウモロコシは、まだアワノメイガがしつこくいたので、今回もタラスペシャルを噴霧しておきました。何とか虫のついていないトウモロコシが収穫できるよう最後の頑張りです。

今日の初収穫は、丸ナス
f0070493_19184139.jpg

と、冬瓜です。
f0070493_1919814.jpg

手袋してても産毛が痛いくらい突き刺さります。この産毛?で真っ白く覆われてきたら、とりどきだそうです。

そして、今回の収穫です。
f0070493_19193734.jpg

キュウリ@またまたおっさん化、ゴーヤ(ゴーヤ順調に収穫シーズンに突入です)、ナス、オクラ、ピーマン、トマト(中玉、ミニトマト)、食べる分の深ネギ、です。今回もきれいに収穫することができました。ありがとう!>野菜君たち!

にしても最近の憂鬱は、畑で蚊に刺されまくること!昔から同世代にはからっきしもてませんが、お母さん方と蚊にはなぜか愛されます。だいたい3人いると必ず、蚊に血液を提供するのは私の役回り?でした。しかーし、今回は畑用にスペシャルアイテムをget!その名も、「どこでもベープ」@フマキラーさん。
f0070493_19292072.jpg

これで30数年築いてきたモスキー君との信頼関係にも晴れてさよならかと思いきや、扇風機の回転の届かない?右手の上腕をまたまたチユーされてしまいましたort 思えば、首から下げる花粉症用の機械等々この手の機械にあまりいい思い出がありません… 来週から素直に蚊取り線香もって行こう…

日付は変わって、日曜は野菜塾の日です。先週は仕事の都合で休んでしまったので、今日は2週間ぶりの西台です。前半の講義は、「アレロパシー」。アレロパシーとは他感作用とも翻訳され、「ある植物から放出される化学物質が、他の植物や微生物に何らかの影響を及ぼす現象」のことです。今回sueファムでトマトとバジルを混植したり、サトイモとマリーゴールド(センチュウ対策)を混植することをコンパニオンプランツ(=共栄作物)としてご紹介しましたが、このコンパニオンプランツも広義では、アレロパシーの一種であるわけです。

ヨーロッパでは、文献が残っているだけで、BC3世紀のギリシャのテオフラストス「植物誌」、BC1世紀のローマの大プリニウスの「博物誌」などで、ヒヨコマメが雑草を枯らしてしまうことや、ヒヨコマメ、オオムギがトウモロコシを枯らし、ダイコン、月桂樹はブドウに害を与えるなどが分かっていたそうです。

植物が何億年もの進化の過程で自身の生命を生き残らせるために、いろいろな知恵を身につけていったんだなと思うと、改めて自然の力に驚かされます。ナスやトマトなどの野菜が連作ができないこととも何らかの関係があるのではないかといわれているそうです。うーん、奥が深いな… 農業。我が野菜塾のタラ塾長は、このアレロパシーの日本の第一人者で、いろいろと細かいTIPSを教えていただいております。今回、sueファムでは、トマトにバジルを混植したのですが、今のところトマトの生育は病害虫にやられることなくすごくいいです。(もちろんいろいろな可能性が考えられるので、早急な結論はご法度ですが…)、塾長いわくは、トマトの周りにニラを植えても効果あるかもねとのことでしたので、来年は一畝、トマトとニラを混植してみようと思います。←にんにく、ニラ、玉ねぎなどコンパニオンプランツとして万能のようなユリ科の植物ですが、マメ科とは相性が悪いので、ニラとエダマメ等の混植はNGとのことでした。

後半の実習では、サヤインゲンを定植して、帰途につきました。

帰ってから、冷蔵庫に入りきれない夏野菜がたっぷりあるので、料理教室の石川先生から教えてもらったカレー作りに挑戦しました。石川先生は、パトリシオさんの通訳をやったり、料理の講師を務めたりと多才な方です。インド放浪などもしたことがあるそうで、今度こっちの話も聞いてみたいものです。先生に教えてもらったカレー(さらさら系)は、前回私が作ったカレーより、さらさらなんだけど、とてもこくがあって抜群においしかったので、早速復習してみました。

私の作ったカレーとの違いは、大きくは
・コク出しにベジブイヨン
・コク出し用のカシューナッツ(フードプロセッサーで細かくする)
・トウモロコシの芯を使って甘みをだす
・水の代わりに昆布だしを使う
といった感じでした。多分、ベジブイヨンが一番効いている気がしましたが、sueファムの野菜(トマト、ナス、ピーマン、オクラ、トウモロコシ(わき芽))をたっぷり使いました。スパイスは、マクロもどき生活をはじめてから、ほとんど使うことなくなったスパイス群←小瓶についているラベルは会社のテプラを無断使用 でしたが、クミンシード、ターメリック等混ぜて使いました。
f0070493_1928418.jpg

↑一応、ワールドカップ月間なので、勝手に3-5-2で並べてみましたw
先生は、市販のカレーパウダー(自然食のお店で扱っている、油脂の入っていない純カレー)を使用していました。結構お手軽なので、これからは私もカレーパウダーを愛用することにします。どんどん手抜きを覚える30代です。でも野菜で作るブイヨンは今度自作してみたいですね。確か、月森さんの本にレシピが載っていたような…

今度は、すごくコクのある夏野菜とひよこ豆のカレーができあがりました!>先生、ありがとう!
f0070493_1930238.jpg

f0070493_19302699.jpg

付け合せのピクルスは、授業でつけたものです。ほんとは1週間ぐらいマリネ液につけて寝かした方がおいしいとのことでしたが、あまりにおいしくてついつい冷蔵庫をあけてはつまんでおりますw

大量に作ったので、ジップロックで冷凍庫に入れて、ゆっくり食べていこうと思います。さぁ今日はこれから睡眠をとって、夜中のフランス-イタリア戦でも見よう!!
[PR]
by sue0706 | 2006-07-09 19:30 | 美味しい野菜が作りたい


<< オレンジの入ったひじきのサラダ 朝採り!カボチャとゴーヤの初収穫! >>