農家が営むレストラン
10月3日に桜島で大きめの噴火があったそうです。


相変わらずすごい迫力です… 地元に住んでいた時は、大きい噴火の時は、地鳴りとともに昼時にもかかわらず外がうす暗くなるのをよく覚えています。灰が降る時の体育の授業、いやだったなぁ… 汗かいた後、外でアイスも食べられなかったです。高校までは、この桜島。どちらかというと生活をするうえであまりいい思い出はなかったのですが、故郷を遠く離れると、空港に着陸する際の桜島を見るだけで、おぉぉぉっと感動してしまいます。DNAレベルで鹿児島大好きなんだろうな。

桜島に住む皆さん、くれぐれもお気を付けください!

●ぷんにー情報
いよいよ9カ月目に入りました。声をかけると結構なタイミングで、ぼん!と返してくれます(我が家では、チャネリングと呼んでいますw)。心配していた逆子も検診で無事なおっていました。良かった良かった。エコーでは、3度目の正直で女の子とほぼ確定しました。検診のたびに、女の子→男の子→女の子→女の子といわれましたが、おかまちゃんではなさそうなので、これで何とか女の子用の着替えなどいろいろ準備できそうです。

●農家レストラン
先週末、千葉の南房総市の山名というところに、農家(築300年という古民家)が営むレストランに行ってきました。その名も、「百姓屋敷 じろえむ」。カーナビに住所を入れるのも、なかなかたどりつけず… 行きつ戻りつしながら何とか無事着きました。
f0070493_11234646.jpg

屋敷前の田園風景。
f0070493_2061116.jpg

f0070493_2054972.jpg


何とも趣のあるお屋敷です。とても食事処には見えませんが…
f0070493_2065284.jpg

あんにゅいな表情のにゃんちぃと美味しそうな栗が出迎えてくれました。
f0070493_208250.jpg

f0070493_2084821.jpg


食事は、自家製のお米ととれたてのお野菜を使った素朴美味しいランチです。
f0070493_2092040.jpg

f0070493_2094926.jpg

f0070493_2010538.jpg

f0070493_20102289.jpg

どれも本当に美味しくて、ご飯をがっつり2杯いただきました!

帰りにお土産に平飼いの卵をいただきました(お腹の中の赤ちゃんの分までサービスしていただき貴重な卵を3個いただきました)。
f0070493_20104873.jpg

この卵、自然食のお店では有名な「松田のマヨネーズ」にも卸しているそうです。
f0070493_20114545.jpg

じろえむでいただいた卵焼きも美味しかったのですが、ここはせっかくの平飼い卵なので、ご飯にそのまま生醤油をかけて卵かけご飯でいただきました。
f0070493_20123254.jpg

う~ん。へたな写真で今ひとつ美味しさが伝わりませんが、味はめちゃめちゃ美味しいです!さすが、千葉のジローラモ。

百姓屋敷 レストランじろえむ
千葉県南房総市山名2011

TEL:0470-36-3872
営業時間:10:00~15:00
定休日:不定休
予約:完全予約制

●栽培日記
なんか雨ばかりでなかなか畑に行けません… 実家は、台風の合間をぬって、昨日稲刈りしたそうです。自然相手なので、なかなか難しいところです。

土壌づくりのために、すき込み予定の雑草や夏野菜の残渣が大きすぎてなかなか耕転できなかったので、ガーデンシュレッダーなる機械を使って、細かく粉砕してすき込みました。
f0070493_11201846.jpg

糸状菌に餌を与えるつもりで表層5cm程度にすき込みました。

土の状態が一番良いトマトの畝で、表層にカビができていました。
f0070493_11175662.jpg

やはり物理性のよいこの畝は通気性が適度にあるので、好気性の糸状菌が住みよいのかもしれません。
無施肥でも抗酸化力の高い美味しい野菜を作るための土壌づくり、はじめの一歩の一歩ぐらいです。

この調子で、土壌改良を行ってから、ライ麦とヘアリーベッチで土づくりです。
[PR]
by sue0706 | 2009-10-05 20:17 | 美味しい野菜が作りたい


<< 秋の収穫祭:さつまいもの食べ比べ 新米でお餅をいただきました! >>