サニーレタスの定植
週末なんちゃって農業人のsue44です。今日の野菜塾の講義は、「土壌の基礎知識」。おいしい野菜を作ろうと思ったら、良質な土作りはかかせないのに、良い土壌とは?と聞かれたら、なかなか説明が難しい。今日は、そんな土壌の構造を大きく「物理性(水はけの良し悪し)」「化学性(水素イオン濃度)」「生物性(有機物の分解)」の3つに区分してそれぞれの特色を勉強しました。

今回の講師の方は、まだまだお若い方でしたが、こういう難しい土壌の特色を科学的アプローチで非常に分かりやすく解説してくれてとてもためになります。今日のTIPSで特になるほどと思ったのが、土壌の表記法。最近暇を見つけては、中野にあるホームセンターのガーデニングコーナーに行くのですが、肥料などのパッケージの単位はKgという重量表記なのに、土壌については、なぜかリットル(またはミリリットル)という容積表示なのです。理由は講師の方によると、土は、乾燥したり、湿ったりと水分量で重量が変化するので、Kg表示できないとのこと。土壌を物理的に構成している要素は「土の粒子」と粒子の隙間にある「空気」と「水分」の3要素(三相分布)で成り立っており、環境によって隙間部分の空気と水分の質量が変化するためだそうだ。知っている人には、なんていうことはない情報なのですが、こういう豆知識、異様に感動します。うーん、何気なく食べている野菜一つとってみても、奇跡のような自然界のバランスで連鎖していると思うと結構感慨深いです。
f0070493_20523110.jpg

土壌の講義の後は、耕運機とクワを使って畝立ちの練習をし、最後にマルチのうえに、サニーレタスを定植して今日は終了。元気にレタスが育ちますように!頑張れレタス君!
f0070493_2053061.jpg

またまた野菜塾のレストランでランチを食べました。前回の穴子に厳しい評価をしてしまいましたが、今日のパスタは絶品でした。サラダは毎回おいしいです。今日は☆☆☆☆☆でした。ごちそうさまでした!

午後からは、越谷の農園に移動し、先週植えたジャガイモとねぎに水をやり、残りの区画を耕運機で畝りました。
f0070493_20533640.jpg

こちらの農園では、GWぐらいからいよいよ、なす、トマト、きゅうり、枝豆、ししとう、かぼちゃなどの栽培をはじめます。おぅぅぅ。かなり興奮しております。そうだ、おくらとゴーヤも大好物なのでスペースを見つけて栽培してみたいです。栽培計画ができたらまたアップいたします!
f0070493_205438.jpg

最後に、土壌のpHを測る機械で、sue44Farmの酸性度を測定。堆肥と石灰をまいた後で、pHの値は弱酸性の6.5程度。←ちなみにph7がちょうど中性です。ほうれん草(弱アルカリだそうです)などは別でしょうが、なかなかいい感じの数値です。sue44Farmではおいしい野菜を作ることとともに、いろいろ実験したいことがあるので、こまめにデータをとり続けて先人の偉大な農業の知恵を私なりに分かりやすい数値化ができるかどうか何年かかけて検証してみます。←何の仕事の人か分からなくなりそうですがw
[PR]
by sue0706 | 2006-04-09 20:54 | 美味しい野菜が作りたい


<< おいしい野菜って何だろう? テンペと季節の野菜と豆乳クリー... >>